『セイジ』(辻内智貴)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2017/12/07 『セイジ』(辻内智貴), 作家別(た行), 書評(さ行), 辻内智貴

『セイジ』 辻内 智貴  筑摩書房 2002年2月20日初版 @1,400

 

『セイジ』が刊行されたとき辻内智貴は43歳。

デザイン学校を出た後はミュージシャンとして活動していて、小説も書く芸術家肌の人物です。

 

『セイジ』を映画で観たという人もたくさんおられるかも知れません。

ベストセラーになり、太宰治賞の候補にも選ばれたこの作品は後に映画化されています。

この人の小説には他にも映画化されたものがいくつかあり、それは彼の小説が映画を創る人達にとっても如何に魅力的で刺激的な原作であるかということでしょう。

 

大学最後の夏休み。

主人公は自転車で気ままな旅に出ます。

その道中今は行き交う車も少なくなった寂れた国道475号線に佇むドライブイン”HOUSE 475″ でセイジという今まで出会ったことがない人物に出会うところから物語は始まります。

ふとしたことから主人公はこの店にしばらく居候することになるのですが、前半はそこでのセイジを囲む地元の常連達とのやりとりが描写されていきます。

その過程で徐々にセイジの人物像が浮き彫りになっていきます。

 

後半の『セイジ』は、奇蹟の物語です。

ある一家が狂った暴漢に襲われ、持っていた斧で父親は胸を抉られ、母親は首を刎ねられて亡くなります。

一人残る幼い少女は左手首を切断されて、傷は癒えても心は元に戻らない状態のまま祖父の家で療養しています。

この少女とセイジのあいだに、奇蹟は起こるのです。

 

この物語が実際にあった出来事をモチーフにしたものなのか、全て作者の創作なのか、私は分かりませんし知りません。

少女に対してセイジがとった行動は迫真のクライマックスに相応しい、しかし誰もが予期せぬ行動です。

現実にはまず起こり得ない”神憑り”的な衝撃にみなさんは如何なる感想を抱かれるのでしょう。

 

◆この本を読んでみてください係数  90/100


セイジ

◆辻内 智貴

1956年福岡県飯塚市生まれ。

東京デザイナー学院商業グラフィック科卒業。

ソロシンガーとして3年間ビクターに在籍。後にライブハウスなどでバンド活動を行う。

作品 「青空のルーレット」「いつでも夢を」「信さん」「ラストシネマ」「帰郷」「僕はただ青空の下で人生の話をしたいだけ」

関連記事

『政治的に正しい警察小説』(葉真中顕)_書評という名の読書感想文

『政治的に正しい警察小説』葉真中 顕 小学館文庫 2017年10月11日初版 政治的に正しい

記事を読む

『あん』(ドリアン助川)_書評という名の読書感想文

『あん』ドリアン助川 ポプラ文庫 2015年4月15日第一刷 あん 線路沿いから一本路地を抜

記事を読む

『その可能性はすでに考えた』(井上真偽)_書評という名の読書感想文

『その可能性はすでに考えた』井上 真偽 講談社文庫 2018年2月15日第一刷 その可能性はす

記事を読む

『オブリヴィオン』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『オブリヴィオン』遠田 潤子 光文社文庫 2020年3月20日初版 オブリヴィオン (光文社

記事を読む

『ゼツメツ少年』(重松清)_書評という名の読書感想文

『ゼツメツ少年』重松 清 新潮文庫 2016年7月1日発行 ゼツメツ少年 (新潮文庫)

記事を読む

『セイレーンの懺悔』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『セイレーンの懺悔』中山 七里 小学館文庫 2020年8月10日初版 セイレーンの懺悔 (小

記事を読む

『森の家』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『森の家』千早 茜 講談社文庫 2015年12月15日第一刷 森の家 (講談社文庫) 自由の

記事を読む

『続々・ヒーローズ (株)!!! 』(北川恵海)_仕事や人生に悩む若いあなたに

『続々・ヒーローズ (株)!!! 』北川 恵海 メディアワークス文庫 2019年12月25日初版

記事を読む

『三の隣は五号室』(長嶋有)_あるアパートの一室のあるある物語

『三の隣は五号室』長嶋 有 中公文庫 2019年12月25日初版 三の隣は五号室 (中公文庫

記事を読む

『蓮の数式』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『蓮の数式』遠田 潤子 中公文庫 2018年1月25日初版 蓮の数式 (中公文庫) 35歳の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『新装版 汝の名』(明野照葉)_書評という名の読書感想文

『新装版 汝の名』明野 照葉 中公文庫 2020年12月25日改版発

『妻は忘れない』(矢樹純)_書評という名の読書感想文

『妻は忘れない』矢樹 純 新潮文庫 2020年11月1日発行

『本性』(黒木渚)_書評という名の読書感想文

『本性』黒木 渚 講談社文庫 2020年12月15日第1刷 本

『庭』(小山田浩子)_書評という名の読書感想文

『庭』小山田 浩子 新潮文庫 2021年1月1日発行 庭(新潮

『プリズム』(百田尚樹)_書評という名の読書感想文

『プリズム』百田 尚樹 幻冬舎文庫 2014年4月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑