『中国行きのスロウ・ボート』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『中国行きのスロウ・ボート』村上 春樹 文芸春秋 1983年5月20日初版


中国行きのスロウ・ボート (中公文庫)

 

村上春樹が好きである。

 

村上春樹の初めての短編集です。若かった村上春樹の、若々しい物語が7編収められています。

初めてこの本を手にした頃、私はまだ20歳の半ばでした。村上春樹は30歳の半ばに差しかかったくらい、今から30年ばかり前のことです。

もう何と言っても文体がいい。文章のリズムだけで読めてしまうし、知的で都会的な空気は出そうとしても出せない村上春樹だけの世界です。

少し突き放したような相手との距離感、ストイックに語りかける口調などが大きく作用して、独自の作品世界を創り上げているのです。

好みは色々で、「カンガルー日和」が良いという人がいれば、「午後の最後の芝生」が傑作だという人もいます。
「土の中の彼女の小さな犬」は村上春樹の文才が最も活かされた作品だという人がいたり、番外ですが安西水丸さんの表紙の絵が気に入ったという人までいます。

 

私の一番は、表題の「中国行きのスロウ・ボート」です。なぜかこれだけずっと忘れずにいました。

主人公の「僕」が若い頃に出会った中国人の話です。

中国人に初めて出会ったのは、小学生の頃。模擬試験を受けるために中国人小学校へ行ったとき、試験会場の教室に現れた足の悪い監督官。
自分がこの小学校の教師であると告げた後、落書きをしたりいたずらをしてはいけないと注意して、最後に「顔を上げて胸をはりなさい」「そして誇りを持ちなさい」と言います。

次は、東京での話。大学の2年生になった春、アルバイト先で知り合った無口な女子大生。
デートの最後に「僕」は勘違いして、彼女を帰る方向とは逆回りの山手線に乗せてしまいます。一周して戻ってきた彼女に謝るのですが、二人の間には微妙な空気が流れます。
「こんなのこれが最初じゃないし、きっと最後でもないんだもの」..「いいのよ。そもそもここは私の居るべき場所じゃないのよ」..「僕」は気持ちを上手く彼女に伝えられません。

3人目は結婚して6年目、28歳の頃。青山通りの喫茶店で声をかけられた高校生時代の知り合い、の知り合い。彼は、中国人専門に百科事典を売るセールスマンになっていました。
彼の家は裕福で、成績も「僕」より上で女の子にも人気のある男でした。
なぜ中国人相手に百科事典なんか売ってるのかと訊ねると、「とても長くて薄暗くて平凡な話なんだ。きっと聞かない方がいいよ」と彼は言います。

そして現在。「僕」はすでに30歳を越え、今またはるか遠い中国の大地を想い返しているのでした。

水平線にいつか姿を現すかもしれない中国行きのスロウ・ボート...というフレーズが印象的で、長い間記憶に残る短編になりました。

ありきたりな言い方になりますが、これは村上春樹の青春の追憶です。

「自分のいるべき場所はここではない」と思い惑う「僕」が、近くて遠い未知なる大国のイメージを借りて語る心の風景です。

 

この本を読んでみてください係数 95/100


中国行きのスロウ・ボート (中公文庫)

◆村上 春樹

1949年京都府京都市伏見区生まれ。兵庫県西宮市、芦屋市で育つ。

早稲田大学第一文学部演劇科を7年かけて卒業。在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺に開店する。

作品 「風の歌を聴け」「1973年のピンボール」「羊をめぐる冒険」「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」「ねじまき鳥クロニクル」「1Q84」「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」「女のいない男たち」他多数

◇ブログランキング

応援クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『ハコブネ』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『ハコブネ』村田 沙耶香 集英社文庫 2016年11月25日第一刷 ハコブネ (集英社文庫)

記事を読む

『道徳の時間』(呉勝浩)_書評という名の読書感想文

『道徳の時間』呉 勝浩 講談社文庫 2017年8月9日第一刷 道徳の時間 (講談社文庫) 道

記事を読む

『人生相談。』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『人生相談。』真梨 幸子 講談社文庫 2017年7月14日第一刷 人生相談。 (講談社文庫)

記事を読む

『星々の悲しみ』(宮本輝)_書評という名の読書感想文

『星々の悲しみ』宮本 輝 文春文庫 2008年8月10日新装版第一刷 星々の悲しみ (文春文庫

記事を読む

『土の中の子供』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『土の中の子供』 中村 文則 新潮社 2005年7月30日発行 土の中の子供 (新潮文庫)

記事を読む

『過ぎ去りし王国の城』(宮部みゆき)_書評という名の読書感想文

『過ぎ去りし王国の城』宮部 みゆき 角川文庫 2018年6月25日初版 過ぎ去りし王国の城 (

記事を読む

『満月と近鉄』(前野ひろみち)_書評という名の読書感想文

『満月と近鉄』前野 ひろみち 角川文庫 2020年5月25日初版 満月と近鉄 (角川文庫)

記事を読む

『物語のおわり』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『物語のおわり』湊 かなえ 朝日文庫 2018年1月30日第一刷 物語のおわり (朝日文庫)

記事を読む

『もう「はい」としか言えない』(松尾スズキ)_書評という名の読書感想文

『もう「はい」としか言えない』松尾 スズキ 文藝春秋 2018年6月30日第一刷 もう「はい」

記事を読む

『いちばん悲しい』(まさきとしか)_書評という名の読書感想文

『いちばん悲しい』まさき としか 光文社文庫 2019年10月20日初版 いちばん悲しい (

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『JR品川駅高輪口』(柳美里)_書評という名の読書感想文

『JR品川駅高輪口』柳 美里 河出文庫 2021年2月20日新装版初

『死者のための音楽』(山白朝子)_書評という名の読書感想文

『死者のための音楽』山白 朝子 角川文庫 2013年11月25日初版

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑