『阿蘭陀西鶴』(朝井まかて)_書評という名の読書感想文

『阿蘭陀西鶴』朝井 まかて 講談社文庫 2016年11月15日第一刷


阿蘭陀西鶴 (講談社文庫)

江戸時代を代表する作家・井原西鶴。彼の娘おあいは、盲目の身ながら、亡き母に代わり料理も裁縫もこなす。一方、西鶴は、手前勝手でええ格好しぃで自慢たれ。はた迷惑な父親と思っていたおあいだったが、「好色一代男」の朗読を聴いて、父への想いが変わり始める。小説を読む歓びに満ちた、織田作之助賞受賞作。(講談社文庫)

ほんま、はた迷惑なお父はんや - 幼い頃のおあいは、父・西鶴に対し常々そんな思いでいます。母が亡くなった時もそうで、西鶴はまるで当てになりません。近所に頼んで坊主を呼びに走ってもらったのも、母の身内に報せたのもおあいなのです。

西鶴の妻・みずゑが亡くなったのは(物語の)五年前、延宝三年(1675年)四月三日のことです。母が息を引き取ったと悟ったおあいはすぐに台所に入って湯を沸かし、いつものように昆布で出汁を取ります。

足つきの俎板は板ノ間の床に置いてあり、その前に座って包丁を握り、包丁の背で里芋の皮をこさいでは水を張った桶に入れます。筍や蒟蒻を煮しめ、蕗は塩ずりしてから茹でてさっと炊き上げます。

「お葱や生姜は使うたらあかんのよ。臭いのきついもんを出したら、お浄めにならしまへん」- 亡くなる前の母はそんなことを繰り返しおあいに教えるようになります。おあいにしてみれば、ですから通夜振舞いの段取りは実はとうにできていたのです。

おあいは母、みずゑから手に取るようにして、幼い頃から台所(だいどこ)を仕込まれていました。初めはまだ物心がつくかつかぬかの年頃で、切傷や火傷を負ったものの、おあいにとってお菜拵えは愉しみな手すさびであったのです。

大根を千六本にしたり、鰯の腹を割いて腸を取り除けるたび、母は「あんじょう、できたなあ」と頭や肩を撫でてくれたのでした。
・・・・・・・・・
小説には、料理を拵えるおあいの描写が幾度となく登場します。味付けは勿論のこと、すぐさま食材を選び出し、手早く捌いては父や客人に振る舞うおあいの様子に、皆が唖然とします。彼女はわずか十四歳の、しかも盲目の少女なのです。

おあいは最初、父・西鶴のことをこれっぽっちも好いてはいません。母が亡くなったあと幼い二人の弟は養子に出され、父はいくつかあった後添えの話をすべからく断ります。父・西鶴は、「娘がおりまっさかいな。生さぬ仲は何かと難しおますやろ」と言いますが、

おあいには父の本音が透けるように分かります。家業にも女房子供にも縛られんと、好きに、思うがままに生きたい。そやから法体になったのに、何で今さら、また女房なんぞ養わんならん。おなごやったら、後腐れのない者が方々におるがな・・・・、などと。

すっぱりとそう口に出せばいっそ清々しいものを、何かにつけて娘を出汁に使う。すると必ず相手は「あんさん、偉いお人やなあ」と感じ入り、父は「いやいや、この娘が不憫なだけだすわ」と調子づく。おあいはそれを耳にするたび、胸が悪くなるのです。

そんな二人の関係が、徐々に変化してゆきます。西鶴が淡路へ旅に出ようとおあいを誘ったときのことです。西鶴は淡路にいて、「好色一代男」なる長大な浮世草子を物にしようとしています。その旅立ちに際して、おあいはまず、

父はおあいが思っていた数倍も、町衆に顔を知られた俳諧師だったことを知ります。淡路の旅籠に投宿してからの父は、ほとんど外出をしません。かれこれ七日は部屋に籠りきりで、文机の前に座り続けています。常の父とは、まるで様子が違うのです。

父は出会う者には必ず自分から話しかけます。神主や百姓や漁師と言葉を交わし、旨い物でも喰うかのように話に興じます。おあいは少し意外な気がします。大坂では知られた俳諧師であることをもっと吹聴するかと思っていたのですが、

俳諧仲間といる時とはまるで異なって、うまい拍子で合いの手を入れて相手に喋らせるのでした。そして父は、おあいと二人きりになると、いろんな物を見つけてはそれをおあいに教えます。父は実にいろんなことを知っていたのです。

おあいは『世間胸算用』が世に出た元禄五年(一六九二)の三月二十四日に、没した。享年二十六。
西鶴はその翌年、元禄六年(一六九三)、八月十日に没。その年の冬、弟子の北条団水は師の遺稿をまとめ、『西鶴置土産』を板行した。

阿蘭陀西鶴の法名は、仙皓西鶴。
盲目の娘、おあいの法名は、光含心照信女である。(「巻の外」より)

 

この本を読んでみてください係数 85/100


阿蘭陀西鶴 (講談社文庫)

 

◆朝井 まかて
1959年大阪府生まれ。
甲南女子大学文学部卒業。

作品 「花競べ」「恋歌」「すかたん」「ちゃんちゃら」「ぬけまいる」他多数

関連記事

『罪の轍』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『罪の轍』奥田 英朗 新潮社 2019年8月20日発行 罪の轍 奥田英朗の新刊 『罪の

記事を読む

『ツタよ、ツタ』(大島真寿美)_書評という名の読書感想文

『ツタよ、ツタ』大島 真寿美 小学館文庫 2019年12月11日初版 ツタよ、ツタ (小学館

記事を読む

『たそがれどきに見つけたもの』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『たそがれどきに見つけたもの』朝倉 かすみ 講談社文庫 2019年10月16日第1刷 たそが

記事を読む

『午後二時の証言者たち』(天野節子)_書評という名の読書感想文

『午後二時の証言者たち』天野 節子 幻冬舎文庫 2017年10月10日初版 午後二時の証言者た

記事を読む

『どろにやいと』(戌井昭人)_書評という名の読書感想文

『どろにやいと』戌井 昭人 講談社 2014年8月25日第一刷 どろにやいと  

記事を読む

『ひりつく夜の音』(小野寺史宜)_書評という名の読書感想文

『ひりつく夜の音』小野寺 史宜 新潮文庫 2019年10月1日発行 ひりつく夜の音 (新潮文

記事を読む

『藤色の記憶』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『藤色の記憶』あさの あつこ 角川文庫 2020年12月25日初版 藤色の記憶 (角川文庫)

記事を読む

『ロゴスの市』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『ロゴスの市』乙川 優三郎 徳間書店 2015年11月30日初版 ロゴスの市 (文芸書) 至

記事を読む

『雨に殺せば』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『雨に殺せば』黒川 博行 文芸春秋 1985年6月15日第一刷 雨に殺せば (創元推理文庫)

記事を読む

『なぎさホテル』(伊集院静)_書評という名の読書感想文

『なぎさホテル』伊集院 静 小学館文庫 2016年10月11日初版 なぎさホテル (小学館文庫

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『JR品川駅高輪口』(柳美里)_書評という名の読書感想文

『JR品川駅高輪口』柳 美里 河出文庫 2021年2月20日新装版初

『死者のための音楽』(山白朝子)_書評という名の読書感想文

『死者のための音楽』山白 朝子 角川文庫 2013年11月25日初版

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑