『風の歌を聴け』(村上春樹)_書評という名の読書感想文(書評その2)

公開日: : 最終更新日:2019/11/01 『風の歌を聴け』(村上春樹), 作家別(ま行), 書評(か行), 村上春樹

『風の歌を聴け』(書評その2)村上 春樹 講談社 1979年7月25日第一刷


風の歌を聴け (講談社文庫)

書評その1はコチラ

私にとって最も印象深いフレーズがこれです。

高校の終り頃、僕は心に思うことの半分しか口に出すまいと決心した。理由は忘れたがその思いつきを、何年かにわたって僕は実行した。そしてある日、僕は自分が思っていることの半分しか語ることのできない人間になっていることを発見した。

当時、私は大学には入ったものの周囲の学生の白々しく思える程の明るさや快活さに気後れし、馴染めないまま授業にも出なくなっていく自分に鬱々としていました。

自分の心の在り様を知る手立てが見つけられず立往生していたのです。そんなときに見つけたこの文章は、私には天啓のように脳天に響くものでした。

私はこの『風の歌を聴け』という小説が、今まで読んだ小説の中で一番好きです。

何度も、ことある毎に読み返しています。たぶんですが、私はもうこの小説を「読んでいる」 のではなく、半ば 「絵画のよう」 に眺めているのかも知れません。

この小説は、29歳になった 「僕」 が、東京の大学へ進学した20歳の夏に、神戸へ帰省した18日間を回想して綴る物語です。

29歳の 「僕」 とは、おそらく、若き日の村上春樹その人のことでしょう。
「僕」 が退屈な夏休みのほとんどを過ごすのは「ジェイズ・バー」 で、そこにはバーテンダーの中国人、ジェイがいます。

ひとつ年上で、「僕」 よりもっと裕福な家に生まれたという鼠という男は、「僕」 と同じ大学生。

ジェイズ・バーで 「僕」 が出会う女たち - 酔ったまま洗面所で寝ていた、片手の指が4本しかない女。電話をするために 「僕」 に小銭を借りた、グレープフルーツのような乳房をつけ、派手なワンピースを着た30歳ばかりの女。

「僕」 がこれまでに寝た三人の女の子 - 17歳の高校のクラス・メート。新宿で激しいデモが吹き荒れる夜に駅で出会ったヒッピーの女の子。大学の図書館で知り合った仏文科の女子学生。

そして、ラジオのDJが語る、脊髄の病気で入院生活を送る17歳の少女と高校時代にレコードを貸してくれた少女の姉。

彼らは 「僕」 に、どんな思想を植え付けたのでしょう? 「僕」 は、思うほどには語ろうとしません。

※この小説ではあらゆる登場人物がそれぞれに、自分だけの秘めたるドラマを示唆するような科白を呟きます。世を儚むように、シニカルな隠喩を語ります。

その言葉と文章のリズムこそが、この小説の最大の魅力だと思います。村上春樹がなぜ文章を書こうとしたのか、文章で何を伝えようと決意したのかをストレートに表現した、初々しいデビュー作品です。

思い入れが強い作品なので、二部構成です。その1も良かったら読んで下さい。

『風の歌を聴け』(村上春樹)_書評という名の読書感想文(書評その1)

この本を読んでみてください係数 100/100


風の歌を聴け (講談社文庫)

◆村上 春樹

1949年京都府京都市伏見区生まれ。兵庫県西宮市、芦屋市で育つ。

早稲田大学第一文学部演劇科を7年かけて卒業。在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺に開店する。

作品 「1973年のピンボール」「羊をめぐる冒険」「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」「TVピープル」「ねじまき鳥クロニクル」「1Q84」「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」「女のいない男たち」他多数

◇ブログランキング

応援クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『忌中』(車谷長吉)_書評という名の読書感想文

『忌中』車谷 長吉 文芸春秋 2003年11月15日第一刷 忌中   5

記事を読む

『硝子の葦』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『硝子の葦』桜木 紫乃 新潮文庫 2014年6月1日発行 硝子の葦 (新潮文庫) &nb

記事を読む

『かなたの子』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『かなたの子』角田 光代 文春文庫 2013年11月10日第一刷 かなたの子 (文春文庫)

記事を読む

『学校の青空』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『学校の青空』角田 光代 河出文庫 2018年2月20日新装新版初版 学校の青空 (河出文庫)

記事を読む

『この話、続けてもいいですか。』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『この話、続けてもいいですか。』西 加奈子 ちくま文庫 2011年11月10日第一刷 この話、

記事を読む

『チヨ子』(宮部みゆき)_書評という名の読書感想文

『チヨ子』宮部 みゆき 光文社文庫 2011年7月20日初版 チヨ子 (光文社文庫) 五年前

記事を読む

『このあたりの人たち』(川上弘美)_〈このあたり〉 へようこそ。

『このあたりの人たち』川上 弘美 文春文庫 2019年11月10日第1刷 このあたりの人たち

記事を読む

『検事の死命』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『検事の死命』柚月 裕子 角川文庫 2019年6月5日8版 検事の死命 (角川文庫)

記事を読む

『検事の信義』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『検事の信義』柚月 裕子 角川書店 2019年4月20日初版 検事の信義 累計40万部

記事を読む

『蹴りたい背中』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『蹴りたい背中』綿矢 りさ 河出文庫 2007年4月20日初版 蹴りたい背中 (河出文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『JR品川駅高輪口』(柳美里)_書評という名の読書感想文

『JR品川駅高輪口』柳 美里 河出文庫 2021年2月20日新装版初

『死者のための音楽』(山白朝子)_書評という名の読書感想文

『死者のための音楽』山白 朝子 角川文庫 2013年11月25日初版

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑