『十一月に死んだ悪魔』(愛川晶)_書評という名の読書感想文

『十一月に死んだ悪魔』愛川 晶 文春文庫 2016年11月10日第一刷


十一月に死んだ悪魔 (文春文庫)

売れない小説家「碧井聖」こと柏原育弥は、妻子に見限られて家を追われた上、やっかいな発作に悩まされていた。突然意識が遠のき、視界が闇に沈むと浮かび上がる楕円形の穴。その底には恐ろしい魔物の気配が・・・・。11年前、交通事故による逆行性健忘で事故当日から一週間前までの記憶が失われ、その直後から「穴」の発作が始まったのだ。そんな中、なんとか新作を書き上げようと四苦八苦する育弥は、ひょんなことからクリーニング屋の店員・宮崎舞華と同居することになる。美人の上にセックスにも積極的な舞華だが、どこか様子がおかしい。舞華の正体を探るうちに、育弥自身の失われた記憶が明らかになっていく - 。人の心のダークサイドを抉りだす衝撃作! 究極の恋愛ミステリー! (「BOOK」データベースより)

文庫の帯の裏側には、こんなことが書いてあります。

シリコン製の『ラブドール』(日本でいう『ダッチワイフ』。英語では『セックスドール』、または『ラブドール』といいます)に、吾妻形人形(昔々日本にあった、『ラブドール』と同様の人形)。監禁部屋に潜む女、小泉八雲の怪談・・・・

ラブドール・・・・。大概の男性なら、これだけでちょっと読みたくはなります。その上、自分好みの、見るからに美形の、ほとんど人と見間違うような、精巧な造りの人形だったとしたらどうでしょう?

吾妻形人形も、それはそれは精巧に作られた人形であるらしい。昔々、関西のとある藩の侍が、新妻代わりにと京都の細工人に作らせたもので、侍はそれを大変に気に入り、人形との行為に耽るようになったといいます。

「監禁部屋に潜む女」- 監禁されているのは男性で、右足首に鎖を巻かれ、南京錠で固定されてはいるのですが、実は鎖にはかなりの余裕があります。そしてもう一人、部屋にあるベッドの上には、正体不明の女性が丸まったまま寝ています。

上半身裸の女性といるうち、男性は段々と興奮し、結局我慢できなくなります。置かれた状況をよく考えもせず、何度も交わります。女性は拒みません。最初声も出さないでいるのですが、その内、ベッドに立てかけた手鏡に向かって憑かれたように喋り出します。

もう一つ小泉八雲の怪談がありはしますが、いずれにせよ、それらが何を意図して書かれているのか、どこでどんなふうに繋がっているかが皆目見当が付きません。

この小説は、売れない作家・柏原育弥の日常を描く本編に加え、合間合間に別の二つの話があり、それ以外に、正体不明の人物からのメールや育弥自身の取材ノートのファイルまでもが挟まれています。

それらのすべては伏線で、分量でいえば(特に前半の)かなりの部分が占められています。故に、誰の、何のことを言っているかがまるで分からないまま読み進むことになります。

※ おそらくは、ここをどう読む(読めるか)かが評価の分かれる点だろうと思います。面白いと思う人は面白いし、代わる代わるに違う話を読まされていっこうに集中できないであるとか、ストレスばかりを貯め込んでその内読むのを止めてしまうであるとか・・・・

そこを我慢して、我慢して読んでいると、やがてそれらの事象が一つに絡まり合っているのが分かります。それは実際に起こったことなのか。あるいは、幻覚や幻聴でなるあらざる事なのか。そこを見極めてこそ、はじめて事の真相を知ることになります。

「その子は壊れ物なんだから・・・・」- 人の心の闇とは、こんなにも深いのか - 。

最後に、(これも帯にある)思わせぶりなフレーズを書いておきます。はてさて、「その子」とは一体誰のことなんでしょう。普通に考えれば、主人公の育弥なのでしょう。しかし、これはと思う人物が他に幾人かいて、結構迷ってしまうかも知れません。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


十一月に死んだ悪魔 (文春文庫)

 

◆愛川 晶
1957年福島県福島市生まれ。
筑波大学第二学群比較文化学類卒業。

作品 「化身」「六月六日生まれの天使」「夜宴」「巫女の館の密室」「道具屋殺人事件」「ヘルたんヘルパー探偵誕生」など

関連記事

『シャイロックの子供たち』(池井戸潤)_書評という名の読書感想文

『シャイロックの子供たち』池井戸 潤 文春文庫 2008年11月10日第一刷 シャイロックの子

記事を読む

『猿の見る夢』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『猿の見る夢』桐野 夏生 講談社 2016年8月8日第一刷 猿の見る夢 薄井正明、59歳。元

記事を読む

『十九歳のジェイコブ』(中上健次)_書評という名の読書感想文

『十九歳のジェイコブ』中上 健次 角川文庫 2006年2月25日改版初版発行 十九歳のジェイコブ

記事を読む

『ツタよ、ツタ』(大島真寿美)_書評という名の読書感想文

『ツタよ、ツタ』大島 真寿美 小学館文庫 2019年12月11日初版 ツタよ、ツタ (小学館

記事を読む

『藤色の記憶』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『藤色の記憶』あさの あつこ 角川文庫 2020年12月25日初版 藤色の記憶 (角川文庫)

記事を読む

『終の住処』(磯崎憲一郎)_書評という名の読書感想文

『終の住処』磯崎 憲一郎 新潮社 2009年7月25日発行 終の住処 (新潮文庫) 妻はそれ

記事を読む

『しゃべれども しゃべれども』(佐藤多佳子)_書評という名の読書感想文

『しゃべれども しゃべれども』佐藤 多佳子 新潮文庫 2012年6月10日27刷  

記事を読む

『トリツカレ男』(いしいしんじ)_書評という名の読書感想文

『トリツカレ男』いしい しんじ 新潮文庫 2006年4月1日発行 トリツカレ男 (新潮文庫)

記事を読む

『さようなら、オレンジ』(岩城けい)_書評という名の読書感想文

『さようなら、オレンジ』岩城 けい ちくま文庫 2015年9月10日第一刷 さようなら、オレン

記事を読む

『背高泡立草』(古川真人)_草刈りくらいはやりますよ。

『背高泡立草』古川 真人 集英社 2020年1月30日第1刷 【第162回 芥川賞受賞作】背

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『JR品川駅高輪口』(柳美里)_書評という名の読書感想文

『JR品川駅高輪口』柳 美里 河出文庫 2021年2月20日新装版初

『死者のための音楽』(山白朝子)_書評という名の読書感想文

『死者のための音楽』山白 朝子 角川文庫 2013年11月25日初版

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑