『ハコブネ』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『ハコブネ』村田 沙耶香 集英社文庫 2016年11月25日第一刷


ハコブネ (集英社文庫)

セックスが辛く、もしかしたら自分は男なのではと思い、男装をするフリーターの里帆。そんな曖昧な里帆を責める椿は、暗闇でも日焼け止めを欠かさず肉体を丁寧にケアする。二人の感覚すら共有できない知佳子は、生身の人間としての肉体的感覚が持てないでいた。十九歳の里帆と二人の“アラサー”女性。三人が乗る「ハコブネ」は、セクシャリティーという海を漂流する。(「BOOK」データベースより)

一度だけ、昔『ギンイロノウタ』という本を買ったことがあります。しかし、(二度、三度と試してはみたのですが)結局は読めないでいます。面白くないと言ってしまえばそれまでですが、なら何がつまらないのか、それについては深く考えないでいました。

何とはなしに、(もの凄く大雑把ですが)自分には合わないのだろうと。ですから、「村田紗耶香」という名前は再三見かけるものの、買えばまた中途で投げ出すことになるんだろうと、以後一冊も読まずにいました。

どうせなら、芥川賞を受賞した『コンビニ人間』を読めばよかった。それでダメなら諦めも付きますが、先に一冊、別の本を読んでおこうとしたのが間違いでした。しかもその本が、(おそらくは運悪く)『ハコブネ』だったのがいけません。

残念ながら、私の身辺には「もしかして、自分は男なのではないのだろうか」と思い悩む「里帆」のような女性や、

太陽を「ソル」、地球を「アース」と呼び、生身の男性にではなく、「アースとセックスをする」ことで性的興奮を覚える「知佳子」みたいな女性は、唯の一人もいないからです。

身近に「手本」となるような人物がいない上に、女性特有の生理や性向についての本とあらば、男の私が読もうとしたのが間違いで、頭では理解できても、それでわかったということにはならないのでしょう。そして、

おそらくは、著者が言いたのは、(私が思うような)そんな通り一遍のことではありません。私たちが生きて今いる状況についての言い知れぬ「違和感」についてを伝えたいのだと思います。読む前にぼんやり抱いていたイメージと違い、これが中々に「哲学」なわけです。

体現者は知佳子。彼女は、現にある様々な決まりごとについて、皆で壮大な「おままごと」をしているみたいに感じています。「おままごと」の中でいつのまにか生まれる決まりごとについて、(全てはその場の「幻想」でしかないのに)それでもそれを守るから、「幻想」を共有するからこそ、皆でする「おままごと」は楽しいのだと考えます。

しかし、永遠に続く「おままごと」の中にいる皆とは違い、否応なく別の時間の流れへと引き戻されていく自分は、(自分にだけは)門限があるみたいで、さみしくなります。いつまでも「おままごと」の中にいたいのに、知佳子には、それがどうしてもできないのです。

誰もが共有している「幻想世界」- それが知佳子にとっての現実世界で、それはことのほか生き難さに溢れ、偶然のように行き合う三人の女性をして、その「やるせなさ」をデフォルメして見せてくれているのだと。そんなふうに思えたりします。

知佳子は、好んで「水」を飲みます。「水」は、何より知佳子に「生きて存在していることの実感」をもたらします。

水を口に流し込むと、それが自分の肉体に染み込んでくるのがわかった。同時に額から汗が零れ落ちる。自分の中を水が循環しているのがわかる。この水がまた星に染み込み、空にあがり、星の中を廻っていく。

そう思うと、隣を流れる小川の水も、自分の身体の中を流れる水と繋がっているのだと感じる。どの水もいずれ自分に入ってくるのだと思うと、それが全部自分の体液でもあるような気もする。星の欠片である知佳子にとっては、全ての水が星の体液なのだった。

知佳子は、歩きながら今自分の中をくぐりぬけている水の感触をぼんやりと味わっています。肉体である以前に物質である彼女の中に、水は滔々と染み込んでいきます。

どうでしょう。皆さんは、この感覚についていけるのでしょうか。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


ハコブネ (集英社文庫)

 

◆村田 沙耶香
1979年千葉県印西市生まれ。
玉川大学文学部芸術学科芸術文化コース卒業。

作品 「授乳」「ギンイロノウタ」「しろいろの街の、その骨の体温の」「殺人出産」「コンビニ人間」「消滅世界」など

関連記事

『煩悩の子』(大道珠貴)_書評という名の読書感想文

『煩悩の子』大道 珠貴 双葉文庫 2017年5月14日第一刷 煩悩の子 (双葉文庫) 桐生極

記事を読む

『ホワイトラビット』(伊坂幸太郎)_書評という名の読書感想文

『ホワイトラビット』伊坂 幸太郎 新潮文庫 2020年7月1日発行 ホワイトラビット(新潮文

記事を読む

『走ル』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『走ル』羽田 圭介 河出文庫 2010年11月20日初版 走ル (河出文庫)  

記事を読む

『鬼の跫音』(道尾秀介)_書評という名の読書感想文

『鬼の跫音』道尾 秀介 角川 書店 2009年1月31日初版 鬼の跫音 角川文庫 &nb

記事を読む

『いちご同盟』(三田誠広)_書評という名の読書感想文

『いちご同盟』三田 誠広 集英社文庫 1991年10月25日第一刷 いちご同盟 (集英社文庫)

記事を読む

『あの家に暮らす四人の女』(三浦しおん)_書評という名の読書感想文

『あの家に暮らす四人の女』三浦 しおん 中公文庫 2018年9月15日7刷 あの家に暮らす四人

記事を読む

『カンガルー日和』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『カンガルー日和』村上 春樹 平凡社 1983年9月9日初版 カンガルー日和 (講談社文庫)

記事を読む

『ヒポクラテスの誓い』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『ヒポクラテスの誓い』中山 七里 祥伝社文庫 2016年6月20日初版第一刷 ヒポクラテスの誓

記事を読む

『憤死』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『憤死』綿矢 りさ 河出文庫 2015年3月20日初版 憤死 (河出文庫)  

記事を読む

『盤上に散る』(塩田武士)_書評という名の読書感想文 

『盤上に散る』塩田 武士 講談社文庫 2019年1月16日第一刷 盤上に散る (講談社文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『毒母ですが、なにか』(山口恵以子)_書評という名の読書感想文

『毒母ですが、なにか』山口 恵以子 新潮文庫 2020年9月1日発行

『物語が、始まる』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『物語が、始まる』川上 弘美 中公文庫 2012年4月20日9刷

『魯肉飯のさえずり』(温又柔)_書評という名の読書感想文

『魯肉飯のさえずり』温 又柔 中央公論新社 2020年8月25日初版

『理系。』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『理系。』川村 元気 文春文庫 2020年9月10日第1刷 理

『樽とタタン』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『樽とタタン』中島 京子 新潮文庫 2020年9月1日発行 樽

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑