『マークスの山』(高村薫)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2015/06/15 『マークスの山』(高村薫), 作家別(た行), 書評(ま行), 高村薫

『マークスの山』高村 薫  早川書房 1993年3月31日初版 @1,800

高村薫が好きである。

 

この作品で高村女史は直木賞を受賞しています。

当時の言い方ならこの小説は推理サスペンス小説で且つそれまでになかった本格的警察小説ということになります。

推理小説のジャンルから直木賞受賞作が出ることはまず考えられなかった時代に、しかもと言うと大変失礼ですが、書いたのが女性だったことも大いに驚きでした。

ただ読み始めるとすぐに分かるのですが、従来の推理サスペンス小説の枠組みには到底収まらない重厚な人間ドラマが描かれていて引き込まれます。

物語は冬の南アルプスを舞台に起こったある出来事とその16年後に東京で発生した連続殺人事件を結んで、殺人者「マークス」を炙り出していくというストーリーなのですが、いざ読んでみると、骨太で、高村薫という人は実は男ではないかと思うくらい「女らしくない」書き様です。

描写はことごとく微に入り細を穿っています。

妥協がなく、まだ書くかというくらい徹底的に書き込んであります。

女史の書いたものに対する書評のなかで最も頻繁に評価に挙がる点は、徹底した取材に裏打ちされた細部の真実性と緻密な構成力なのです。

それは真に圧倒的です。

そして、この作品には警視庁捜査第一課七係の合田雄一郎という実に男くさい刑事が登場します。

寡黙で妥協せず、事件の核となる真理に拘るインテリの現場刑事です。

ひと目を気にせず、仕事中はいつも白い布地のズックで通します。

スーツに白いズックはいかにも野暮ったいのですが、小説のなかの合田刑事だと何やらそれすらかっこよく思えるのは私だけではないでしょう。

『マークス』以後合田刑事シリーズは続いていくのですが、いつも期待を裏切ることなく、その「硬質なロマンチシズム」は不変なのです。実に私好みの人物なのです。

 

余談

3月に初版が出て7月にはもう14版が発行されています。

その14版で私はこの小説と出会いましたが、実はその5年後に発行されたものがもう一冊本棚にはあります。

同じ本が二冊ある経緯は不明です、がそんなことはどうでもよいのです。

1998年8月に発行されているこの本はそのとき、なな、なんと75版だったのです。

75版ですよ! ちょっと読まずにはおれんでしょう。

 

◆この本を読んでみてください係数  95/100


マークスの山 (ハヤカワ・ミステリワールド)
◆高村 薫

1953年大阪市東住吉区生まれ、吹田市に在住。

同志社高等学校から国際基督教大学(ICU)へ進学、専攻はフランス文学。

作品は多岐にわたり全ては記せませんので、大好きな合田雄一郎刑事シリーズのみご紹介しておきます。

「マークスの山」「照柿」「レディ・ジョーカー」「太陽を曳く馬」「冷血」

関連記事

『向こう側の、ヨーコ』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『向こう側の、ヨーコ』真梨 幸子 光文社文庫 2020年9月20日初版 向こう側の、ヨーコ

記事を読む

『月桃夜』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『月桃夜』遠田 潤子 新潮文庫 2015年12月1日発行 月桃夜 (新潮文庫nex) この世

記事を読む

『この世にたやすい仕事はない』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『この世にたやすい仕事はない』津村 記久子 新潮文庫 2018年12月1日発行 この世にたや

記事を読む

『ミュージック・ブレス・ユー!! 』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『ミュージック・ブレス・ユー!! 』津村 記久子 角川書店 2008年6月30日初版 ミュージ

記事を読む

『献灯使』(多和田葉子)_書評という名の読書感想文

『献灯使』多和田 葉子 講談社文庫 2017年8月9日第一刷 献灯使 (講談社文庫) 大災厄

記事を読む

『身分帳』(佐木隆三)_書評という名の読書感想文

『身分帳』佐木 隆三 講談社文庫 2020年7月15日第1刷 身分帳 (講談社文庫)

記事を読む

『身の上話』(佐藤正午)_書評という名の読書感想文

『身の上話』佐藤 正午 光文社文庫 2011年11月10日初版 身の上話 (光文社文庫) あ

記事を読む

『犬婿入り』(多和田葉子)_書評という名の読書感想文

『犬婿入り』多和田 葉子 講談社文庫 1998年10月15日第一刷 犬婿入り (講談社文庫) 多摩

記事を読む

『百舌の叫ぶ夜』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『百舌の叫ぶ夜』 逢坂 剛 集英社 1986年2月25日第一刷 百舌の叫ぶ夜 (百舌シリーズ)

記事を読む

『綺譚集』(津原泰水)_読むと、嫌でも忘れられなくなります。

『綺譚集』津原 泰水 創元推理文庫 2019年12月13日 4版 綺譚集 (創元推理文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『やわらかな足で人魚は』(香月夕花)_書評という名の読書感想文

『やわらかな足で人魚は』香月 夕花 文春文庫 2021年3月10日第

『ふたりぐらし』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ふたりぐらし』桜木 紫乃 新潮文庫 2021年3月1日発行

『生きるとか死ぬとか父親とか』(ジェーン・スー)_書評という名の読書感想文

『生きるとか死ぬとか父親とか』ジェーン・スー 新潮文庫 2021年3

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』(内澤旬子)_書評という名の読書感想文

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』内澤 旬子 角川文庫 2021年2月2

『白磁の薔薇』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『白磁の薔薇』あさの あつこ 角川文庫 2021年2月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑