『ぬるい毒』(本谷有希子)_書評という名の読書感想文

『ぬるい毒』本谷 有希子 新潮文庫 2014年3月1日発行


ぬるい毒 (新潮文庫)

 

あの夜、同級生と思しき見知らぬ男の電話を受けた時から、私の戦いは始まった。魅力の塊のような彼は、説得力漲る嘘をつき、愉しげに人の感情を弄ぶ。自意識をずたずたにされながらも、私はやがて彼と関係を持つ。恋愛に夢中なただの女だと誤解させ続けるために。最後の最後に、私が彼を欺くその日まで - 。一人の女の子の、19歳から5年にわたる奇妙な闘争の物語。渾身の異色作。(新潮文庫解説より)

新潮文庫の棚に並んだ(彼女の本の)中から一冊選んで読んでみました。この小説も芥川賞の候補作品です。それまでは聞いたことも見たこともなかったのですが、賞の発表があってはじめて「本谷有希子」という人を知りました。

若くて、ちょっと可愛い - と、思ったかどうかはさておき。受賞作を読む前にとりあえず一冊読もうと思い、この本を買いました。先にも書いたようにこれも候補になった作品なのですが、それと併せて、野間文芸新人賞を受賞しています。

話はとてもシンプルで -(少なくとも表向きは)シンプル過ぎて、この先どうにかなるんだろうなと思いながらページを捲るのですが、結局どうにもならずに終わってしまいます。「私」は戦い、それなりに結果を出すのですが、到底それが求めた答えだとは思えません。
・・・・・・・・・・
熊田由理は、19歳。高校を卒業し、今は地元の短大に通っています。ある日、彼女に1本の電話がかかってきます。今どき珍しく家の電話にかかってきたもので、相手は高校時代の同級生だと言い、向伊(むかい)と名乗ります。

男の声にはまるで聞き覚えがなかったのですが、(相手がそれだけ馴れ馴れしかったので)彼女はつい「お久しぶりです」と返事をしてしまいます。

これがそもそものはじまりで、(結果的に)出なくていい電話に出たばかりに、それから先の数年間、彼女はまんまと向伊の罠に嵌ってしまうことになります。

その時の彼女は、もとよりそんなことになるとは露ほどにも思っていません。いかばかりか電話の話しぶりが好ましく、媚びる気持ちがなかったと言えば嘘になりますが、それは体が勝手にそうさせるだけのことで、何を意識していたわけでもありません。

向伊は、借りた金を返すために電話したと言います。忘れていても証拠のメモがあるから会って確かめてほしいと言われて、熊田は(あれこれ迷い、断ろうともしたのですが)結果「愛想のいい言葉」で会うことを承諾します。これが後々、大きな仇となります。

車から降りて近寄って来る向伊を見たとき、彼女は混乱するほどの衝撃を受けます。向伊は、(少なくともその時の彼女には)周りの誰とも違って見えます。

想像よりもずっと、魅力の塊のような男だった。(中略)ピアノの白い鍵盤ではなく、黒鍵だけを踏んでいるような足取りだった。腐りかけた人間を思わせる少し丸まった姿勢だった。長いくせ毛の黒髪が溶けるように周囲に馴染んで、身のこなしはだらしないのに目つきだけは心に突き刺さるように鋭い気がする。〈カリスマ〉という空気の層が、向伊の周りをヒトガタに囲んで一緒に動いているのかと思った。(本文より)

向伊が道路の向こう側からやって来る短い時間さえ、彼女は動揺してじっとしていられません。そして、「熊田さん、きれいじゃないですか。スッピンなんですか」- 出迎えた彼女に向かって、向伊はいきなりそう声をかけます。

その明け透けな、(熊田が言うには)膝の裏から叩き崩されるような俗っぽい内容に、彼女は時に自分も同じように使う、〈偽りの敬語〉であるのを感じ取ります。しかし、それでも生で聞く向伊の声は、電話よりもさらに肌理があり、鳥肌が立ちます。
・・・・・・・・・・
どこにもそんなことは書いてないのですが、熊田は、おそらくどこにもいるような、取立てて目立つことのない女性なんだろう、と思います。姿形は十人並み。あるいは、つき合いたいと思う候補の何番目かにはなる程度に、少しは美人なのかも知れません。

地元の短大を卒業した後も実家にいて、運送会社で事務員をしています。言い寄る男がいるにはいるのですが、嫌なところばかりが気になって、付き合おうなどとは思ってもいません。むろん、彼女は処女です。興味はあっても、発露の手立てがありません。

そんな彼女の前に突然現れた向伊は、如何にもモテそうではあるけれど、言うことの一々が薄っぺらで、どれもが嘘のように聞こえます。いや、きっと嘘に違いない - とは思うのですが、結局のところ熊田は向伊の言うことに逆らうことができません。

熊田の中では、「わざと言いなりになっているふう」を装って、最後に(向伊に)これ以上ない傷を負わせてやる - ある頃から、彼女はそう考えるようになります。しかし、現実には相変わらず向伊の意のままで、彼女はこの後、向伊がそう言うのでその通りに、目的もないまま家を出て、向伊が暮らす東京へ行くことになります。

 

この本を読んでみてください係数  80/100


ぬるい毒 (新潮文庫)

◆本谷 有希子
1979年石川県生まれ。
石川県立金沢錦丘高等学校卒業。ENBUゼミナール演劇科に入学。

作品 「嵐のピクニック」「自分を好きになる方法」「異類婚姻譚」「江利子と絶対」「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」「生きているだけで、愛。」「グ、ア、ム」他

関連記事

『しろいろの街の、その骨の体温の』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『しろいろの街の、その骨の体温の』村田 沙耶香 朝日文庫 2015年7月30日第一刷 しろいろ

記事を読む

『日曜日の人々/サンデー・ピープル』(高橋弘希)_書評という名の読書感想文

『日曜日の人々/サンデー・ピープル』高橋 弘希 講談社文庫 2019年10月16日第1刷 日

記事を読む

『七怪忌』(最東対地)_書評という名の読書感想文

『七怪忌』最東 対地 角川ホラー文庫 2021年4月25日初版 七怪忌 (角川ホラー文庫)

記事を読む

『兄の終い』(村井理子)_書評という名の読書感想文

『兄の終い』村井 理子 CCCメディアハウス 2020年6月11日初版第5刷 兄の終い

記事を読む

『眠れない夜は体を脱いで』(彩瀬まる)_書評という名の読書感想文

『眠れない夜は体を脱いで』彩瀬 まる 中公文庫 2020年10月25日初版 眠れない夜は体を

記事を読む

『田舎の紳士服店のモデルの妻』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『田舎の紳士服店のモデルの妻』宮下 奈都 文春文庫 2013年6月10日第一刷 田舎の紳士服店

記事を読む

『もう「はい」としか言えない』(松尾スズキ)_書評という名の読書感想文

『もう「はい」としか言えない』松尾 スズキ 文藝春秋 2018年6月30日第一刷 もう「はい」

記事を読む

『中国行きのスロウ・ボート』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『中国行きのスロウ・ボート』村上 春樹 文芸春秋 1983年5月20日初版 中国行きのスロウ・

記事を読む

『推定脅威』(未須本有生)_書評という名の読書感想文

『推定脅威』未須本 有生 文春文庫 2016年6月10日第一刷 推定脅威  

記事を読む

『ニューカルマ』(新庄耕)_書評という名の読書感想文

『ニューカルマ』新庄 耕 集英社文庫 2019年1月25日第一刷 ニューカルマ (集英社文庫

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『スイート・マイホーム』(神津凛子)_書評という名の読書感想文

『スイート・マイホーム』神津 凛子 講談社文庫 2021年6月15日

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(ブレイディみかこ)_書評という名の読書感想文

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ 新潮

『葦の浮船 新装版』(松本清張)_書評という名の読書感想文

『葦の浮船 新装版』松本 清張 角川文庫 2021年6月25日改版初

『くちぶえ番長』(重松清)_書評という名の読書感想文

『くちぶえ番長』重松 清 新潮文庫 2020年9月15日30刷

『祝福の子供』(まさきとしか)_書評という名の読書感想文

『祝福の子供』まさき としか 幻冬舎文庫 2021年6月10日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑