『寝ても覚めても』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『寝ても覚めても』柴崎 友香 河出文庫 2014年5月20日初版


寝ても覚めても (河出文庫)

謎の男・麦(ばく)に出会いたちまち恋に落ちた朝子。だが彼はほどなく姿を消す。三年後、東京に引っ越しした朝子は、麦に生き写しの男と出会う・・・・そっくりだから好きになったのか? 好きになったから、そっくりに見えるのか? めくるめく十年の恋を描き野間文芸新人賞を受賞した話題の長編小説! 「ラスト三十ページ間で起こることは生涯忘れることができない」解説◎豊崎由美(河出文庫)

例えば、物語はこんな感じで綴られてゆきます。

- 六本木駅で降りると、壁に「地下四十メートル」の表示があった。とても長いエスカレーターの途中に「地下三十メートル」もあった。エスカレーターが終わると、また次のエスカレーターがあった。上がると、さらにエスカレーターが現れた。改札があった。ICカードを自動改札にかざして反応する瞬間が好きで、毎回なにかちょっとした正しい行いをした気持ちになった。またエスカレーターがあった。壁に、麦の顔があった。

細切れに目の前の景色が綴られ、中に(唐突に)少しばかりの感情の吐露があり、気付くとそれらの後に続いて「主文」があります。時々、わざと行を空け、まるでアクセントのようにして、関係あるかないかがよくわからない何行かの文章があります。

先の文章の後には - 六本木ヒルズ森タワーは、太い。- とあります。

都営地下鉄大江戸線に乗り、六本木駅で降りた朝子は、地上を目指すエスカレーターに乗ります。するとそこから見える壁に貼られたポスターに、彼女は、忘れたくても忘れられない(昔の)男、鳥居麦が写っているのを発見します。

朝子は、かつて大阪にいたとき彼と知り合い、突然のようにして激しい恋に落ちます。それはもう激しいとしか言い様のない恋で -「どうしよう。こんなに都合のええことあってええんかなあ」で始まり、友達の春代から「ああいう人が好みなーん? 」と訊かれると、

「好みとかそんなんじゃなくて、ああ、これがわたしを待ってたそのものやったんやなって」と言い返します。彼の名前は、麦と書いて、ばく。麦が言うには、父親が穀物の研究をしており、妹は、米と書いて、まい。それよりはましかと。

ばく - 。昨日麦に会ってからまだ十五時間ぐらいしか経っていない。朝子はそれが信じられない気持ちでいます。そのあいだ中、自分がずっと眠らないで目が覚めているというのが、すごいことだと思ったりします。
・・・・・・・・・
それから、十年が経ちます。朝子は三十歳を過ぎ、東京暮らしをしています。麦とはしばらく付き合い、その年の冬、彼は上海に行くと旅立って消息を絶ったきりになっています。

※ ここからしばらくはまるで「ドラマ」のような展開になります。が、解説にある「ラスト三十ページ」を信じて、我慢して読んでください。ドラマのようには決して終わらない、予想外の顛末にきっと驚くことになります。

- 少しだけヒントを。

このあと朝子は、まるで麦そっくりな青年、丸子亮平なる男性と知り合います。いつしか二人は付き合い始めるのですが、そんな折、朝子は人気急上昇中の新人俳優となった麦と、テレビの画面を通して再会することになります。

さて、あれほど好きだった、しかしそんな自分を置いてきぼりに、行方知れずになった男が突然スターになって目の前に現れた。しかも、今の自分はその男とそっくりな別の男に恋をしている・・・・・

そっくりだから好きになったのか? 好きになったから、そっくりに見えるのか?

朝子は最初、勘違いしています。そしてそれは、読み手のわれわれを、ちょっと嫌な気分にさせます。

 

この本を読んでみてください係数  80/100


寝ても覚めても (河出文庫)

 

◆柴崎 友香
1973年大阪府大阪市大正区生まれ。
大阪府立大学総合科学部国際文化コース人文地理学専攻卒業。

作品 「きょうのできごと」「次の駅まで、きみはどんな歌をうたうの?」「青空感傷ツアー」「フルタイムライフ」「また会う日まで」「その街の今は」「春の庭」他多数

関連記事

『何もかも憂鬱な夜に』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『何もかも憂鬱な夜に』中村 文則 集英社文庫 2012年2月25日第一刷 何もかも憂鬱な夜に

記事を読む

『涙のような雨が降る』(赤川次郎)_書評という名の読書感想文

『涙のような雨が降る』赤川 次郎 双葉文庫 2018年4月15日第一刷 涙のような雨が降る (

記事を読む

『にぎやかな湾に背負われた船』(小野正嗣)_書評という名の読書感想文

『にぎやかな湾に背負われた船』小野 正嗣 朝日新聞社 2002年7月1日第一刷 にぎやかな湾に背負

記事を読む

『猫を棄てる』(村上春樹)_父親について語るとき

『猫を棄てる 父親について語るとき』村上 春樹 文藝春秋 2020年4月25日第1刷 猫を棄

記事を読む

『ぬるい毒』(本谷有希子)_書評という名の読書感想文

『ぬるい毒』本谷 有希子 新潮文庫 2014年3月1日発行 ぬるい毒 (新潮文庫) &n

記事を読む

『かたみ歌』(朱川湊人)_書評という名の読書感想文

『かたみ歌』 朱川 湊人 新潮文庫 2008年2月1日第一刷 かたみ歌 (新潮文庫) &

記事を読む

『二十歳の原点』(高野悦子)_書評という名の読書感想文

『二十歳の原点』高野 悦子 新潮文庫 1979年5月25日発行 二十歳の原点 (新潮文庫)

記事を読む

『ゼツメツ少年』(重松清)_書評という名の読書感想文

『ゼツメツ少年』重松 清 新潮文庫 2016年7月1日発行 ゼツメツ少年 (新潮文庫)

記事を読む

『虹』(周防柳)_書評という名の読書感想文

『虹』周防 柳 集英社文庫 2018年3月25日第一刷 虹 (集英社文庫) 二十歳の女子大生

記事を読む

『携帯の無い青春』(酒井順子)_書評という名の読書感想文

『携帯の無い青春』酒井 順子 幻冬舎文庫 2011年6月10日初版   携帯の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『草にすわる』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『草にすわる』白石 一文 文春文庫 2021年1月10日第1刷

『JR品川駅高輪口』(柳美里)_書評という名の読書感想文

『JR品川駅高輪口』柳 美里 河出文庫 2021年2月20日新装版初

『死者のための音楽』(山白朝子)_書評という名の読書感想文

『死者のための音楽』山白 朝子 角川文庫 2013年11月25日初版

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑