『銃とチョコレート 』(乙一)_書評という名の読書感想文

『銃とチョコレート』 乙一 講談社文庫 2016年7月15日第一刷


銃とチョコレート (講談社文庫)

 

大富豪の家を狙い財宝を盗み続ける大悪党ゴディバと、国民的ヒーローの名探偵ロイズとの対決は世間の注目の的。健気で一途な少年リンツが偶然手に入れた地図は事件解決の鍵か!? リンツは憧れの探偵ロイズと冒険の旅にでる。王道の探偵小説の痛快さと、仕掛けの意外性の面白さを兼ねる傑作、待望の文庫化! (講談社文庫より)

オリジンーヌ氏が大金持ちになったのは戦争のときで、彼はすぐれた弾丸製造器を発明したのでした。機械に鉛を入れると一瞬のうちに何十個もの弾丸が出てきます。やり方は至って簡単。クマのぬいぐみを抱いた女の子でさえ動かすことができます。

弾丸は別の工場に運ばれて火薬や薬莢と組み合わされます。彼の会社で作る弾丸は、安くて、真っ直ぐによく飛び、敵にあたるといい音がしたといいます。

オリジンーヌ氏の所有していた金貨が消えたのは夜中のことでした。物音に気付いて彼が目覚めると、風のせいで窓が開いたり閉じたりしています。彼は不思議に思います。おかしい。寝る前に窓は閉めたはずなのに。オリジンーヌ氏は部屋を見回します。

すると金庫の扉が開いているではないですか。しかも中はからっぽ。彼は大声で使用人を呼びます。豪邸の庭に無数のパトカーがやってきたとき、番犬たちは夢の中 - どうやら何者かに睡眠薬入りのドッグフードを食べさせられたようです。

「金庫の中には、『英雄の金貨』が入っていたはずなんだ! 」
オリジンーヌ氏は顔を青くして警察に説明します。『英雄の金貨』とは、コインマニアなら豪邸を売ってでも手に入れたいと思うほど価値のあるものです。

捜査員たちが金庫の周りを調べます。ほどなくして捜査員のひとりが、机に置かれている赤いカードを発見します。と、誰かが叫びます。
「怪盗ゴディバだ! 本部に連絡を! 」
・・・・・・・・・・
これが「prologue」にある「犯行があった夜のできごと」です。オリジンーヌ氏は、興奮も冷めやらない様子で次のように語ります。

「カードにアルファベットのつづりがあった。【GODIVA】ってね。すぐに警察が持っていったから一瞬しか見られなかったが、たしかそう書いてあった。見まちがいじゃないかって? それはないさ。だってそのあとで、警察が公式に怪盗ゴディバの犯行だって発表したじゃないか。サインのほかになにか書いてなかったか? ふうむ、それは秘密だ。警察に口どめされているんだ」

怪盗ゴディバによる19件目の事件 -『英雄の金貨』盗難事件発生から約1年の後、いよいよリンツ少年の冒険活劇が幕を開けます。ある日のこと、リンツは誰もが憧れる国民的ヒーロー、名探偵ロイズと幸運にも知り合い、憎き怪盗ゴディバが隠し持つ財宝、中でもとりわけ『英雄の金貨』を探し求めて二人で旅に出ることになります。

リンツは、『英雄の金貨』を見つけ出す手がかりになるであろう古ぼけた聖書と、聖書の革表紙の中にあった一枚の紙切れを持っています。聖書というのは、父と二人で市場へ買い物に出かけたとき、胡椒の他に父がついでにと言って買ったものです。

折りたたまれた紙は本と比べるといくらか新しい時代のものに見え、虫くいのような穴が点々と空いています。それはどこかの地図のようでした。

地図の一ヵ所にまるい印があります。男性の横顔を円で囲んだような記号にどこか見覚えがあるのですが、リンツはどこで見たのか思い出すことができません。地図の裏には、風車小屋の絵がペンで描かれています。絵の片隅に文字が記されています。

【神は言われた。「光あれ」こうして光があった】- それはどうやら聖書の一文であるようです。
・・・・・・・・・・
(読者として)乙一が想定したのは小学生の頃の自分 - 漢字のテストができなくて居残りし、脳に欠陥があるんじゃないかと思いつめてうなだれている少年の僕(乙一少年)にむけて書いた本だと言います。道理で、むかしどこかで読んだことがあるような、妙に懐かしい気持ちにもなります。

◎主な登場人物
少年リンツ・・・・・・・11歳の少年。移民の子
怪盗ゴディバ・・・・・・大富豪専門の悪党
探偵ロイズ・・・・・・・国民的ヒーローの名探偵
ディーン&デルーカ・・・リンツの友達
ドゥバイヨル・・・・・・一年上のいじめっ子
デメル・・・・・・・・・リンツの父
メリー・・・・・・・・・リンツの母

 

この本を読んでみてください係数 80/100


銃とチョコレート (講談社文庫)

 

◆乙一
1978年福岡県生まれ。本名は安達寛高。
豊橋技術科学大学工学部卒業。

作品 「失踪 HOLIDAY」「きみにしか聞こえない CALLING YOU」「夏と花火と私の死体」「GOTH リストカット事件」「暗いところで待ち合わせ」「ZOO」他多数

関連記事

『骨を彩る』(彩瀬まる)_書評という名の読書感想文

『骨を彩る』彩瀬 まる 幻冬舎文庫 2017年2月10日初版 骨を彩る (幻冬舎文庫) 十年

記事を読む

『八月は冷たい城』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『八月は冷たい城』恩田 陸 講談社タイガ 2018年10月22日第一刷 八月は冷たい城 (講

記事を読む

『4TEEN/フォーティーン』(石田衣良)_書評という名の読書感想文

『4TEEN/フォーティーン』石田 衣良 新潮文庫 2005年12月1日発行 4TEEN (新

記事を読む

『迅雷』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『迅雷』黒川 博行 双葉社 1995年5月25日第一刷 迅雷 (文春文庫)  

記事を読む

『ある一日』(いしいしんじ)_書評という名の読書感想文

『ある一日』いしい しんじ 新潮文庫 2014年8月1日発行 ある一日  

記事を読む

『夜をぶっとばせ』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『夜をぶっとばせ』井上 荒野 朝日文庫 2016年5月30日第一刷 夜をぶっとばせ (朝日文庫

記事を読む

『オロロ畑でつかまえて』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『オロロ畑でつかまえて』 荻原 浩 集英社 1998年1月10日第一刷 オロロ畑でつかまえて

記事を読む

『鈴木ごっこ』(木下半太)_書評という名の読書感想文

『鈴木ごっこ』木下 半太 幻冬舎文庫 2015年6月10日初版 鈴木ごっこ (幻冬舎文庫)

記事を読む

『脊梁山脈』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『脊梁山脈』乙川 優三郎 新潮文庫 2016年1月1日発行 脊梁山脈 (新潮文庫) &n

記事を読む

『グラジオラスの耳』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『グラジオラスの耳』井上 荒野 光文社文庫 2003年1月20日初版 グラジオラスの耳

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『農ガール、農ライフ』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『農ガール、農ライフ』垣谷 美雨 祥伝社文庫 2019年5月20日初

『許されようとは思いません』(芦沢央)_書評という名の読書感想文

『許されようとは思いません』芦沢 央 新潮文庫 2019年6月1日発

『百花』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『百花』川村 元気 文藝春秋 2019年5月15日第1刷 百花

『義弟 (おとうと)』(永井するみ)_書評という名の読書感想文

『義弟 (おとうと)』永井 するみ 集英社文庫 2019年5月25日

『夜に啼く鳥は』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『夜に啼く鳥は』千早 茜 角川文庫 2019年5月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑