『カソウスキの行方』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『カソウスキの行方』津村 記久子 講談社文庫 2012年1月17日第一刷


カソウスキの行方 (講談社文庫)

 

不倫バカップルのせいで、郊外の倉庫に左遷されたイリエ。28歳、独身、彼氏なし。やりきれない毎日から逃れるため、同僚の森川を好きになったと仮定してみる。でも本当は、恋愛がしたいわけじゃない。強がっているわけでもない。奇妙な「仮想好き」が迎える結末は - 。芥川賞作家が贈る、恋愛〈しない〉小説。(講談社文庫解説より)

もしも(この物語の主人公である)イリエが勤める(機械部品卸)会社に私がいたとして、同じフロアで働く同僚であったとしたらどうでしょう。

好きかどうかはさておき、職場の仲間としては結構気が合うんじゃないかと思います。年齢相応には肩の力が抜けており、(失礼ながら)適当に荒んでいるのが面白い。イリエと私は「ウマが合い」そうな気がします。

一から十まで言われたようにするだけの、単にまじめな(ふりをしている)OLじゃないところがいい。たまにポカもやらかすのですが、ごまかす術を知っており、無いようにして平気でいるくらいには度胸がある。彼女は頭がよくて、元来有能な社員なのです。

基本がんばり屋なのですが、ときに間が抜けており、(おそらく本人的には大まじめでやっていることが)他人からみるとまるでそうは思えないことがあったりします。友達がいるにはいるのですが、決して多くはないほどに人見知りで・・・・、さらに言うなら -

異性との関係構築においては冷静に過ぎるというか懐疑的というのか、中々にストレートな感情をもって接することができません。色々と込み入った事情や理由があるには違いないのですが、頭がいい分不器用で、素直になれないでいる人なのです。

そもそも現在のイリエは、(28歳とやや適齢期を過ぎた年齢ではありますが)特段に誰かと付き合いたいと思っているわけではありません。仮に強く望んでいるとしても今の彼女の状況では詮ないことで、どこを見渡しても恋愛に至る糸口が見当たりません。

イリエは今、郊外にある閉鎖対象の倉庫で働いています。本社にいる頃、後輩から課長のセクハラについて相談され部長へ直訴したまではよかったのですが、その場で後輩は言い分を翻してしまいます。何のことはない、その後輩と課長は端からデキていたのです。

ちょっと自慢したいばかりに相談にみせかけて打ち明けられたイリエは、責任感をもって訴えたわけですが、とんだ茶番だったということです。親しい同僚からは、女心の機微を見抜けなかったあんたの負けだと言われてしまいます。

それがもと(だとイリエは固く信じています)で異動になり、社員はごく僅か、あとはパートで賄われている倉庫へ行けと言われます。仕事といえば雑用ばかり、上司は二つ年下の藤村で、彼はちょっと見イイ男なのですが、残念ながら既に結婚しており子供がいます。

もう一人いる男性社員の森川は、イリエと同い年ではありますが、その割にはいかつくて老けて見えます。いい人そうではあるのですが、異性として見るとさして魅力がありません。

しかし、ときのイリエの近辺には、森川以外に恋愛対象となる男性がいなかったのです。ですから、無理やりに、イリエは森川のことが「好き」だと思うことにします。内緒で抜き出した森川の健康診断票のコピーをノートに貼り付け、気付いたことを書き込んでいきます。自分のことを、好きになった人をもっと知りたいと願う女に見立てたりしています。

「カソウスキ」とは、「仮想」と「好き」の合体語、そんなふうにすれば多少は毎日が気が晴れるんじゃないかというくらいの軽い気持ちで、イリエは森川に〈仮の〉恋をします。付き合いたいかというとそれは謎 - そんなふうにしか思えない男に対して、徐々にではありますが、その関係性を深めて行きます。

※ 表題作の他に、「Everyday I Write A Book」「花婿のハムラビ法典」2編が収められています。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


カソウスキの行方 (講談社文庫)

 

◆津村 記久子
1978年大阪府大阪市生まれ。
大谷大学文学部国際文化学科卒業。

作品 「まともな家の子供はいない」「君は永遠にそいつらより若い」「ポトスライムの舟」「ワーカーズ・ダイジェスト」「アレグリアとは仕事はできない」「ミュージック・ブレス・ユー!! 」「とにかくうちに帰ります」「婚礼、葬礼、その他」他多数

関連記事

『GIVER/復讐の贈与者』(日野草)_書評という名の読書感想文

『GIVER/復讐の贈与者』日野 草 角川文庫 2016年8月25日初版 GIVER 復讐の贈

記事を読む

『桜の首飾り』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『桜の首飾り』千早 茜 実業之日本社文庫 2015年2月15日初版 桜の首飾り (実業之日本社

記事を読む

『教団X』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『教団X』中村 文則 集英社文庫 2017年6月30日第一刷 教団X (集英社文庫) 突然自

記事を読む

『くちびるに歌を』(中田永一)_書評という名の読書感想文

『くちびるに歌を』中田 永一 小学館文庫 2013年12月11日初版 くちびるに歌を (小学館

記事を読む

『オブリヴィオン』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『オブリヴィオン』遠田 潤子 光文社文庫 2020年3月20日初版 オブリヴィオン (光文社

記事を読む

『彼女は存在しない』(浦賀和宏)_書評という名の読書感想文

『彼女は存在しない』浦賀 和宏 幻冬舎文庫 2003年10月10日初版 彼女は存在しない (幻

記事を読む

『カレーライス』(重松清)_教室で出会った重松清

『カレーライス』重松 清 新潮文庫 2020年7月1日発行 カレーライス 教室で出会った重松

記事を読む

『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』辻村 深月 講談社 2009年9月14日第一刷 ゼロ、ハチ、ゼロ、

記事を読む

『煩悩の子』(大道珠貴)_書評という名の読書感想文

『煩悩の子』大道 珠貴 双葉文庫 2017年5月14日第一刷 煩悩の子 (双葉文庫) 桐生極

記事を読む

『螻蛄(けら)』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『螻蛄(けら)』黒川 博行 新潮社 2009年7月25日発行 螻蛄 (角川文庫) &nb

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『入らずの森』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『入らずの森』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2016年12月31日第6

『日没』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『日没』桐野 夏生 岩波書店 2020年9月29日第1刷 日没

『小説 ドラマ恐怖新聞』(原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭)_書評という名の読書感想文

『小説 ドラマ恐怖新聞』原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ

『夜がどれほど暗くても』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『夜がどれほど暗くても』中山 七里 ハルキ文庫 2020年10月8日

『ボニン浄土』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『ボニン浄土』宇佐美 まこと 小学館 2020年6月21日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑