『鎮魂』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『鎮魂』染井 為人 双葉文庫 2024年5月18日 初版第1刷発行

半グレ連続殺人事件 抗争か? それとも・・・・・・・ 『悪い夏』 『正体のベストセラー作家が放つ新時代社会派サスペンス

世間を騒がせている半グレ集団 「凶徒聯合」 のメンバーが殺された。警察は暴力団や半グレ同士の抗争と見て捜査をはじめるが、それを嘲笑うかのように次々にメンバーが殺害されていく。疑心暗鬼になっていくメンバーたち。そして、犯人を持ち上げるSNSの住民たち。犯人の正体はいったい・・・・・・・。大ベストセラーになった 『悪い夏』 や、ドラマ化、映画化などで注目を集める 『正体』 の著者が 「都会の闇」 に斬り込む傑作社会派サスペンス。(双葉文庫)

こんな奴らは世の中からいなくなればいい。(したい放題した後でする) 手前勝手な理屈や弁解など聞きたくもない。もしも、理由なく愛する誰かを傷つけられたなら、あなたは黙っていられるでしょうか。大きな声では言えませんが、復讐したい、死ねばいいときっと思うはずです。

半グレ集団 『凶徒聯合』 の主要メンバーのひとり、坂崎が殺された。凶暴凶悪な行動で知られる 『凶徒聯合』 は、別の殺人の件で、カリスマ・リーダーの石神が海外逃亡を続けている。一方、主要メンバーの多くは、表社会でも上手くやっていた。それでもメンバーは石神に支配され、『凶徒聯合』 から離れることができないようだ。

坂崎が殺された事件を追うのが、警視庁組織犯罪対策部特別捜査隊の古賀と、若い同僚の窪塚である。生活安全課時代から、坂崎たちを知っている古賀。『凶徒聯合』 のメンバーなどを当たるが、捜査は進展しない。そんなとき、やはり元メンバーで、ユーチューバーの田中が、配信中に殺され、世論が沸騰するのだった。

『凶徒聯合』 の主要メンバーと、古賀の視点を交互にしながら物語が進行するかと思ったら、いきなり犯人視点のパートが挿入されて驚いた。(中略) 作者は早い段階で、犯人の行動や動機を露わにする。

しかし、それで面白さが損なわれることはない。現在の生活が大切になり、結束が揺らいでいる、主要メンバーたち。『凶徒聯合』 の動きから見えてきた、警察の内通者の存在。窪塚の不可解な態度。犯人の恋人が抱える秘密。『凶徒聯合』 の本を出そうとしている編集者の天野。自分なりの正義感に突き動かされ、“凶徒聯合被害者の会“ を立ち上げた中尾。さまざまな要素と人物が集まり、物語の先が読めない。作者のミスリードも巧みであり、終盤からエピローグにかけての展開に、仰天してしまったのである。

そしてストーリーを通じて、幾つかの重い問いが、読者に投げかけられる。犯人の動機は復讐 だが、これをどう受け止めればいいのか。中尾の 正義は、歪んでいるのではないか。一連の事件から浮かび上がる人々の罪と罰に、戸惑わずにはいられない。だが、そこに作者の狙いがある。善悪が複雑に入り混じった、現代日本の姿が、ここにあるのだ。(細谷正充/「書籍版ブックレビュー:小説推理2022年7月号掲載」 より)

※染井作品にハズレはありません。もしもまだなら、あなたの愛読書にぜひ加えてください。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆染井 為人
1983年千葉県生まれ。

作品 「悪い夏」「正体」「正義の申し子」「震える天秤」「滅茶苦茶」「黒い糸」「海神」 など

関連記事

『逃亡作法 TURD ON THE RUN(上・下)』(東山彰良)_書評という名の読書感想文

『逃亡作法 TURD ON THE RUN』(上・下)東山 彰良 宝島社文庫 2009年9月19日第

記事を読む

『ワン・モア』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ワン・モア』桜木 紫乃 角川書店 2011年11月30日初版 近々文庫が出るらしい。いや、もう

記事を読む

『一億円のさようなら』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『一億円のさようなら』白石 一文 徳間書店 2018年7月31日初刷 大きな文字で、一億円のさような

記事を読む

『テミスの剣』(中山七里)_テミスの剣。ネメシスの使者

『テミスの剣』中山 七里 文春文庫 2017年3月10日第1刷 昭和五十九年、台風

記事を読む

『ホテルローヤル』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ホテルローヤル』桜木 紫乃 集英社 2013年1月10日第一刷 「本日開店」は貧乏寺の住職の妻

記事を読む

『家族じまい』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『家族じまい』桜木 紫乃 集英社 2020年11月11日第6刷 家族はいったいいつ

記事を読む

『誰もボクを見ていない/なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか』(山寺香)_書評という名の読書感想文

『誰もボクを見ていない/なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか』山寺 香 ポプラ文庫 2020年

記事を読む

『つむじ風食堂の夜』(吉田篤弘)_書評という名の読書感想文

『つむじ風食堂の夜』吉田 篤弘 ちくま文庫 2005年11月10日第一刷 懐かしい町「月舟町」の十

記事を読む

『大阪』(岸政彦 柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『大阪』岸政彦 柴崎友香 河出書房新社 2021年1月30日初版発行 大阪に来た人

記事を読む

『エイジ』(重松清)_書評という名の読書感想文

『エイジ』重松 清 新潮文庫 2004年7月1日発行 重松清の小説が嫌いだと言う人はあまりいないと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『闇祓 Yami-Hara』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『闇祓 Yami-Hara』辻村 深月 角川文庫 2024年6月25

『地雷グリコ』(青崎有吾)_書評という名の読書感想文 

『地雷グリコ』青崎 有吾 角川書店 2024年6月20日 8版発行

『アルジャーノンに花束を/新版』(ダニエル・キイス)_書評という名の読書感想文

『アルジャーノンに花束を/新版』ダニエル・キイス 小尾芙佐訳 ハヤカ

『水たまりで息をする』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『水たまりで息をする』高瀬 隼子 集英社文庫 2024年5月30日

『黒牢城』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『黒牢城』米澤 穂信 角川文庫 2024年6月25日 初版発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑