「 作家別(か行) 」 一覧

『月の砂漠をさばさばと』(北村薫)_書評という名の読書感想文

『月の砂漠をさばさばと』北村 薫 新潮文庫 2002年7月1日発行   月の砂漠をさばさばと (新潮文庫)   9歳のさきちゃんと作家のお母さんは二人暮らし。毎

続きを見る

『離れ折紙』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『離れ折紙』黒川 博行 文春文庫 2015年11月10日第一刷 離れ折紙 (文春文庫)   コン・ゲームの名手による異色の骨董ミステリーが6編。いずれの作品も短編にはもった

続きを見る

『対岸の彼女』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『対岸の彼女』角田 光代 文春文庫 2007年10月10日第一刷 対岸の彼女 (文春文庫)   専業主婦の小夜子は、ベンチャー企業の女社長、葵にスカウトされ、ハウスクリーニング

続きを見る

『なめらかで熱くて甘苦しくて』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『なめらかで熱くて甘苦しくて』川上 弘美 新潮文庫 2015年8月1日発行 なめらかで熱くて甘苦しくて (新潮文庫)   少女の想像の中の奇妙なセックス、女の自由をいまも奪う幻

続きを見る

『空中庭園』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『空中庭園』角田 光代 文春文庫 2005年7月10日第一刷 空中庭園 (文春文庫)   郊外のダンチで暮らす京橋家のモットーは「何ごともつつみかくさず」。でも、本当はみんなが

続きを見る

『すべて真夜中の恋人たち』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『すべて真夜中の恋人たち』川上 未映子 講談社文庫 2014年10月15日第一刷 すべて真夜中の恋人たち (講談社文庫)   わたしは三束さんのことがすきだった。たぶん、はじめ

続きを見る

『妖談』(車谷長吉)_書評という名の読書感想文

『妖談』車谷 長吉 文春文庫 2013年7月10日第一刷 妖談 (文春文庫)   ずっとそうなのです。なぜこの人の書く小説が気になるのだろう。何が知りたくて、この人の本を手

続きを見る

『センセイの鞄』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『センセイの鞄』川上 弘美 平凡社 2001年6月25日初版第一刷 センセイの鞄 (文春文庫)   ひとり通いの居酒屋で37歳のツキコさんがたまさか隣あったご老体は、学生時代の

続きを見る

『乳と卵』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『乳と卵』川上 未映子 文春文庫 2010年9月10日第一刷 乳と卵(らん) (文春文庫)   娘の緑子を連れて大阪から上京したきた姉でホステスの巻子。巻子は豊胸手術を受けるこ

続きを見る

『くまちゃん』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『くまちゃん』角田 光代 新潮文庫 2011年11月1日発行 くまちゃん (新潮文庫)   例えば、結局ふられてしまうことになる古平苑子(23歳)は、こんな風に思っています

続きを見る

『FLY,DADDY,FLY』(金城一紀)_書評という名の読書感想文

『FLY,DADDY,FLY』金城 一紀 講談社 2003年1月31日第一刷 フライ,ダディ,フライ   知ってる人は知っている。あの『レヴォリューションNO.3』で華麗な

続きを見る

『ヘヴン』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『ヘヴン』川上 未映子 講談社文庫 2012年5月15日第一刷 ヘヴン (講談社文庫)   「わたしたちは仲間です」- 十四歳のある日、同級生からの苛めに耐える「僕」は、差出人

続きを見る

『かなたの子』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『かなたの子』角田 光代 文春文庫 2013年11月10日第一刷 かなたの子 (文春文庫)   生まれなかった子が、新たな命を身ごもった母に語りかける。あたしは、海のそばの「く

続きを見る

『玉蘭』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『玉蘭』桐野 夏生 朝日文庫 2004年2月28日第一刷 玉蘭 (文春文庫)   ここではないどこかへ・・・。東京の日常に疲れ果てた有子は、編集者の仕事も恋人も捨てて上海留学を

続きを見る

『だれかのいとしいひと』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『だれかのいとしいひと』角田 光代 文春文庫 2004年5月10日第一刷 だれかのいとしいひと (文春文庫)   角田光代のことは、好きになったばかりだ。 会ったのはまだ二度

続きを見る

『四十回のまばたき』(重松清)_書評という名の読書感想文

『四十回のまばたき』重松 清 幻冬舎文庫 2018年7月25日18版

『きのうの影踏み』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『きのうの影踏み』辻村 深月 角川文庫 2018年8月25日初版

『さよなら、ビー玉父さん』(阿月まひる)_書評という名の読書感想文

『さよなら、ビー玉父さん』阿月 まひる 角川文庫 2018年8月25日

『工場』(小山田浩子)_書評という名の読書感想文

『工場』小山田 浩子 新潮文庫 2018年9月1日発行 工場 (

『彼女は頭が悪いから』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『彼女は頭が悪いから』姫野 カオルコ 文藝春秋 2018年7月20日第

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑