『消された一家/北九州・連続監禁殺人事件』(豊田正義)_書評という名の読書感想文

『消された一家/北九州・連続監禁殺人事件』豊田 正義 新潮文庫 2023年4月15日 27刷

その男は天才殺人鬼であった。

マンションの一室に男性とその娘を監禁し、多額の金を巻き上げると同時に、通電や食事・睡眠・排泄制限などの虐待を加えた。やがて家畜のごとく、男性を衰弱死させた。その後、今度は七人家族を同じ部屋に監禁し、やはり通電やさまざまな制限を加え、奴隷のごとく扱った。

七人家族とは、その男の内縁の妻、妻の父親、母親、妹夫婦、甥、姪だった。
そして - 。
男は、家族同士の殺し合いを命じた。
(「まえがき」)

七人もの人間が次々に殺されながら、一人の少女が警察に保護されるまで、その事件は闇の中に深く沈んでいた - 。明るい人柄と巧みな弁舌で他人の家庭に入り込み、一家全員を監禁虐待によって奴隷同然にし、さらには恐怖心から家族同士を殺し合わせる。まさに鬼畜の所業を為した天才殺人鬼・松永太。人を喰らい続けた男の半生と戦慄すべき凶行の全貌を徹底取材。渾身の犯罪ノンフィクション。(新潮文庫)

すぐには信じられないでしょうが、これはまぎれもなく実際にあった事件です。その現実に、あなたは目を背けずにいられるでしょうか。知らずにいればよかったと、後悔するかも知れません。心して読んでください。そして、忘れないように。こんな人間 (鬼畜) がいたことを - 。

- 本書は、過去に例を見ない凄絶な連続殺人事件の真実を、きめ細かい取材によって浮き彫りにした類まれなドキュメンタリーである。事件の犯人である松永太が行った死体処理は、小説に描かれた内容と同様のものであった。自らはほとんど手を下さなかったとはいえ、松永は被害者の身体を細かく切り刻み、長期間煮込んだ後にミキサーにかけてからトイレなどに遺棄した。

本書によれば、現場のマンションは長く異臭が漂っていたというが、この犯行の隠蔽工作は成功し、監禁されていた少女の 「脱走」 がなければ、事件の真相はいまだに明らかにされなかったであろうし、被害者はさらに増えていただろう。

死体の処理について松永は、「私の解体方法はオリジナルです。魚料理の本を読んで応用し、つくだ煮を作る要領でやりました」 と、胸の悪くなるような話を自慢気に語った。(解説より/岩波明・精神科医、昭和大学准教授)

※文庫の解説者、精神科医の岩波明氏は、「私が専門としている精神医学の視点からみると、主犯である松永は、- 間違いなくサイコパス (精神病質) である。サイコパスとは、精神の奇形である。サイコパスは 「普通の人々」 に寄生し食らいついて侵食する。本書の中では、松永の精神の突出した 「奇形さ」 があますことなく描写されていて、じつに興味深かった。彼らは共感する能力を欠き、他人の感情や不幸に対して無情で冷笑的だ。それどころか、人を騙していたぶり、不幸のどん底に落とし込むことを喜んで行う。恐怖の叫び声をあげる被害者を前にして、サイコパスはせせら笑う。(以下略)」 と述べています。

良心の欠片もない松永の行動の目的は、常に 「自分のため」 にありました。たとえそれが内縁の妻であろうと、その肉親であろうと構うことはありません。彼が思うのは、ただ自分が如何にして生き延びるのか、そのことのみでした。他人に対する容赦は一切ありません。殺害し、跡かたもなく始末することに何の躊躇もありません。自分は決して手を出さず、言うだけ言って、後は他人にすべてを委ねます。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆豊田 正義
1966年東京生まれ。
早稲田大学第一文学部卒業。

作品 「オーラの素顔 美輪明宏のいきかた」「DV - 殴らずにはいられない男たち」「家庭という病巣」「壊れかけていた私から壊れそうなあなたへ」など

関連記事

『愛されなくても別に』(武田綾乃)_書評という名の読書感想文

『愛されなくても別に』武田 綾乃 講談社文庫 2023年7月14日第1刷発行 “幸

記事を読む

『顔に降りかかる雨/新装版』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『顔に降りかかる雨/新装版』桐野 夏生 講談社文庫 2017年6月15日第一刷 親友の耀子が、曰く

記事を読む

『国境』(黒川博行)_書評という名の読書感想文(その2)

『国境』(その2)黒川 博行 講談社 2001年10月30日第一刷 羅津・先鋒は咸鏡北道の北の果

記事を読む

『人間失格』(太宰治)_書評という名の読書感想文

『人間失格』太宰 治 新潮文庫 2019年4月25日202刷 「恥の多い生涯を送っ

記事を読む

『カソウスキの行方』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『カソウスキの行方』津村 記久子 講談社文庫 2012年1月17日第一刷 不倫バカップルのせい

記事を読む

『やりたいことは二度寝だけ』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『やりたいことは二度寝だけ』津村 記久子 講談社文庫 2017年7月14日第一刷 毎日アッパッパー

記事を読む

『献灯使』(多和田葉子)_書評という名の読書感想文

『献灯使』多和田 葉子 講談社文庫 2017年8月9日第一刷 大災厄に見舞われ、外来語も自動車もイ

記事を読む

『彼女が最後に見たものは』(まさきとしか)_書評という名の読書感想文

『彼女が最後に見たものは』まさき としか 小学館文庫 2021年12月12日初版第1刷

記事を読む

『青色讃歌』(丹下健太)_書評という名の読書感想文

『青色讃歌』丹下 健太 河出書房新社 2007年11月30日初版 第44回文藝賞受賞作。同棲す

記事を読む

『漁港の肉子ちゃん』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『漁港の肉子ちゃん』西 加奈子 幻冬舎文庫 2014年4月10日初版 男にだまされた母・肉子ちゃん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『闇祓 Yami-Hara』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『闇祓 Yami-Hara』辻村 深月 角川文庫 2024年6月25

『地雷グリコ』(青崎有吾)_書評という名の読書感想文 

『地雷グリコ』青崎 有吾 角川書店 2024年6月20日 8版発行

『アルジャーノンに花束を/新版』(ダニエル・キイス)_書評という名の読書感想文

『アルジャーノンに花束を/新版』ダニエル・キイス 小尾芙佐訳 ハヤカ

『水たまりで息をする』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『水たまりで息をする』高瀬 隼子 集英社文庫 2024年5月30日

『黒牢城』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『黒牢城』米澤 穂信 角川文庫 2024年6月25日 初版発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑