『陰日向に咲く』(劇団ひとり)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/14 『陰日向に咲く』(劇団ひとり), 作家別(か行), 劇団ひとり, 書評(か行)

『陰日向に咲く』劇団ひとり 幻冬舎文庫 2008年8月10日初版発行

この本が出版されたのは、もう6年も前のことになります。今更なぜこの本なのかと自分でも思うのですが、実は発売当初から気にはなっていました。

お笑い芸人でありながら、時おりらしくないシニカルな表情をみせ、突然切れたりする彼の芸風が好きでした。出版されたのがエッセイの類いなら気にもしなかったと思います。小説だから、読んでみたいと思いました。ただあまりにも売れすぎで、手に取ってみるのも何だか気恥ずかしく、買う勇気が出ませんでした。

極めつけは、本のタイトルと表紙の写真です。

『陰日向に咲く』というタイトルは、おそらく良いタイトルなのだと思います。しかし、劇団ひとりが書いた初めての小説となると、良すぎて恥ずかしい、のです。最初の一編から取って 「道草」とか・・・・・・・、「鳴子」 あたりにすればよかったのに、かっこよすぎて如何なものかと。

そして、表紙の写真。あれは、いけません。自分を写してどうすんの?、何をアピールしたいのですか?、という感じに映ります。まあそんなこんなで、先日ようやく文庫を購入しました。

文庫裏の解説はこうです。

ホームレスを夢見る会社員。売れないアイドルを一途に応援する青年。合コンで知り合った男に遊ばれるフリーター。老婆に詐欺を働く借金まみれのギャンブラー。

そして、場末の舞台に立つお笑いコンビ。不器用に生きる人々をユーモア溢れる筆致で描き、高い評価を獲得した感動の小説デビュー作。

売れた理由は (何とはなくですが) わからぬではありません。但し、爆発的に売れた理由は正直よくわかりません。読みやすく、劇団ひとりがテレビで一人芝居をしている感覚で読む (どうしてもそうなります! ) と、それなりに笑えるしオチも用意されています。

後半はより小説らしくなっていますし、努力は認めたいと思います。しかしながら、もしもこれが無名の新人作家が書いたものだとしたら、出版社ははたして本にしただろうか。ずいぶん悩むのだろうなと、そんなことを考えました。

※例えば、もしもこの作品をプロの小説家 (私がイメージするのは荻原浩氏あたり) がリメイクしたとしたら、さらに優しげで上質な 「再生の物語」 に仕上がったことでしょう。但し、間違っても100万部は売れないと思いますが。(すきなことを書きました。劇団ひとりさん、解説を書いたお父さん、ごめんなさいです)

この本を読んでみてください係数 50/100


◆劇団ひとり

1977年千葉県生まれ。

92年デビュー、2000年にピン芸人として「劇団ひとり」になる。『陰日向に咲く』は100万部を超えるベストセラーになる。

作品 「青天の霹靂」「そのノブは心の扉」など

◇ブログランキング

応援クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『落英』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『落英』黒川 博行 幻冬舎 2013年3月20日第一刷 大阪府警薬物対策課の桐尾と上坂は覚醒剤

記事を読む

『これが私の優しさです』(谷川俊太郎)_書評という名の読書感想文

『これが私の優しさです』谷川 俊太郎 集英社文庫 1993年1月25日第一刷 1952年のデ

記事を読む

『風の歌を聴け』(村上春樹)_書評という名の読書感想文(書評その2)

『風の歌を聴け』(書評その2)村上 春樹 講談社 1979年7月25日第一刷 書評その1はコチラ

記事を読む

『鯨の岬』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『鯨の岬』河﨑 秋子 集英社文庫 2022年6月25日第1刷 札幌の主婦奈津子は、

記事を読む

『かなたの子』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『かなたの子』角田 光代 文春文庫 2013年11月10日第一刷 生まれなかった子が、新たな命

記事を読む

『カンガルー日和』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『カンガルー日和』村上 春樹 平凡社 1983年9月9日初版 村上春樹が好きである。 私が持っ

記事を読む

『キッドナッパーズ』(門井慶喜)_書評という名の読書感想文

『キッドナッパーズ』門井 慶喜 文春文庫 2019年1月10日第一刷 表題作 「キッ

記事を読む

『肉弾』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『肉弾』河﨑 秋子 角川文庫 2020年6月25日初版 大学を休学中の貴美也は、父

記事を読む

『グロテスク』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『グロテスク』桐野 夏生 文芸春秋 2003年6月30日第一刷 「人は自分のためにしか生きられな

記事を読む

『恋』(小池真理子)_書評という名の読書感想文

『恋』小池 真理子 新潮文庫 2017年4月25日11刷 1972年冬。全国を震撼させた浅間山荘事

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『パッキパキ北京』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『パッキパキ北京』綿矢 りさ 集英社 2023年12月10日 第1刷

『山亭ミアキス』(古内一絵)_書評という名の読書感想文

『山亭ミアキス』古内 一絵 角川文庫 2024年1月25日 初版発行

『旅する練習』(乗代雄介)_書評という名の読書感想文

『旅する練習』乗代 雄介 講談社文庫 2024年1月16日 第1刷発

『あなたの燃える左手で』(朝比奈秋)_書評という名の読書感想文

『あなたの燃える左手で』朝比奈 秋 河出書房新社 2023年12月1

『漂砂のうたう』(木内昇)_書評という名の読書感想文

『漂砂のうたう』木内 昇 集英社文庫 2015年6月6日 第2刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑