『陰日向に咲く』(劇団ひとり)_書評という名の読書感想文

『陰日向に咲く』劇団ひとり 幻冬舎文庫 2008年8月10日初版発行


陰日向に咲く (幻冬舎文庫)

 

この本が出版されたのは、もう6年も前のことになります。

今更なぜこの本なのかと自分でも思うのですが、実は発売当時から気にはなっていたのです。

お笑い芸人でありながら、時おりらしくないシニカルな表情をみせて突然切れたりする彼の芸風が好きでした。

出版されたものがエッセイの類いなら気にもしなかったと思いますが、小説だったのは素直に驚きで読んでみたいと思ったのです。

ただあまりにも売れすぎて、書店でこの本を手に取るのが気恥ずかしくなっていたのです。

それに、このタイトルと表紙の写真です。

『陰日向に咲く』というタイトルは、おそらく良いタイトルなのでしょう。でも、劇団ひとりが書いた初めての小説には、良すぎて、これまた恥ずかしいのです。

冒頭の一編から取って「道草」とか、、、私なら「鳴子」にしてるかな。とにかく、恰好良すぎません?

それから表紙の写真ね。生粋の作家ではなくあくまで芸人だからわざとそうしたんでしょうが、自分がど真ん中に写ってどうすんの?

そんなこんなで、先日ようやく「決心して」文庫を購入した次第です。

 

文庫裏の解説を拝借します。

ホームレスを夢見る会社員。売れないアイドルを一途に応援する青年。合コンで知り合った男に遊ばれるフリーター。老婆に詐欺を働く借金まみれのギャンブラー。

そして、場末の舞台に立つお笑いコンビ。不器用に生きる人々をユーモア溢れる筆致で描き、高い評価を獲得した感動の小説デビュー作。

 

売れた理由は何となく分かります。でも、爆発的に売れた理由は正直よく分かりません。

読みやすいし、劇団ひとりがテレビで一人芝居してる感覚で読む(どうしてもそうなる)と、それなりに笑えるしオチも用意されています。

後半はより小説らしくなってるし、努力は認めますが、もしこれが無名の作家志望の人間が持ち込んだ小説だとしたら、果たして出版社は本にしたろうかと感じてしまう私です。

「劇団ひとりよ、よく頑張ったぞ。立派な小説だ」...ということだろうと思います。

例えば、もしこの作品をプロの小説家(私がイメージするのは荻原浩)がリメイクしたら、さらにペーソスが効いて、さらに優しげな再生の物語に仕上がることでしょう。

でも、間違っても100万部は売れませんけどね。

 

劇団ひとりさん、解説を書いたお父上、好きなことを書きました、ごめんなさい。

 

この本を読んでみてください係数 50/100


陰日向に咲く (幻冬舎文庫)

◆劇団ひとり

1977年千葉県生まれ。

92年デビュー、2000年にピン芸人として「劇団ひとり」になる。『陰日向に咲く』は100万部を超えるベストセラーになる。

作品 「青天の霹靂」「そのノブは心の扉」など

◇ブログランキング

応援クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『グラニテ』(永井するみ)_書評という名の読書感想文

『グラニテ』永井 するみ 集英社文庫 2018年2月25日第一刷 グラニテ (集英社文庫)

記事を読む

『火口のふたり』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『火口のふたり』白石 一文 河出文庫 2015年6月20日初版 火口のふたり (河出文庫)

記事を読む

『肝、焼ける』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『肝、焼ける』朝倉 かすみ 講談社文庫 2009年5月15日第1刷 肝、焼ける (講談社文庫

記事を読む

『口笛の上手な白雪姫』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『口笛の上手な白雪姫』小川 洋子 幻冬舎文庫 2020年8月10日初版 口笛の上手な白雪姫

記事を読む

『かたみ歌』(朱川湊人)_書評という名の読書感想文

『かたみ歌』 朱川 湊人 新潮文庫 2008年2月1日第一刷 かたみ歌 (新潮文庫) &

記事を読む

『螻蛄(けら)』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『螻蛄(けら)』黒川 博行 新潮社 2009年7月25日発行 螻蛄 (角川文庫) &nb

記事を読む

『幻年時代』(坂口恭平)_書評という名の読書感想文

『幻年時代』坂口 恭平 幻冬舎文庫 2016年12月10日初版 幻年時代 (幻冬舎文庫) 4

記事を読む

『かか』(宇佐見りん)_書評という名の読書感想文

『かか』宇佐見 りん 河出書房新社 2019年11月30日初版 かか 19歳の浪人生う

記事を読む

『かなたの子』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『かなたの子』角田 光代 文春文庫 2013年11月10日第一刷 かなたの子 (文春文庫)

記事を読む

『恋』(小池真理子)_書評という名の読書感想文

『恋』小池 真理子 新潮文庫 2017年4月25日11刷 恋 (新潮文庫) 1972年冬。全

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『ある日 失わずにすむもの』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『ある日 失わずにすむもの』乙川 優三郎 徳間文庫 2021年12月

『薬指の標本』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『薬指の標本』小川 洋子 新潮文庫 2021年11月10日31刷

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑