『夜に啼く鳥は』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『夜に啼く鳥は』千早 茜 角川文庫 2019年5月25日初版

夜に啼く鳥は (角川文庫)

辛く哀しい記憶と共に続く永遠の命。

いつしか、小さきものたちがひっそりとこの身に宿っていた。闇で瞬くその緑色の光を美夜子は視ることができなかった。美夜子は人間だったから。

わたしは違う。けれど、違うということがわかるだけで、未だに自分がなにものであるかわからない。男でも、女でも、人でもない。わからぬまま生かされている。
自らを示す名はひとつ。
御先という、一族の長に与えられる名のみだ。
(P44)

千早茜が描く妖しくも切ない、愛と命の物語。

不老不死の一族に生まれ、その長となった御先 (みさき) は、性別を持たず、他人にない治癒能力を持ち、老いることがありません。少女のような外見のまま、150年以上の時を過ごしています。

男でも、女でも、人でもない。永遠の命を与えられ、しかし何ものであるかもわからぬまま生かされている身の御先は、やがて、自らに問うことになります。

わたしは誰かを愛せるのか」 - と。

奇譚と言うには余りに辛く切ない物語。彼女のデビュー作 『魚神』 を読み、涙した方ならきっとわかるはずです。人とは違う “化け物” の話でありながら、ここには、 “人が生きる” ということの 「本質」 が描き出されています。

かつて、これほど美しくて哀しい “化け物” がいただろうか --

古来、傷みや成長を食べる 「蟲 (むし)」 を体内に宿す不老不死の一族があった。その一族は地図にのらない里で、長い間、人目をはばかって暮らしていた。里の岬には、八百比丘尼とも言われる “シラ” という一族の祖を祀っていた。その末裔のなかでも強大な力を得た御先 (みさき) は、どんな傷も病も治す能力を持ち、150年以上生きているとは思えぬ10代のままのような美しさで、ふたなりの身体を持ち、性別はもはや定かでない存在として畏れられてきた。今では、時の権力者の施術を生業として暮らしている御先だったが、付き人だった玄孫 (やしゃご) の雅親 (まさちか) をつき離し、一族の里を離れ、夜の店で働いていた傍系の四 (よん) と行動をともにするようになり、ある “事件” に巻き込まれることになり・・・・・・・。主人公たちの過去と今が交錯し、時代を超えて現れる愛しい人・・・・・・・。不老不死の一族の末裔が現代の都会に紛れ込む - 妖しくも美しく、そして哀しい現代奇譚。泉鏡花文学賞受賞作家が挑む新境地。(webサイト KADOKAWAより)

目次
・シラ
・はばたき
・梟 (ふくろう)
・ひとだま
・かみさま
・躑躅 (つつじ) *(単行本)書き下ろし

この本を読んでみてください係数  85/100

夜に啼く鳥は (角川文庫)

◆千早 茜
1979年北海道江別市生まれ。
立命館大学文学部人文総合インスティテュート卒業。

作品 「魚神(いおがみ)」「おとぎのかけら/新釈西洋童話集」「からまる」「森の家」「桜の首飾り」「あとかた」「眠りの庭」「男ともだち」他

関連記事

『森の家』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『森の家』千早 茜 講談社文庫 2015年12月15日第一刷 森の家 (講談社文庫) 自由の

記事を読む

『鍵のない夢を見る』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『鍵のない夢を見る』辻村 深月 文春文庫 2015年7月10日第一刷 鍵のない夢を見る (文春

記事を読む

『ミュージック・ブレス・ユー!! 』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『ミュージック・ブレス・ユー!! 』津村 記久子 角川書店 2008年6月30日初版 ミュージ

記事を読む

『死んでいない者』(滝口悠生)_書評という名の読書感想文

『死んでいない者』滝口 悠生 文芸春秋 2016年1月30日初版 死んでいない者 &nb

記事を読む

『夜蜘蛛』(田中慎弥)_書評という名の読書感想文

『夜蜘蛛』田中 慎弥 文春文庫 2015年4月15日第一刷 夜蜘蛛 (文春文庫) &nb

記事を読む

『あん』(ドリアン助川)_書評という名の読書感想文

『あん』ドリアン助川 ポプラ文庫 2015年4月15日第一刷 あん 線路沿いから一本路地を抜

記事を読む

『これからお祈りにいきます』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『これからお祈りにいきます』津村 記久子 角川文庫 2017年1月25日初版 これからお祈りに

記事を読む

『煩悩の子』(大道珠貴)_書評という名の読書感想文

『煩悩の子』大道 珠貴 双葉文庫 2017年5月14日第一刷 煩悩の子 (双葉文庫) 桐生極

記事を読む

『李歐』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『李歐』高村 薫 講談社文庫 1999年2月15日第一刷 李歐 (講談社文庫) &nbs

記事を読む

『湯を沸かすほどの熱い愛』(中野量太)_書評という名の読書感想文

『湯を沸かすほどの熱い愛』中野 量太 文春文庫 2016年10月10日第一刷 湯を沸かすほどの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『夏の騎士』(百田尚樹)_書評という名の読書感想文

『夏の騎士』百田 尚樹 新潮社 2019年7月20日発行 夏の

『我らが少女A』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『我らが少女A』高村 薫 毎日新聞出版 2019年7月30日発行

『平凡』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『平凡』角田 光代 新潮文庫 2019年8月1日発行 平凡 (

『真夜中のマーチ』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『真夜中のマーチ』奥田 英朗 集英社文庫 2019年6月8日第12刷

『ちょっと今から人生かえてくる』(北川恵海)_書評という名の読書感想文

『ちょっと今から人生かえてくる』北川 恵海 メディアワークス文庫 

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑