『だから荒野』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『だから荒野』桐野 夏生 文春文庫 2016年11月10日第一刷


だから荒野 (文春文庫)

46歳の誕生日、夫と2人の息子と暮らす主婦・朋美は、自分を軽んじる、身勝手な家族と決別。夫の愛車で高速道路をひた走る。家出した妻より、車とゴルフバッグが気になる夫をよそに、朋美はかつてない開放感を味わうが・・・・。家族という荒野を生きる孤独と希望を描いて、新聞連載時大反響を呼んだ話題作の文庫化。(文春文庫)

思い付きに朋美が選んだのは、距離にして1,200km、東京からはるか西にある長崎でした。家族に見切りをつけた彼女は、高速道路をひたすら西に向かって走ります。思い付きであるが故に、彼女は着の身着のまま。高速道路を走るのも初めてのことです。

前後の見境もなくと言ってしまえばそれまでですが、朋美には確かに思うところがあり、どうあっても我慢ならなかったのです。彼女には彼女の言い分があり、行動力があったということ。これは家出なんかではない。家にはもう戻らない。彼女はそう考えています。

朋美は、自分の気持ちをメールできっちり伝えたつもりでいます。しかし、夫の浩光や2人の息子はそれでも本気にしません。妻であり母である朋美のことを気にかけるより先に、浩光は仕事と趣味のゴルフにかまけ、2人の息子はどれほどの関心もない様子です。

つまりは - 夫・浩光はあくまで体裁に拘り、その場しのぎで、家庭を顧みない傲慢な男で、外面はいいのですが、朋美には月に20万円の生活費を渡す切りで何があろうとその範囲で賄えと言い、それ以上は決して渡そうとしません。それでいて自分は高価なゴルフクラブを買ったりしています。

大学生の長男・健太はおとなし目で要領はいいのですがその分クールで、親に対して見切ったような口をききます。彼女の家に入り浸りで、朝まで帰って来ない日が度々あります。また別の彼女ができると、着る服のセンスまで変わるという優柔不断なところがあります。

高校一年生の次男・優太は、いわゆる「ネトゲ廃人」。まだしも学校に行くだけましで、家では部屋に籠ってゲームばかりしています。朋美や浩光が何か説教じみたことを言おうものなら、返ってくるのは「るっせー、死ねや」という暴言ばかりの状態です。

浩光は会社に行く際、いつもマンションから駅までを朋美に送らせています。ところが週末になると、今度は浩光自身が車を独占します。趣味のゴルフに行くためで、朋美は単なる「ママタク」、夫の都合に合わせるだけの毎日に、実は辟易してもいたのです。

この小説は、家族にあって、かつては「沃野」であったはずのものが、気付けば荒れ放題の野となり、今更に手を施しても施し切れない、あるいは施す術がわからない、そんな状況になってはじめてわかる何ものかを指し示そうとする物語です。彼らは、本来あるべきはずの、大事な何かを見失っています。

※ 高速道路で長崎へ向かう道中、朋美はSAやPAで思わぬ出来事に遭遇します。これが中々に面白くて、最後まで飽きずに読めます。但し、(元が新聞連載というのもあり)桐野夏生の持ち味である「毒気」や「凄味」を期待し過ぎると期待はずれになります。ご注意ください。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


だから荒野 (文春文庫)

 

◆桐野 夏生
1951年石川県金沢市生まれ。
成蹊大学法学部卒業。

作品 「顔に降りかかる雨」「OUT」「グロテスク」「錆びる心」「東京島」「IN」「ナニカアル」「夜また夜の深い夜」「奴隷小説」「バラカ」「猿の見る夢」他多数

関連記事

『ジオラマ』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『ジオラマ』桐野 夏生 新潮エンタテインメント倶楽部 1998年11月20日発行 ジオラマ (

記事を読む

『幾千の夜、昨日の月』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『幾千の夜、昨日の月』角田 光代 角川文庫 2015年1月25日初版 幾千の夜、昨日の月 (角

記事を読む

『月の上の観覧車』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『月の上の観覧車』荻原 浩 新潮文庫 2014年3月1日発行 月の上の観覧車 (新潮文庫) 本書

記事を読む

『夜また夜の深い夜』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『夜また夜の深い夜』桐野 夏生 幻冬舎 2014年10月10日第一刷 夜また夜の深い夜

記事を読む

『バラカ』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『バラカ』桐野 夏生 集英社 2016年2月29日第一刷 バラカ   ア

記事を読む

『紙の月』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『紙の月』 角田 光代  角川春樹事務所 2012年3月8日第一刷 @1,500 紙の月 (ハ

記事を読む

『誰かが足りない』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『誰かが足りない』宮下 奈都 双葉文庫 2014年10月19日第一刷 誰かが足りない (双葉文

記事を読む

『白砂』(鏑木蓮)_書評という名の読書感想文

『白砂』鏑木 蓮 双葉文庫 2013年6月16日第一刷 白砂 (双葉文庫) 苦労して働きなが

記事を読む

『沈黙博物館』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『沈黙博物館』小川 洋子 ちくま文庫 2004年6月9日第一刷 沈黙博物館 (ちくま文庫)

記事を読む

『父と私の桜尾通り商店街』(今村夏子)_書評という名の読書感想文

『父と私の桜尾通り商店街』今村 夏子 角川書店 2019年2月22日初版 父と私の桜尾通り商

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『るんびにの子供』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『るんびにの子供』宇佐美 まこと 角川ホラー文庫 2020年8月25

『毒母ですが、なにか』(山口恵以子)_書評という名の読書感想文

『毒母ですが、なにか』山口 恵以子 新潮文庫 2020年9月1日発行

『物語が、始まる』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『物語が、始まる』川上 弘美 中公文庫 2012年4月20日9刷

『魯肉飯のさえずり』(温又柔)_書評という名の読書感想文

『魯肉飯のさえずり』温 又柔 中央公論新社 2020年8月25日初版

『理系。』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『理系。』川村 元気 文春文庫 2020年9月10日第1刷 理

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑