『買い物とわたし/お伊勢丹より愛をこめて』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『買い物とわたし/お伊勢丹より愛をこめて』山内 マリコ 文春文庫 2016年3月10日第一刷


買い物とわたし お伊勢丹より愛をこめて (文春文庫)

 

あれはたしか、25歳をちょっと過ぎたころ。久しぶりに会った高校の同級生の財布がルイ・ヴィトンの長財布に変わっていて、「おやっ!? 」と思ったことがあった。まだまだ学生気分を引きずっていたわたしには、ヴィトンの財布というとどこか遠い世界のアイテムという感じがして、「友よ、君はもうそんな大人に・・・・」とせつなく思ったものだ。(冒頭にある「行き着く先はプラダの財布」より抜粋)

この本は「週刊文春」にて、2014年春から1年ちょっとの間連載されていたエッセイ「お伊勢丹より愛をこめて」をまとめたものです。(著者曰く)買い物を通して、好きなものへの思い、暮らし方、買い方、処分の仕方、近ごろの消費傾向、ほのかなエコ意識、果ては現代社会のあり方などにも思いを巡らす、雑駁なエッセイからなる一冊です。

お伊勢丹とは新宿三丁目にある、チェックの紙袋で有名な百貨店、伊勢丹新宿店のこと。不況で経営難に陥るデパートの様子ばかりを見てきた中にあって、著者にとっては他のどの百貨店より畏敬と憧憬を今もってかき立ててくれる特別な場所なのだそうです。

そうは言っても、高級なブランド品ばかりを取り上げては「私は伊勢丹へ日参しています」的なことが書いてあるわけではありません。30歳の半ばを迎えた今日、多少値の張る物であったとしても、(安くてカワイイ大量消費に踊らされた20代とは違い)、ずっと使える「いいもの」が欲しくなってきたということ -

ようやくのこと、この年齢にして自分が稼いだお金で好きなものを買えるくらいの自由を手に入れ、それくらいにはなれたので、誰彼に惑わされることなく、なるべくなら本当に自分が欲しいと思ったものを買うようになりました、といったことが書いてあります。

ま、伊勢丹が好きだと言うくらいですからプチセレブな感があるのは否めないにしても、まるで興味がない男の私には、例えば「GUCCIのスウィングレザートート」「アントン・ヒュニスのピアスとネックレス」「LITTLE SUNSHINEのタオル」と言われても、一々が何がどうでいいのかが分かりません。

さすがにGUCCIくらいは知っていますが、それがもの凄く高価なものなのか、それともちょっと奮発すれば普通のOLにも手が届くくらいのものなのかが判然としません。

そう言えばうちの奥さんも、たまに気に入ったタオルがあったから買ってきたなどと言うときがあります。値段のことはさておき、そのタオルのオシャレさを言い、製造元のセンスの良さをしきりに褒めるのですが、

私にしてみれば、タオルはタオル。他人様にはおよそ目に触れない風呂場や台所で使うものなら、どこかで貰った粗品のそれでも何ら支障はないわけで・・・・、

しかしそれを言ったらおしまいで、せっかくの奥さんの気持ちをむやみに盛り下げるだけになるのは私にだって分かります。そんなことは決して口にしません。「中々どうしていいセンスやないの! 」と、さしてそうとも思っていないことを言ってみたりするわけです。

そうかと思えば、「現代人とユニクロ」であるとか「4Kテレビという暴走」などといった、今の世の中の風潮をチクリと風刺するようなものがあります。

郊外の幹線道路沿いに大きな看板を掲げたチェーン店がたくさんあるのを見るにつけ、そういった店が新たにできることを「善きこと」として、何の疑いもなく喜んでいる両親や地元の友達の、画一的すぎる無邪気な反応が空怖ろしいという投書を紹介し、

確かに、新規店オープンの折込みチラシを見ると、「わ~こんなのできたんだ」と反射的に目を輝かせてしまうけれど、その流れの先にあるのは、個人がやっている味のある店が淘汰されたディストピア(ユートピアの反対語)的な街の姿なのだと言います。

それをいち早く「異変」と捉え「怖い」と感じる投書人は、現代社会における炭鉱のカナリアのような存在なのかも知れないと結んでいます。

※「炭鉱のカナリア」とは、鉱山の地中深くの坑道で酸欠状態になった状況で、カナリアは失神して止まり木から落ちます。それを見た労働者は坑道から地上へ退避します。つまり、身を捨てて多くの人を救う、そんな存在を指して使われる用語です。

一端の大人になったのでもうユニクロには行きません、と言っているわけではないのです。下着からアウターまでの商品が揃っており、もはやインフラ並みの存在となっていることは素直に認め、久しぶりに店に入れば、イネス・ド・ラ・フレサンジュとのコラボ商品が並んでいるのを見て興奮することはするのです。

ただ、(ユニクロの服というのは)買うときはすごく楽しいけれど、着るときはあんまり楽しくない。だから(コラボ商品を見た)そのときも、結局は何も買わずにいたといいます。

 

この本を読んでみてください係数  80/100


買い物とわたし お伊勢丹より愛をこめて (文春文庫)

 

◆山内 マリコ
1980年富山県富山市生まれ。
大阪芸術大学映像学科卒業。

作品 「アズミ・ハルコは行方不明」「ここは退屈迎えに来て」「パリ行ったことないの」「かわいい結婚」「さみしくなったら名前を呼んで」他

関連記事

『♯拡散忌望』(最東対地)_書評という名の読書感想文

『♯拡散忌望』最東 対地 角川ホラー文庫 2017年6月25日初版 拡散忌望 (角川ホラー文庫

記事を読む

『月桃夜』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『月桃夜』遠田 潤子 新潮文庫 2015年12月1日発行 月桃夜 (新潮文庫nex) この世

記事を読む

『ノースライト』(横山秀夫)_書評という名の読書感想文

『ノースライト』横山 秀夫 新潮社 2019年2月28日発行 ノースライト 一家はどこ

記事を読む

『コンビニ人間』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『コンビニ人間』村田 沙耶香 文藝春秋 2016年7月30日第一刷 コンビニ人間 36歳未婚

記事を読む

『人のセックスを笑うな』(山崎ナオコーラ)_書評という名の読書感想文

『人のセックスを笑うな』山崎 ナオコーラ 河出書房新社 2004年11月30日初版 人のセック

記事を読む

『愚者の毒』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『愚者の毒』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2017年9月10日第4刷 愚者の毒 (祥伝社文庫)

記事を読む

『この年齢(とし)だった! 』(酒井順子)_書評という名の読書感想文

『この年齢(とし)だった! 』酒井 順子 集英社文庫 2015年8月25日第一刷 この年齢だっ

記事を読む

『君の膵臓をたべたい』(住野よる)_書評という名の読書感想文

『君の膵臓をたべたい』住野 よる 双葉社 2015年6月21日第一刷 君の膵臓をたべたい

記事を読む

『ここは、おしまいの地』(こだま)_書評という名の読書感想文

『ここは、おしまいの地』こだま 講談社文庫 2020年6月11日第1刷 ここは、おしまいの地

記事を読む

『忌中』(車谷長吉)_書評という名の読書感想文

『忌中』車谷 長吉 文芸春秋 2003年11月15日第一刷 忌中   5

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『入らずの森』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『入らずの森』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2016年12月31日第6

『日没』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『日没』桐野 夏生 岩波書店 2020年9月29日第1刷 日没

『小説 ドラマ恐怖新聞』(原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭)_書評という名の読書感想文

『小説 ドラマ恐怖新聞』原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ

『夜がどれほど暗くても』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『夜がどれほど暗くても』中山 七里 ハルキ文庫 2020年10月8日

『ボニン浄土』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『ボニン浄土』宇佐美 まこと 小学館 2020年6月21日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑