『きれいなほうと呼ばれたい』(大石圭)_書評という名の読書感想文

『きれいなほうと呼ばれたい』大石 圭 徳間文庫 2015年6月15日初刷


きれいなほうと呼ばれたい (徳間文庫)

 

星野鈴音は十人並以下の容姿。けれど初めて見た瞬間、榊原優一は激しく心を動かされた。見つけた! 彼女はダイヤモンドの原石だ。一流の美容整形外科医である優一の手で磨き上げれば、光り輝くだろう。そして、自分の愛人に・・・・。鈴音の「同僚の亜由美より綺麗になりたい、綺麗なほうと呼ばれたい」という願望につけ込み、雄一は誘惑する。星野さん、美人になりたいと思いませんか? (徳間文庫の書き下ろし)

久々の大失敗をやらかしました。- 最近けっこう「当たり」が続いていたのですが、「タイトル買い」をしているとままこんなこともあります。それにしてもこの人が出す本ときたら、表紙といいタイトルといい、煽るわ、煽るわ・・・・、

見かけ倒しでたいして面白くもないのではと思いつつ、それでもつい買ってしまいます。ひと際目を引く表紙(たいていは若い女性の露わな姿態が載っています)もさることながら、付いたタイトルが如何にも誘い込むような妖しさで、

(おそらく世の男性諸氏は)あらぬ妄想を抱きつつ、読まずにはおくまいと確かに思わせるものがあります。

初めて読んだ『地獄行きでもかまわない』もそうですが、「きれいなほうと呼ばれたい」などというタイトルを見ると、なまじキワモノのエロティック・サスペンスに目が無い人ほどころりと騙されてしまいます。

読むより先に想像して、勝手に興奮しているようなザマなわけです。

ですから、ある意味真面目一辺倒の文芸書などと比べて、読む前の期待値ははるかに高いとも言えます。手に入れた瞬間から、ページを開くまでのわくわく感やまさか他人に勘付かれてはならない背徳の気持ちを隠しつつ、

現実には決してあり得ない、めくるめく世界へと誘われて行く自分を思ってしばし陶然ともなるわけです。そこにある倒錯と官能、如何ばかりか歪んだ愛憎劇を思って・・・・

ところが、この本についてのあらましをごく簡単に紹介すると - 腕が立つ美容整形外科医と自分の容姿やスタイルにまるで自信のない女性が出会い、外科医は貴女はダイヤモンドの原石だ、私の手になれば誰よりも光り輝く美しい女にしてみせると女性を誘惑します。

最初女性はそれと引換えに提示された外科医の愛人になるという条件に躊躇するのですが、今までの惨めな自分を思い返し、世界が違って見えるほどに綺麗にしてみせるという外科医の言葉を信じ、遂にはそれまでの容姿とはまるで異なる絶世の美女へと変貌する、

エゴと異常と狂気を孕んだ変身譚 - そう思い切って読み始めたのですが、残念にも、いっとう期待した「常軌を逸した」ところがまるでありません。それらしい場面があるにはありますが、とてもじゃないが緩すぎて、気持ちが悪くも何ともありません。

およそB級のエロ小説を読まされているような気分になります。エロならエロで、もっとエロい小説が山ほどあります。書くのもどうかと思いますが、外科医の榊原と鈴音の情交シーンなどはあまりに普通すぎて、読んでるこちらがかえって恥ずかしくなるくらいです。

これほどの酷評を書くのは初めてで、何だか大石圭さんには申し訳なくも思うのですが、どうかご容赦ください。だって、本当のことなんですから。

 

この本を読んでみてください係数 65/100


きれいなほうと呼ばれたい (徳間文庫)

 

◆大石 圭
1961年東京都目黒区生まれ。
法政大学文学部卒業。

作品「履き忘れたもう片方の靴」「蜘蛛と蝶」「女が蝶に変るとき」「奴隷契約」「殺意の水音」「甘い鞭」「殺人鬼を飼う女」「地獄行きでもかまわない」「人を殺す、という仕事」他多数

関連記事

『銃とチョコレート 』(乙一)_書評という名の読書感想文

『銃とチョコレート』 乙一 講談社文庫 2016年7月15日第一刷 銃とチョコレート (講談社

記事を読む

『血縁』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『血縁』長岡 弘樹 集英社文庫 2019年9月25日第1刷 血縁 (集英社文庫) コン

記事を読む

『ノボさん/小説 正岡子規と夏目漱石』(伊集院静)_書評という名の読書感想文

『ノボさん/小説 正岡子規と夏目漱石』(上巻)伊集院 静 講談社文庫 2016年1月15日第一刷

記事を読む

『からまる』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『からまる』千早 茜 角川文庫 2014年1月25日初版 からまる (角川文庫) 地方公務員

記事を読む

『GIVER/復讐の贈与者』(日野草)_書評という名の読書感想文

『GIVER/復讐の贈与者』日野 草 角川文庫 2016年8月25日初版 GIVER 復讐の贈

記事を読む

『Mの女』(浦賀和宏)_書評という名の読書感想文

『Mの女』浦賀 和宏 幻冬舎文庫 2017年10月10日初版 Mの女 (幻冬舎文庫) ミステ

記事を読む

『工場』(小山田浩子)_書評という名の読書感想文

『工場』小山田 浩子 新潮文庫 2018年9月1日発行 工場 (新潮文庫) (帯に) 芥

記事を読む

『報われない人間は永遠に報われない』(李龍徳)_書評という名の読書感想文

『報われない人間は永遠に報われない』李 龍徳 河出書房新社 2016年6月30日初版 報われな

記事を読む

『ほどけるとける』(大島真寿美)_彼女がまだ何者でもない頃の話

『ほどけるとける』大島 真寿美 角川文庫 2019年12月25日初版 ほどけるとける (角川

記事を読む

『入らずの森』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『入らずの森』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2016年12月31日第6刷 入らずの森 (祥伝社

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『入らずの森』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『入らずの森』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2016年12月31日第6

『日没』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『日没』桐野 夏生 岩波書店 2020年9月29日第1刷 日没

『小説 ドラマ恐怖新聞』(原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭)_書評という名の読書感想文

『小説 ドラマ恐怖新聞』原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ

『夜がどれほど暗くても』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『夜がどれほど暗くても』中山 七里 ハルキ文庫 2020年10月8日

『ボニン浄土』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『ボニン浄土』宇佐美 まこと 小学館 2020年6月21日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑