『ミスター・グッド・ドクターをさがして』(東山彰良)_書評という名の読書感想文

『ミスター・グッド・ドクターをさがして』東山 彰良 幻冬舎文庫 2014年10月10日初版


ミスター・グッド・ドクターをさがして (幻冬舎文庫)

 

医師の転職を斡旋する会社に勤めるいずみは32歳。クライアントは落ちこぼればかり。上司はやる気ゼロ。男に遊ばれ、飼い猫は入院中・・・舌打ちしながら家を出る毎日に刺激はなかった。だが、ある日を境に周囲で不穏な事件が連続して起こる。露出狂の出没、臓器移植の隠蔽、医師の突然死 - 。彼女は自身の再生もかけ、事件の真相を追い始める。(幻冬舎文庫解説より)

(解説を読んで知ったことなのですが)タイトルになっている - ミスター・グッド・ドクターをさがして - というフレーズは、実は1977年のアメリカ映画「ミスターグッドバーを探して」から採られているようです。

何だか〈もっちゃり〉した、イケてないタイトルだと思っていたら、ちゃんとした理由があるのです。タイトルだけではありません。映画の内容を知ると、東山彰良がどんなイメージを元にこの小説を書いたのかが、何とはなしに分かる気がします。

簡単に言うと、この映画は「美しい教師が麻薬とセックスに溺れ、やがて身を滅ぼしていく様子」を描いています。シングルズ・バーで男漁りをするようになった女教師が哀しい末路を迎えるという筋書きで、タイトルにある「グッドバー」とは、つまりは男性のアレのことなのです。

アレはあくまで象徴で、この小説では「グッド・ドクター」を「グッドバー」にひっかけて、医者と言えどもなかなかに良い男はいませんよ、という話。

露悪的な性癖の持ち主や臓器移植に関わる卑劣な犯罪、果ては薬物絡みの死亡事件 - およそ医者にはあるまじき医者たちが引き起こす、常軌を逸したあれやこれやが巻き起こります。

小説は4部構成。「ミスター・グッド・ドクターをさがして」で始まり、「ミスター・グッド・ドクターにご用心」「ミスター・グッド・ドクターにおねがい」「ミスター・グッド・ドクターによろしく」と続きます。

主役は国本いずみ、32歳。転職先を医者に斡旋する「株式会社医師転職サポート会」で働くOLで、元は夜の世界に君臨していた滅法美人のホステスです。いずみのサポート役が親友の沢渡絢子。絢子は今でも現役のホステスで、〈トリシア〉という店のママをしています。いずみと絢子は、ホステス時代の仲間なのです。

いずみは一本気で強気な性格。こうと決めたら社長であろうとクライアントだろうと容赦はしません。そもそも相談にくるのは男の医者ばかりで、その上ろくな人間がいません。社長は仕事もせずに競艇狂い。彼女は、そんな男たちに我慢ならないのです。

かつてホステスだった頃、いずみはこんなことを思っていました - こんな茶番のいったい何が楽しいんだろう? 世界中の男がひとり残らず大馬鹿者に思えてくる絶望感、夜のすべてを男と女という文脈で語らなければならない徒労感、そして、男たちの瞳に映った自分の姿を見たときの嫌悪感! ・・・

故にいずみはホステスをやめ、今の会社で働いています。もとより男性優位の社会にこそ腹を立てている彼女ですから、甘えたなりをした男の医者の言い訳など言語道断です。うんざりなのですが、そこは仕事と割り切ってきっちり片を付けて行きます。

但し、彼女は強いだけではありません。女であることを十分自覚しており、(本意ではないにせよ)仕事に利用したりもします。ときに「女であること」を重荷と感じ、呆れたりもするのですが、結局最後には「女だからしょうがない」と受け入れ、諦めもします。
・・・・・・・・・・
ジャンルで言うと「犯罪小説」・・・でしょうが、正直ちょっと期待外れ。(ここからは「超個人的」な意見ですが)作者の優しさが仇となって、その分だけ円く穏やかになっているような感じがします。

悪いことはあくまで悪く、エグいところは、もうこれでもかというくらいのエグさで書いて欲しかった。たぶん、この小説を書いていた頃の東山彰良サンは何かに遠慮しています - 遠慮して、本当に書きたいふうには書いてないんじゃないかと思います。

そう感じるので、あまり文句は付けずにおこうと思います。だってこのあと彼が書くのは、あの『ブラックライダー』であり、直木賞をとった『流』なのですから。そこへ至るまでのステップだと思えば、何てことはないのです。

 

この本を読んでみてください係数 75/100


ミスター・グッド・ドクターをさがして (幻冬舎文庫)

 

◆東山 彰良
1968年台湾生まれ。5歳まで台北、9歳で日本に移る。福岡県在住。本名は王震緒。
西南学院大学大学院経済学研究科修士課程修了。吉林大学経済管理学院博士課程に進むが中退。

作品「逃亡作法 TURD ON THE RUN」「路傍」「ブラックライダー」「流」「ラブコメの法則」「キッド・ザ・ラビット ナイト・オブ・ザ・ホッピング・デッド」など

関連記事

『パトロネ』(藤野可織)_書評という名の読書感想文

『パトロネ』藤野 可織 集英社文庫 2013年10月25日第一刷 パトロネ  

記事を読む

『村上春樹は、むずかしい』(加藤典洋)_書評という名の読書感想文

『村上春樹は、むずかしい』加藤 典洋 岩波新書 2015年12月18日第一刷 村上春樹は、むず

記事を読む

『むらさきのスカートの女』(今村夏子)_書評という名の読書感想文

『むらさきのスカートの女』今村 夏子 朝日新聞出版 2019年6月20日第1刷 むらさきのス

記事を読む

『ひと呼んでミツコ』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『ひと呼んでミツコ』姫野 カオルコ 集英社文庫 2001年8月25日第一刷 ひと呼んでミツコ

記事を読む

『マークスの山』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『マークスの山』高村 薫  早川書房 1993年3月31日初版 @1,800 高村薫が好き

記事を読む

『もう「はい」としか言えない』(松尾スズキ)_書評という名の読書感想文

『もう「はい」としか言えない』松尾 スズキ 文藝春秋 2018年6月30日第一刷 もう「はい」

記事を読む

『絶叫委員会』(穂村弘)_書評という名の読書感想文

『絶叫委員会』穂村 弘 ちくま文庫 2013年6月10日第一刷 絶叫委員会 (ちくま文庫)

記事を読む

『メガネと放蕩娘』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『メガネと放蕩娘』山内 マリコ 文春文庫 2020年6月10日第1刷 メガネと放蕩娘 (文春

記事を読む

『百舌落とし』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『百舌落とし』逢坂 剛 集英社 2019年8月30日第1刷 百舌落とし 後頭部を千枚通

記事を読む

『笑う山崎』(花村萬月)_書評という名の読書感想文

『笑う山崎』花村 萬月 祥伝社 1994年3月15日第一刷 笑う山崎 (ノン・ポシェット) 「山崎

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ペインレス あなたの愛を殺して 下』(天童荒太)_書評という名の読書感想文

『ペインレス あなたの愛を殺して 下』天童 荒太 新潮文庫 2021

『おもかげ』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

『おもかげ』浅田 次郎 講談社文庫 2021年2月17日第4刷発行

『ぼくがきみを殺すまで』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『ぼくがきみを殺すまで』あさの あつこ 朝日文庫 2021年3月30

『52ヘルツのクジラたち』(町田そのこ)_書評という名の読書感想文

『52ヘルツのクジラたち』町田 そのこ 中央公論新社 2021年4月

『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』(町田そのこ)_書評という名の読書感想文

『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』町田 そのこ 新潮文庫 2021年

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑