『僕らのごはんは明日で待ってる』(瀬尾まいこ)_書評という名の読書感想文

『僕らのごはんは明日で待ってる』瀬尾 まいこ 幻冬舎文庫 2016年2月25日初版

兄の死以来、人が死ぬ小説ばかりを読んで過ごす亮太。けれど高校最後の体育祭をきっかけに付き合い始めた天真爛漫な小春と過ごすうち、亮太の時間が動き始める。やがて家族となった二人。毎日一緒に美味しいごはんを食べ、幸せな未来を思い描いた矢先、小春の身に異変が。「神様は乗り越えられる試練しか与えない」亮太は小春を励ますが・・・・。(幻冬舎文庫)

兄貴の入院が長くなって繰り返し手術が行われたころ、食欲がなくなった俺に兄貴が言ったことがあった。

「亮太、どんな時だって食べなきゃもったいない。明日、お前のほうが食べられなくなるかもしれないのに」「食べろ、飲め、死は誰にでもくる」兄貴は偉そうに言った。「何それ? 」
「カタルーニャのことわざなんだって」俺は聞いたことがない言葉に首をかしげた。

「スペイン地方の名前」兄貴はそう答えたあとで、「俺って、悲しいだろ」とつぶやいた。「俺、まだ十六歳なんだよ。それに地理にもことわざにも興味なんてない。それなのに、こんなことまで知っている」「俺の知識なんて、テレビ見て本読んで、見ず知らずの人が作ったものから得たものばっかり。本当は何も知らないんだ。もう十六なのに」

優しくて頼りがいのあった兄貴が死んだあと、亮太は人に対して「開く」ことをしなくなります。進んで交わろうとはせず、1年近くの間、人の死ぬ本ばかりを読んでいます。しかし何冊読んでも知りたいことは見つけられず、命の重さを見せつけられるだけで、亮太が本当に知りたいと思うことには出合えずにいます。

そんな亮太の前に現れて「開く」きっかけを与えるのがクラスメイトの小春で、彼女は亮太が一人〈たそがれている〉のもおかまいなしに、ずけずけとものを言います。暗い。亮太をみんなは嫌がっている。残酷な事実を散々言ってから、「あ、ごめん、もしかして傷ついた? 」と、平気な顔で言うようなところがあります。

亮太に反して、小春はことさら明るく振る舞っているように見えます。彼女の背景には何か重大な決意があって、それが為に自分のことを見えない壁で固く覆っているような気配がします。しかし、それは多くは語られないままに話は進んでいきます。

第一章が、「米袋が明日を開く
第二章が、「水をためれば何かがわかる
第三章が、「僕が破れるいくつかのこと
そして最終章が、「僕らのごはんは明日で待ってる

どれもが意味不明で、何のことが書いてあるか見当がつきません。特に本のタイトルになっている最終章 - 僕らの、ごはんは、明日で(明日で!? )、待ってる・・・・?

何気に読むとおかしな響きに聞こえるのですが、よくよく読むと、なるほどそういうことかというのがわかります。どれもが意味深なフレーズではありますが、読むと案外普通であるのに気付きます。

但し、普通だからといって、それがあなたに真似できるかというと、意外に難しいことに気付かされるのではないかと。できそうで、できない。なれそうで、なかなかにそうはなれない。この小説は、そんな二人の関係を描いてみせてくれています。

この本を読んでみてください係数 80/100

◆瀬尾 まいこ
1974年大阪府生まれ。
大谷女子大学文学部卒業。本名は瀬尾麻衣子。

作品 「卵の緒」「図書館の神様」「天国はまだ遠く」「優しい音楽」「幸福な食卓」「あと少し、もう少し」「春、戻る」「戸村飯店 青春100連発」など

関連記事

『花や咲く咲く』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『花や咲く咲く』あさの あつこ 実業之日本社文庫 2016年10月15日初版 昭和18年、初夏。小

記事を読む

『パリ行ったことないの』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『パリ行ったことないの』山内 マリコ 集英社文庫 2017年4月25日第一刷 女性たちの憧れの街〈

記事を読む

『せんせい。』(重松清)_書評という名の読書感想文

『せんせい。』重松 清 新潮文庫 2023年3月25日13刷 最泣王・重松清が描く

記事を読む

『墓標なき街』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『墓標なき街』逢坂 剛 集英社文庫 2018年2月25日初版 知る人ぞ知る、あの <百舌シ

記事を読む

『夏の裁断』(島本理生)_書評という名の読書感想文

『夏の裁断』島本 理生 文春文庫 2018年7月10日第一刷 小説家の千紘は、編集者の柴田に翻弄さ

記事を読む

『ポトスライムの舟』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『ポトスライムの舟』津村 記久子 講談社 2009年2月2日第一刷 お金がなくても、思いっきり

記事を読む

『ボダ子』(赤松利市)_書評という名の読書感想文

『ボダ子』赤松 利市 新潮社 2019年4月20日発行 あらゆる共感を拒絶する、極

記事を読む

『ワン・モア』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ワン・モア』桜木 紫乃 角川書店 2011年11月30日初版 近々文庫が出るらしい。いや、もう

記事を読む

『ほかに誰がいる』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『ほかに誰がいる』朝倉 かすみ 幻冬舎文庫 2011年7月25日5版 あのひとのこと

記事を読む

『そして、バトンは渡された』(瀬尾まいこ)_書評という名の読書感想文

『そして、バトンは渡された』瀬尾 まいこ 文春文庫 2020年9月10日第1刷 幼

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『嗤う淑女 二人 』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『嗤う淑女 二人 』中山 七里 実業之日本社文庫 2024年7月20

『闇祓 Yami-Hara』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『闇祓 Yami-Hara』辻村 深月 角川文庫 2024年6月25

『地雷グリコ』(青崎有吾)_書評という名の読書感想文 

『地雷グリコ』青崎 有吾 角川書店 2024年6月20日 8版発行

『アルジャーノンに花束を/新版』(ダニエル・キイス)_書評という名の読書感想文

『アルジャーノンに花束を/新版』ダニエル・キイス 小尾芙佐訳 ハヤカ

『水たまりで息をする』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『水たまりで息をする』高瀬 隼子 集英社文庫 2024年5月30日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑