『こちらあみ子』(今村夏子)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2016/11/12 『こちらあみ子』(今村夏子), 今村夏子, 作家別(あ行), 書評(か行)

『こちらあみ子』今村 夏子 ちくま文庫 2014年6月10日第一刷


こちらあみ子 (ちくま文庫)

 

あみ子は、少し風変りな女の子。優しい父、一緒に登下校をしてくれる兄、書道教室の先生でお腹には赤ちゃんがいる母、憧れの同級生のり君。純粋なあみ子の行動が、周囲の人々を否応なしに変えていく過程を少女の無垢な視線で鮮やかに描き、独自の世界を示した、第26回太宰治賞、第24回三島由紀夫賞受賞の異才のデビュー作。書き下ろし短編「チズさん」を収録。解説 穂村弘、町田康(ちくま文庫より)

あみ子は家庭や人間関係をたびたび壊してしまいます。しかもその破壊力たるや、相当なる威力でもって。あみ子にすればそんなつもりは毛頭なく、むしろ皆が喜ぶと信じてそうしているのですが、

あみ子をよく知らない人たちからすると、あみ子の言うことやすることの大方が、あまりに聞き分けのない、あまりに無神経なことのように感じられてしまうことがあります。

あみ子のせいで優しかった兄の孝太はある日を境に突如として不良になります。暴走族に入り、怖さで有名になり、たまにしか家へ帰って来なくなります。それまでのようにあみ子と話さず、あみ子を邪険に扱うようになります。

あみ子のせいでお母さんは何もかもにやる気を失くします。家庭を守り、家で人気の書道教室をしていたのですが、生まれてくるはずの赤ちゃんが死産だったのを機に、家事をないがしろにし、習字を教える間に居眠りをするようになります。

最初あみ子はお母さんのお腹の子を弟と思い切っています。実は女の子だったのですが、そのことは随分後になって知らされます。誕生祝いに買ってもらったおもちゃのトランシーバーを使い、あみ子は弟と二人して遊ぶ日を何よりの楽しみにしていました。

不幸な出来事の後、書道教室を再開することになった母へのお祝いとして、兄の孝太は自分が作った木彫りの人形を見せ、あみ子に向かって「おれ、お母さんにこれあげるけえ、おまえもなんかあげんさい」と言います。

そのときあみ子が思いついたのが死んでしまった弟のお墓を作ることで、母は以前、あみ子が作った『金魚のおはか』と『トムのおはか』を汚らしいと言っていたから、今度は汚らしくない、きれいな墓を作ろうと思い立ちます。

墓に立てる木の札に書く『弟の墓』の字はどうあってものり君に書いてもらいたい。あみ子とのり君は小学校の同級生で、彼は書道教室にも通っています。最初のり君は書くのを嫌がっていたのですが、あみ子にしつこく頼まれるうち、最後に黙って札とマジックを受け取ります。

とてもきれいな字で書かれた『弟の墓』は何度眺めても飽きることがなく、家に持って帰って動物のシールをペタペタと貼りつけたら更に見栄えがよくなります。駐車場の隅にある青葱の植えられたプランタが並ぶ中にある何も植えられていないひとつに、

そこには金魚もカブトムシも眠っており、狭いけれど場所はそこしかないとあみ子は思います。母を呼び寄せ、シューシューと吹けない口笛を吹きながらあみ子は母の反応を待ちます。

母はきっと喜ぶに違いない。あみ子はそう信じて返事を待つのですが、母からは何も返ってきません。冷凍されて固められたかのようにぴくりとも動きません。- このことで、つまりはあみ子のせいで、あみ子が好きで好きで仕方ないのり君までがとばっちりを受けることになります。

「お母さんはこれもらってうれしいかの」
「うれしくないかね」
「泣いとったじゃろ」
「うん。でもあれってほんまにいきなりなんよ。あみ子なんにもしてないよ」
「あみ子」
「なに? 」
「あみ子」
「なんなん」

兄の孝太は腹が痛むのをこらえているような顔をして、口を開きかけてはまた閉じて、結局それ以上はなにも言わずにあみ子から背を向けます。

あみ子は誰からも叱られることなく事は終わります。しかし、そしてその日から母のやる気はなくなり、追うようにして兄の孝太が不良になります。

※ 町田康の解説もぜひ読んでみてください。読むと、きっとあみ子のことが忘れられなくなります。

 

この本を読んでみてください係数  85/100


こちらあみ子 (ちくま文庫)

 

◆今村 夏子
1980年広島県広島市生まれ。

作品 「あたらしい娘」(「こちらあみ子」に改題)で第26回太宰治賞を受賞。本書の単行本で第24回三島由紀夫賞を受賞。2016年発表の「あひる」は第155回芥川賞候補。

関連記事

『variety[ヴァラエティ]』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『variety[ヴァラエティ]』奥田 英朗 講談社 2016年9月20日第一刷 ヴァラエティ

記事を読む

『空海』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『空海』高村 薫 新潮社 2015年9月30日発行 空海   空海は二人いた

記事を読む

『鼻に挟み撃ち』(いとうせいこう)_書評という名の読書感想文

『鼻に挟み撃ち』いとう せいこう 集英社文庫 2017年11月25日第一刷 鼻に挟み撃ち (集

記事を読む

『家族の言い訳』(森浩美)_書評という名の読書感想文

『家族の言い訳』森 浩美 双葉文庫 2018年12月17日36刷 家族の言い訳 (双葉文庫)

記事を読む

『恋』(小池真理子)_書評という名の読書感想文

『恋』小池 真理子 新潮文庫 2017年4月25日11刷 恋 (新潮文庫) 1972年冬。全

記事を読む

『あひる』(今村夏子)_書評という名の読書感想文

『あひる』今村 夏子 書肆侃侃房 2016年11月21日第一刷   あひる

記事を読む

『起終点駅/ターミナル』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『起終点駅/ターミナル』桜木 紫乃 小学館文庫 2015年3月11日初版 起終点駅(ターミナル

記事を読む

『コンテクスト・オブ・ザ・デッド』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『コンテクスト・オブ・ザ・デッド』羽田 圭介 講談社文庫 2018年11月15日第一刷 コン

記事を読む

『幻の翼』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『幻の翼』逢坂 剛 集英社 1988年5月25日第一刷 幻の翼 (百舌シリーズ) (集英社文庫

記事を読む

『顔に降りかかる雨/新装版』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『顔に降りかかる雨/新装版』桐野 夏生 講談社文庫 2017年6月15日第一刷 新装版 顔に降

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ドクター・デスの遺産』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『ドクター・デスの遺産』中山 七里 角川文庫 2020年5月15日4

『知らない女が僕の部屋で死んでいた』(草凪優)_書評という名の読書感想文

『知らない女が僕の部屋で死んでいた』草凪 優 実業之日本社文庫 20

『肉弾』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『肉弾』河﨑 秋子 角川文庫 2020年6月25日初版 肉弾

『プラナリア』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『プラナリア』山本 文緒 文春文庫 2020年5月25日第10刷

『少年と犬』(馳星周)_書評という名の読書感想文

『少年と犬』馳 星周 文藝春秋 2020年7月25日第4刷 【

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑