『夜をぶっとばせ』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『夜をぶっとばせ』井上 荒野 朝日文庫 2016年5月30日第一刷


夜をぶっとばせ (朝日文庫)

 

どうしたら夫と結婚せずにすんだのだろう - 。「35歳・主婦・水瓶座。いいことがひとつもありません。誰か助けに来てください」。運命に抗うべく、たまきがネットに書き込んだ瞬間、日常が歪み始める - 。直木賞作家が掬い取る、明るく不穏な恋愛小説。(朝日文庫解説より)

それまでのたまきはパソコンの〈パ〉の字も知らないような平凡な主婦。ところが思わぬ事の成り行きから始まって、見よう見まねで「男と女の星空カフェ」という出会い系サイトに登録し「メル友募集」をすることになります。

親友の瑤子からは女性はそういう場所では「入れ食い」状態なのだと聞かされます。(色々あって)とにかくたまきは思い切ったことがしたかったのです。言い換えるなら、要はどうにでもなれという心境。で、自己PRの欄にはこんな文章を打ち込みます。

35歳。主婦。水瓶座。
いいことがひとつもありません。
誰か助けに来てください。

自分に迷う暇を与えずに「送信」ボタンを押すと、「30~39歳」のコーナーの一番上にたまきの文章がのっかります。その日はそれで終了し、翌日パソコンに向かったのは夫が出かけた午後1時過ぎのこと。見ると、137通ものメールが来ています。

メールはその後もチェックをするたびに数十通単位で増え続け、びっくりしている間にとんでもない数になります。メールチェックを途中で投げ出し、とりあえず誰かに向けて返事を書こうと思った彼女が選び出したのは「ネコ太郎くん」という人物でした。

ネコ太郎君との後もたまきは気まぐれに選んだ「メル友」と次々に連絡を取り、出会うたびに当然のようにホテルへ誘われ、乞われるままに関係を持ちます。しかし、彼女がそれらの一連の行為を心から欲していたかというと、必ずしもそういうことではありません。

たまきはそのときの心境にぴったりの言葉を探すのですが、なかなかに思う通りの言葉が見当たりません。一生懸命考えて、結局出てきたのは・・・・「うんざり」という言葉。彼女はそのとき、心底「うんざり」していたのです。
・・・・・・・・・・
何がどうしてそうなったのか。たまきに耐え難い「うんざり感」をもたらしたそもそもの原因は何なのか - それを解説しているのが「夜をぶっとばせ」だとするなら、本にあるもうひとつの物語「チャカチョンバへの道」は、その後日談にあって、「夜をぶっとばせ」とはまるで異なった様相を呈しています。

「チャカチョンバへの道」では、たまきが「うんざり」するに至った元凶とも言うべき夫・雅彦を主人公とした、およそ「夜をぶっとばせ」とは違う様子の雅彦が描かれています。二人が別れて3年後。あろうことか、雅彦は(2人の関係は何も知らずに)たまきの親友・瑤子と暮らすようになっています。

事の詳細はお読みいただくとして、考えさせられるのは、2つの物語の根っこにあるのは何なんだろうということです。偶然に知り合った者同士が互いに互いを意識するようになり、望んで一緒になったはずなのに、気が付けばおよそ夫婦らしからぬ関係になっています。

たまきはしみじみと「どうしたら夫と結婚せずにすんだのだろう」と考えます。いつの頃からか彼女は、あのときもっと冷静になっていれば、夫という人間についてもっとよく考えていれば、夫と結婚せずにすんだのだろうかと思うようになっています。

雅彦は雅彦で、たまきが出会い系サイトの虜になってしまったことを「ひどい出来事」だったという一言でふり返り、気が付いた時には妻が勝手放題するようになっていたと言い、挙句に悪いのは雅彦だということで、別れるしかなかったと言います。

事が起こる前から妻は自分のことを虫でも見るような目で見ていたし、愛情が残っているほうが不思議だと言います。瑤子に出会ってそれがよくわかったと雅彦は言い、真に愛する女に出会って、たまきのことも子供のこともきれいさっぱり忘れたと言います。

はてさて、井上荒野は何を言わんが為に私たちの前に2つの話を並べてみせたのでしょう。単に夫婦の擦れ違いを描いているわけではないのは分かります。しかしながら、その先にきっとあるはずの、普遍的なものの正体が何であるかが分からないのです。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


夜をぶっとばせ (朝日文庫)

 

◆井上 荒野
1961年東京都生まれ。
成蹊大学文学部英米文学科卒業。

作品 「わたしのヌレエフ」「潤一」「切羽へ」「そこへ行くな」「もう切るわ」「しかたのない水」「ベーコン」「夜を着る」「雉猫心中」「リストランテ アモーレ」「結婚」他多数

関連記事

『生きる』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『生きる』乙川 優三郎 文春文庫 2005年1月10日第一刷 生きる (文春文庫) 亡き藩主

記事を読む

『冷蔵庫を抱きしめて』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『冷蔵庫を抱きしめて』荻原 浩 新潮文庫 2017年10月1日発行 冷蔵庫を抱きしめて (新潮

記事を読む

『夜明けの音が聞こえる』(大泉芽衣子)_書評という名の読書感想文

『夜明けの音が聞こえる』大泉 芽衣子 集英社 2002年1月10日第一刷 夜明けの音が聞こえる

記事を読む

『リバース&リバース』(奥田亜希子)_書評という名の読書感想文

『リバース&リバース』奥田 亜希子 新潮文庫 2021年4月1日発行 リバース&リバース(新

記事を読む

『十二人の死にたい子どもたち』(冲方丁)_書評という名の読書感想文

『十二人の死にたい子どもたち』冲方 丁 文春文庫 2018年10月10日第一刷 十二人の死にた

記事を読む

『百舌落とし』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『百舌落とし』逢坂 剛 集英社 2019年8月30日第1刷 百舌落とし 後頭部を千枚通

記事を読む

『公園』(荻世いをら)_書評という名の読書感想文

『公園』荻世 いをら 河出書房新社 2006年11月30日初版 公園  

記事を読む

『初恋』(大倉崇裕)_世界29の映画祭が熱狂! 渾身の小説化

『初恋』大倉 崇裕 徳間文庫 2020年2月15日初刷 初恋 (徳間文庫) あの三池崇

記事を読む

『終の住処』(磯崎憲一郎)_書評という名の読書感想文

『終の住処』磯崎 憲一郎 新潮社 2009年7月25日発行 終の住処 (新潮文庫) 妻はそれ

記事を読む

『藻屑蟹』(赤松利市)_書評という名の読書感想文

『藻屑蟹』赤松 利市 徳間文庫 2019年3月15日初刷 藻屑蟹 (徳間文庫) 一号機

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『地獄への近道』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『地獄への近道』逢坂 剛 集英社文庫 2021年5月25日第1刷

『ブルーもしくはブルー』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『ブルーもしくはブルー』山本 文緒 角川文庫 2021年5月25日改

『天国までの百マイル 新装版』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

『天国までの百マイル 新装版』浅田 次郎 朝日文庫 2021年4月3

『七怪忌』(最東対地)_書評という名の読書感想文

『七怪忌』最東 対地 角川ホラー文庫 2021年4月25日初版

『1リットルの涙/難病と闘い続ける少女亜也の日記』(木藤亜也)_書評という名の読書感想文

『1リットルの涙/難病と闘い続ける少女亜也の日記』木藤 亜也 幻冬舎

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑