『切羽へ』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『切羽へ』井上 荒野 新潮文庫 2010年11月1日発行


切羽へ (新潮文庫)

 

かつて炭鉱で栄えた離島で、小学校の養護教諭であるセイは、画家の夫と暮らしている。奔放な同僚の女教師、島の主のような老婆、無邪気な子供たち。平穏で満ち足りた日々。ある日新任教師として赴任してきた石和の存在が、セイの心を揺さぶる。彼に惹かれていく - 夫を愛しているのに。もうその先がない「切羽」へ向かって。直木賞を受賞した繊細で官能的な大人のための恋愛長編。(新潮文庫より)

参りました。書き出してはみるのですが、その都度行き詰ってどうにも先に進みません。粘りに粘って、二日半経ってこのざまです。思うに、山田詠美が書いた解説を読んだのがまずかった。あんなのを読んでしまったら誰だって書けなくなるのです。

そもそも解説しているのが山田詠美であることが何よりこの小説の「品格」を証明しているのですが、それにしてもうますぎます。書いてあることの一々が適確で、胸がすくようで、これ以上何を語ることがあるかというような解説であるわけです。

何か他に足すことがないかと思ってはみるのですが、気が付けばなぞってばかりいるような文章になっています。そんなことならいっそのこと書かずにおいて、文庫にある解説を読んでくださいという方が良いのではないか - 半ば開き直りのようではありますが、確かにそう思ったのです。

言うまでもなくこの小説は、ならぬ関係の男女が織りなす恋愛の兆しを描いて秀逸なわけですが、恋に落ちる時のめくるめくような思いは何ひとつ描かれてはいません。

その代わりに、二人の通じ合う際の何気ない所作が丹精を凝らして選び抜かれており、それは性よりも性的な男と女のやり取りとして必ずや読む者をハラハラとも、ドキドキともさせるに相違ありません。

つまりは、山田詠美が作者である井上荒野の真骨頂とみるのは、全編に渡って「書くより書かないことの大切さが伝わって来る」ということ。

行間を読ませるというような短絡的な技巧とは違い、書いた言葉によって書かない部分をより豊饒な言葉で埋め尽くす才能に長けた人こそが井上荒野で、切羽という言葉に込められた思いの多くは言外にて推し測るべしということです。

そうして書き上げられた傑作『切羽へ』を味わう時、人は自らの内なる「切羽」の在り処に思い当たり、涙ぐみたくなるだろうと言います。もう、空も海も青いだけじゃない。そう改めて気付かされて、甘い諦めに心を浸すことだろうと言うのです。

※ 切羽とは、トンネル工事または鉱石、石炭などを採掘する構内作業の現場を指して使われる言葉です。この素っ気ない言葉がどのような意味合いをもって物語に登場するかは、ぜひ御自身で確かめてください。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


切羽へ (新潮文庫)

 

◆井上 荒野
1961年東京都生まれ。
成蹊大学文学部英米文学科卒業。

作品 「わたしのヌレエフ」「潤一」「夜をぶっとばせ」「そこへ行くな」「もう切るわ」「しかたのない水」「ベーコン」「夜を着る」「雉猫心中」「リストランテ アモーレ」「結婚」他多数

関連記事

『角の生えた帽子』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『角の生えた帽子』宇佐美 まこと 角川ホラー文庫 2020年11月25日初版 角の生えた帽子

記事を読む

『芝公園六角堂跡/狂える藤澤清造の残影』(西村賢太)_書評という名の読書感想文

『芝公園六角堂跡/狂える藤澤清造の残影』西村 賢太 文春文庫 2020年12月10日第1刷

記事を読む

『ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス』(滝口悠生)_書評という名の読書感想文

『ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス』滝口 悠生 新潮文庫 2018年4月1日発行 ジミ・ヘ

記事を読む

『過ぎ去りし王国の城』(宮部みゆき)_書評という名の読書感想文

『過ぎ去りし王国の城』宮部 みゆき 角川文庫 2018年6月25日初版 過ぎ去りし王国の城 (

記事を読む

『背中の蜘蛛』(誉田哲也)_第162回 直木賞候補作

『背中の蜘蛛』誉田 哲也 双葉社 2019年10月20日第1刷 背中の蜘蛛 池袋署刑事

記事を読む

『さよなら、ニルヴァーナ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『さよなら、ニルヴァーナ』窪 美澄 文春文庫 2018年5月10日第一刷 さよなら、ニルヴァー

記事を読む

『死ねばいいのに』(京極夏彦)_書評という名の読書感想文

『死ねばいいのに』京極 夏彦 講談社 2010年5月15日初版 文庫版 死ねばいいのに (講談

記事を読む

『初めて彼を買った日』(石田衣良)_書評という名の読書感想文

『初めて彼を買った日』石田 衣良 講談社文庫 2021年1月15日第1刷 初めて彼を買った日

記事を読む

『バック・ステージ』(芦沢央)_書評という名の読書感想文

『バック・ステージ』芦沢 央 角川文庫 2019年9月25日初版 バック・ステージ (角川文

記事を読む

『つやのよる』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『つやのよる』井上 荒野 新潮文庫 2012年12月1日発行 つやのよる 男ぐるいの女がひと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行

『藤色の記憶』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『藤色の記憶』あさの あつこ 角川文庫 2020年12月25日初版

『初めて彼を買った日』(石田衣良)_書評という名の読書感想文

『初めて彼を買った日』石田 衣良 講談社文庫 2021年1月15日第

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑