『白い部屋で月の歌を』(朱川湊人)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2017/12/14 『白い部屋で月の歌を』(朱川湊人), 作家別(さ行), 書評(さ行), 朱川湊人

『白い部屋で月の歌を』 朱川 湊人 角川ホラー文庫 2003年11月10日初版


白い部屋で月の歌を (角川ホラー文庫)

 

第10回日本ホラー小説大賞短編賞受賞作品。

物語の舞台は、霊能力者シシィ姫羅木と除霊のためにシシィに自らの躰を提供するジュンが創り出す現世と来世の空間「白い部屋」。二人の仕事は、現世に未練を残したままの救われない霊魂を、ジュンの体内=白い部屋へ導き入れては速やかに来世へ送り出す(=除霊する)ことです。

霊能力者のシシィとジュンの実像を具体的にイメージできる描写がないまま物語は進行していきます。それがこの小説の不気味で気持ちが悪いところ。それでもどうやらジュンが正常に発育していない男子であることだけは読み取ることができます。

歩くのが困難で、いつもは横になっていること。動物の絵本を与えられて喜ぶくらいの知能の低さ。しかし、子供かと思いきや、シシィとのセックスシーンが出てきたりします。(但し、一方的に忘我で咆哮するシシィには耐えられぬ嫌悪を抱いています)シシィの意のままに操られる玩具のようなジュン - といったところでしょうか。

 

ある日、特別な依頼が舞い込みます。

いつもの亡くなった人の霊魂を鎮めて来世へ送るのではなく、生きている人間の霊魂を元の躰へ戻してほしいという依頼で、二十歳の女性恵利香の霊魂は、凶行に遭った事件現場の地場につかまったままの状態でした。

何とか恵利香を救うことに成功するのですが、白い部屋で今までになく恵利香と語らったジュンはその面影に恋をしてしまいます。恵利香を白い部屋から出そうと躍起になるシシィに、はじめてジュンは抵抗を示します。恵利香の身代わりにジュンが白い部屋から抜け出ようとした瞬間・・・・・・・

選評のなかで高橋克彦氏は、恐怖小説としての水準の高さを認め、ラストの場面の美しさを評価しています。文庫裏の解説文には、「斬新な設定を意外なラストまで導き、ヴィジョン豊かな美しい文体で読ませる新感覚ホラー小説」とあります。

作品は、文庫でせいぜい120ページ程度の短編。朱川湊人の出発地点が確認できる小説ですので、ホラー小説好きの方はぜひ一読を。

尚、文庫に収められているのは「白い部屋で月の歌を」と「鉄柱(クロガネノミハシラ)」の二作品です。

 

この本を読んでみてください係数 75/100


白い部屋で月の歌を (角川ホラー文庫)

◆朱川湊人

1963年大阪府生まれ。

慶應義塾大学文学部国文学科卒業。出版社勤務を経て、専業作家。

作品 「フクロウ男」「花まんま」「かたみ歌」「本日、サービスデー」「太陽の村」「鏡の偽乙女 薄紅雪華紋様」「遊星ハグルマ装置」「さくら秘密基地」「なごり歌」他多数

関連記事

『自分を好きになる方法』(本谷有希子)_書評という名の読書感想文

『自分を好きになる方法』本谷 有希子 講談社文庫 2016年6月15日第一刷 自分を好きになる

記事を読む

『推定脅威』(未須本有生)_書評という名の読書感想文

『推定脅威』未須本 有生 文春文庫 2016年6月10日第一刷 推定脅威  

記事を読む

『青春ぱんだバンド』(瀧上耕)_書評という名の読書感想文

『青春ぱんだバンド』瀧上 耕 小学館文庫 2016年5月12日初版 青春ぱんだバンド (小学館

記事を読む

『白いしるし』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『白いしるし』西 加奈子 新潮文庫 2013年7月1日発行 白いしるし (新潮文庫) &

記事を読む

『その日東京駅五時二十五分発』(西川美和)_書評という名の読書感想文

『その日東京駅五時二十五分発』西川 美和 新潮文庫 2015年1月1日発行 その日東京駅五時二

記事を読む

『最後の命』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『最後の命』中村 文則 講談社文庫 2010年7月15日第一刷 最後の命 (講談社文庫)

記事を読む

『ビタミンF』(重松清)_書評という名の読書感想文

『ビタミンF』重松 清 新潮社 2000年8月20日発行 ビタミンF (新潮文庫) &n

記事を読む

『少女』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『少女』湊 かなえ 双葉文庫 2012年2月19日第一刷 少女 (双葉文庫) 親友の自殺を目

記事を読む

『 Y 』(佐藤正午)_書評という名の読書感想文

『 Y 』佐藤 正午 角川春樹事務所 2001年5月18日第一刷 Y (ハルキ文庫) [

記事を読む

『それを愛とは呼ばず』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『それを愛とは呼ばず』桜木 紫乃 幻冬舎文庫 2017年10月10日初版 それを愛とは呼ばず

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『愛がなんだ』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『愛がなんだ』角田 光代 角川 文庫 2018年7月30日13版

『その先の道に消える』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『その先の道に消える』中村 文則 朝日新聞出版 2018年10月30日

『リアル鬼ごっこ』(山田悠介)_書評という名の読書感想文

『リアル鬼ごっこ』山田 悠介 幻冬舎文庫 2015年4月1日75版

『愛すること、理解すること、愛されること』(李龍徳)_書評という名の読書感想文

『愛すること、理解すること、愛されること』李 龍徳 河出書房新社 20

『電球交換士の憂鬱』(吉田篤弘)_書評という名の読書感想文

『電球交換士の憂鬱』吉田 篤弘 徳間文庫 2018年8月15日初刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑