『神の悪手』(芦沢央)_書評という名の読書感想文

『神の悪手』芦沢 央 新潮文庫 2024年6月1日 発行

このどんでん返しが切なすぎる!! 夢を追う苦悩と孤独を深く刻むミステリ短編集!

腹が立つほどの傑作。勝負に生きる苛烈さと、その果てにのみ生まれる光に胸が掻き毟られた。凪良ゆう

俺はなぜ、もっと早く引き返さなかったのか - 。棋士を目指して13歳で奨励会に入会した岩城啓一だったが、20歳をとうに過ぎた現在もプロ入りを果たせずにいた。9期目となった三段リーグ最終日前日の夕刻、翌日対局する村尾が突然訪ねてくる。今期が昇段のラストチャンスとなった村尾が啓一に告げたのは・・・・・・・。夢を追うことの恍惚と苦悩、誰とも分かち合えない孤独を深く刻むミステリ5編。(新潮文庫)

間違いなく、将棋好きにはたまらない一冊だろうと。将棋は好きでもないし、さほど興味もないという人も大丈夫。(将棋に関する) 知識はないよりある方がいいのは当然ですが、必ずしも “必須“ ではありません。少しは知っている方が尚楽しめるという程度で、「将棋は知らないし、わからないので読みません」 というのはとてももったいと思います。

最後を飾る 「恩返し」 の謎が、本作で一番魅力的かつ複雑な謎だろうと思う。こちらは将棋という競技を支える駒を作る駒師に焦点を当てた物語だ。中堅駒師である兼春の作った駒が、誉ある棋将戦に用いる駒の候補に挙げられる。他の駒候補には兼春の師匠・白峯が作った駒も挙がっていた。

当然ながら技量の違いに雲泥の差がある二つの駒だったが、何故か選ばれたのは兼春の駒だった。加えて、駒を選んだ棋士は駒に造詣の深いベテランの棋士・国芳なのだ。考えれば考えるほど、兼春の駒が選ばれる理由がない。この謎を深めるように、すんでのところで国芳棋将は白峯の駒を選び直す。一体国芳の中にいかなる葛藤があって駒は選び直されたのか。

こういう思いがけないところから生まれる謎が一番好きだ。人間ドラマがあるところには必ずミステリが生まれるという持論があるのだが、それを極限まで表している理想の短編だ。駒を通して、国芳という棋士の心の内が露わになっていく。そうして最後に示されるのは、一つの道を極めようとする者の核だ。(解説より/斜線堂有紀)

※この作品が一番かどうかは人それぞれですが、将棋のことをよく知らないというあなたにも、これなら抵抗なく読めるはずです。棋譜を読んだり見たりするのが平気な人は、おそらく別の作品の方が興味深く読めることでしょう。書いてあるのは、必ずしも将棋のことだけではありません。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆芦沢 央
1984年東京都生まれ。
千葉大学文学部史学科卒業。

作品 「罪の余白」「許されようとは思いません」「いつかの人質」「悪いものが、来ませんように」「火のないところに煙は」「夜の道標」「汚れた手をそこで拭かない」他多数

関連記事

『きよしこ』(重松清)_書評という名の読書感想文

『きよしこ』重松 清 新潮文庫 2021年3月5日39刷 少年は、ひとりぼっちだっ

記事を読む

『よみがえる百舌』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『よみがえる百舌』逢坂 剛 集英社 1996年11月30日初版 『百舌の叫ぶ夜』から続くシリーズ

記事を読む

『岡山女/新装版』(岩井志麻子)_書評という名の読書感想文

『岡山女/新装版』岩井 志麻子 角川ホラー文庫 2022年6月25日改版初版 ここ

記事を読む

『くちぶえ番長』(重松清)_書評という名の読書感想文

『くちぶえ番長』重松 清 新潮文庫 2020年9月15日30刷 マコトとは、それき

記事を読む

『きりこについて』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『きりこについて』西 加奈子 角川書店 2011年10月25日初版 きりこという、それはそれ

記事を読む

『だれかの木琴』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『だれかの木琴』井上 荒野 幻冬舎文庫 2014年2月10日初版 主婦・小夜子が美容師・海斗から受

記事を読む

『純平、考え直せ』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『純平、考え直せ』奥田 英朗 光文社文庫 2013年12月20日初版 坂本純平は気のいい下っ端やく

記事を読む

『学校の青空』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『学校の青空』角田 光代 河出文庫 2018年2月20日新装新版初版 いじめ、うわさ、夏休みのお泊

記事を読む

『グ、ア、ム』(本谷有希子)_書評という名の読書感想文

『グ、ア、ム』本谷 有希子 新潮文庫 2011年7月1日発行 北陸育ちの姉妹。長女は大学を出た

記事を読む

『君が手にするはずだった黄金について』(小川哲)_書評という名の読書感想文

『君が手にするはずだった黄金について』小川 哲 新潮社 2023年10月20日 発行 いま最

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『闇祓 Yami-Hara』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『闇祓 Yami-Hara』辻村 深月 角川文庫 2024年6月25

『地雷グリコ』(青崎有吾)_書評という名の読書感想文 

『地雷グリコ』青崎 有吾 角川書店 2024年6月20日 8版発行

『アルジャーノンに花束を/新版』(ダニエル・キイス)_書評という名の読書感想文

『アルジャーノンに花束を/新版』ダニエル・キイス 小尾芙佐訳 ハヤカ

『水たまりで息をする』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『水たまりで息をする』高瀬 隼子 集英社文庫 2024年5月30日

『黒牢城』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『黒牢城』米澤 穂信 角川文庫 2024年6月25日 初版発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑