『田村はまだか』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/14 『田村はまだか』(朝倉かすみ), 作家別(あ行), 書評(た行), 朝倉かすみ

『田村はまだか』朝倉 かすみ 光文社 2008年2月25日第一刷

田村は、私の妻の旧姓です。そんな理由でこの本を買ったのかと言われそうですが、その通りだからしょうがない。まず 「田村」 という文字が目に飛び込んできたから手に取ったわけで、もしこれが 「鈴木」とか 「田中」 だったどうだったのかわかりません。

もちろんその後ページを開いて面白そうだと感じたから買ったわけですが、たまにはそんな理由もよいでしょう。

第一話から最終話までの6編からなる小説です。

中年にさしかかったサラリーマン(に限りませんが)には、適度な感傷を含んでつい読まされる話だと思います。

小学校のクラス会の三次会に残った男女5名。場所は、札幌ススキノのスナック・バー「チャオ!」

彼等の年齢は、満で40歳。若からず、老成にはまだはるかに遠い、なんとも半端な年齢です。

彼等は、大雪で列車が遅れクラス会に間に合わなかった同級生「田村」を待っています。

その間に交わされる過去の印象深い出来事や人物の話で場は盛上がり、時にはしんみりとした空気に浸されます。

時間はすでに午前零時前。それにつけても遅い、「田村はまだか」...

第一話「田村はまだか」・・・なぜ田村なのかが語られる導入部。田村はメンバーにとって特別な存在なのです。
第二話「パンダ全速力」・・・化粧品・日用雑貨の卸会社へ入社したての池内暁の話。仕事に少し慣れた矢先に「こいつはこのごろ何でもなめてかかっている」と上司に言われて落ち込みます。
第三話「グッナイ・ベイビー」・・・高校の保健室の先生をしている加持千夏の話。千夏は、19歳年下の生徒キッドに淡い恋心を抱いています。
第四話「きみとぼくとかれの」・・・生命保険会社で営業所長をしている坪田隼雄の話。高給取りで童貞の坪田は、やや変質ぎみの複雑な心理の持ち主です。
第五話「みどり同盟」・・・チャオのマスター・花輪春彦の家庭内事情、永田一太と伊吹祥子のあやしい関係の話。
最終話「話は明日にしてくれないか」・・・実物の田村がとうとう登場します。

平たく言ってしまえば「まぁ、誰しもそれぞれに人生があり、それは決して楽しいことばかりではありません」という話。

そう言えば身も蓋もないのですが、多くの小説家がこのテーマに様々な着色をして語っているなかで、朝倉かすみという作家の色合いも個別に鮮やかで最後まで飽きずに読むことができました。

個人的には第二、三話あたりが面白く読めました。

第二話に出てくる、池内君の指導係の二瓶正克という人物が得体が知れず興味を引きますが、元医者という設定はさすがに無理があるように思います。

尚、この小説は2009年の吉川英治文学新人賞受賞作品です。

この本を読んでみてください係数 80/100


◆朝倉 かすみ

1960年北海道小樽市生まれ。

北海道武蔵女子短期大学教養学科卒業。

作品 「ほかに誰がいる」「そんなはずない」「深夜零時に鐘が鳴る」「感応連鎖」「肝、焼ける」「声出していこう」「夏目家順路」「少しだけ、おともだち」など

◇ブログランキング

応援クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『ダブル』(永井するみ)_極上のサスペンスは日常から生まれる

『ダブル』永井 するみ 双葉文庫 2020年2月15日第1刷 被害者女性の特異な容

記事を読む

『いつかの人質』(芦沢央)_書評という名の読書感想文

『いつかの人質』芦沢 央 角川文庫 2018年2月25日初版 宮下愛子は幼いころ、ショッピングモー

記事を読む

『舎人の部屋』(花村萬月)_書評という名の読書感想文

『舎人の部屋』花村 萬月 双葉文庫 2018年1月14日第一刷 過食嘔吐を繰り返す小説家志望の自称

記事を読む

『残された者たち』(小野正嗣)_書評という名の読書感想文

『残された者たち』小野 正嗣 集英社文庫 2015年5月25日第一刷 尻野浦小学校には、杏奈先

記事を読む

『乳と卵』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『乳と卵』川上 未映子 文春文庫 2010年9月10日第一刷 娘の緑子を連れて大阪から上京した

記事を読む

『乙女の家』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『乙女の家』朝倉 かすみ 新潮文庫 2017年9月1日発行 内縁関係を貫いた曾祖母、族のヘッドの子

記事を読む

『九年前の祈り』(小野正嗣)_書評という名の読書感想文

『九年前の祈り』小野 正嗣 講談社 2014年12月15日第一刷 第152回芥川賞受賞作、小野正

記事を読む

『虎を追う』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『虎を追う』櫛木 理宇 光文社文庫 2022年6月20日初版1刷 「連続幼女殺人事

記事を読む

『NO LIFE KING ノーライフキング』(いとうせいこう)_書評という名の読書感想文

『NO LIFE KING ノーライフキング』いとう せいこう 新潮社 1988年8月10日発行

記事を読む

『貴婦人Aの蘇生』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『貴婦人Aの蘇生』小川 洋子 朝日文庫 2005年12月30日第一刷 北極グマの剥製に顔をつっこん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『嗤う淑女 二人 』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『嗤う淑女 二人 』中山 七里 実業之日本社文庫 2024年7月20

『闇祓 Yami-Hara』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『闇祓 Yami-Hara』辻村 深月 角川文庫 2024年6月25

『地雷グリコ』(青崎有吾)_書評という名の読書感想文 

『地雷グリコ』青崎 有吾 角川書店 2024年6月20日 8版発行

『アルジャーノンに花束を/新版』(ダニエル・キイス)_書評という名の読書感想文

『アルジャーノンに花束を/新版』ダニエル・キイス 小尾芙佐訳 ハヤカ

『水たまりで息をする』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『水たまりで息をする』高瀬 隼子 集英社文庫 2024年5月30日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑