『砕かれた鍵』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2018/02/28 『砕かれた鍵』(逢坂剛), 作家別(あ行), 書評(か行), 逢坂剛

『砕かれた鍵』逢坂 剛 集英社 1992年6月25日第一刷


砕かれた鍵 (百舌シリーズ) (集英社文庫)

 

『百舌の叫ぶ夜』『幻の翼』に続くシリーズの第三話。☆百舌シリーズ書評→『百舌の叫ぶ夜』 『幻の翼』

『幻の翼』からさらに1年半くらいあとの設定でこの物語は展開します。第三話には「百舌」は登場しません。その代りと言っては何ですが「ペガサス」と名乗る新たなる殺人者が現れます。

警察庁警務局特別監察官の倉木尚武と明星美希は結婚し、1歳になる息子がいます。しかし、息子の真浩は先天的に心臓に欠陥がある難病を持って生まれ、手術が必要な状態でした。大杉良太は『幻の翼』のラスト、稜徳会病院での事件以後に警察を辞職し、一人で調査会社を経営しています。

その頃、相変わらず警察内部の不祥事が頻発し、実態を現職警察官が告発する本がシリーズ化され、評判を呼ぶような事態になっていました。倉木は本に書かれてある内部の腐敗がある程度事実であることを認めながらも、出版の裏に警察を揺さぶる別の目的を嗅ぎ取り、大杉に出版元の桜書房の調査を依頼します。

前の二作では公安省を創設しようとする政府与党上層部の陰謀を、倉木と大杉が津城警視正と協力して阻止したわけですが、決して根絶やしにはなっていなかったのです。

一方、倉木の妻となった美希は息子・真浩の手術にかかる費用を捻出するために警察共済組合へ借入の相談に行くのですが、そこで総務部福利課の笠井涼子という40歳半ばの婦警と出会います。この笠井涼子という婦警、ただ者ではありません。よく憶えておいて下さい。

倉木の幼い一人息子と美希の母親・友希子が、病室に見舞いを持ってきた准看護婦もろとも爆弾に吹き飛ばされて死亡するという、これまた凄惨なシーンから話は動き出します。

この不幸な出来事は、同じ病院に入院していた倉本真造法務次官宛ての見舞品が、名前がよく似た倉木の息子・真浩のところへ間違って届けられたことが原因でした。悲嘆にくれる美希。捜査が進展しない苛立ちに復讐心を抑えられず、美希は倉木の制止も聞かず独自で爆発犯の捜査を始めます。

美希はやがて爆発犯らしき馬場という男に辿り着きます。出版社を調査するうち、大杉もまた馬場を見かけます。馬場に会いに行った美希を探す倉木と大杉。馬場は何物かに殺され、美希はハンドバッグとパンプス、結婚指輪を隅田川のそばに残したまま行方が分からなくなります。警察は美希の失踪をよいことに一連の警察官の不祥事を含めたことの真相を、死んだ馬場と、馬場を復讐のために殺した美希が自らの命を絶ったという形で終わらせようと目論みます。

しかし、美希は生きていたのです。来迎会という宗教団体の施設に囚われ、そこへ笠井涼子が現れます。

と、このあたりから物語は怒涛のクライマックスへと向かっていきます。笠井涼子と手を組を組む警察官の存在、ペガサスとは一体誰なのか、そして倉木や大杉、美希が迎える結末とは -

※第二話までとは少々趣きが違ってはいますが、相変わらず人がたくさん死んで、結婚したとはいえ、倉木や美希に心休まる日々は訪れません。第三話だけ読んでも十分堪能できますので、ぜひ御一読を!

☆百舌シリーズ書評→『百舌の叫ぶ夜』 『幻の翼』

 

この本を読んでみてください係数 95/100


砕かれた鍵 (百舌シリーズ) (集英社文庫)

☆百舌シリーズ書評→『百舌の叫ぶ夜』 『幻の翼』

◆逢坂 剛

1943年東京都文京区生まれ。

中央大学法学部法律学科卒業。卒業後は、博報堂に勤務しながら執筆活動。約17年後に退職、専業作家となる。

サビーカスのフラメンコギターのレコードを聴いて衝撃を受け、後にスペインに興味を持つようになる。スペインを題材にした小説も数多い。

作品 「カディスの赤い星」「屠殺者よグラナダに死ね」「百舌シリーズ」「岡坂伸策シリーズ」「御茶ノ水警察署シリーズ」「イベリアシリーズ」「禿鷹シリーズ」他多数

◇ブログランキング

応援クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『午後二時の証言者たち』(天野節子)_書評という名の読書感想文

『午後二時の証言者たち』天野 節子 幻冬舎文庫 2017年10月10日初版 午後二時の証言者た

記事を読む

『暗い越流』(若竹七海)_書評という名の読書感想文

『暗い越流』若竹 七海 光文社文庫 2016年10月20日初版 暗い越流 (光文社文庫) 5

記事を読む

『罪の轍』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『罪の轍』奥田 英朗 新潮社 2019年8月20日発行 罪の轍 奥田英朗の新刊 『罪の

記事を読む

『深い河/ディープ・リバー 新装版』(遠藤周作)_書評という名の読書感想文

『深い河/ディープ・リバー 新装版』遠藤 周作 講談社文庫 2021年5月14日第1刷 深い

記事を読む

『あちらにいる鬼』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『あちらにいる鬼』井上 荒野 朝日新聞出版 2019年2月28日第1刷 あちらにいる鬼

記事を読む

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月5日27刷 ケーキの切れ

記事を読む

『残された者たち』(小野正嗣)_書評という名の読書感想文

『残された者たち』小野 正嗣 集英社文庫 2015年5月25日第一刷 残された者たち (集英社

記事を読む

『バック・ステージ』(芦沢央)_書評という名の読書感想文

『バック・ステージ』芦沢 央 角川文庫 2019年9月25日初版 バック・ステージ (角川文

記事を読む

『ぼくがきみを殺すまで』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『ぼくがきみを殺すまで』あさの あつこ 朝日文庫 2021年3月30日第1刷 ぼくがきみを殺

記事を読む

『教場2』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『教場2』長岡 弘樹 小学館文庫 2017年12月11日初版 教場 2 (小学館文庫) 必要

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『薬指の標本』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『薬指の標本』小川 洋子 新潮文庫 2021年11月10日31刷

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

『雪が降る』(藤原伊織)_書評という名の読書感想文

『雪が降る』藤原 伊織 角川文庫 2021年12月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑