『孤独の歌声』(天童荒太)_書評という名の読書感想文

『孤独の歌声』天童 荒太 新潮文庫 1997年3月1日発行


孤独の歌声 (新潮文庫)

 

天童荒太が気になります。

 

つい先日までテレビ放映されていた「家族狩り」の原作者ですと紹介するのが、一番通りがよいかも知れません。

天童荒太が「才気あふれる新星」と評された初期の小説です。

 

小説は凄惨で猟奇的な場面が多く描かれたサイコサスペンス風の仕上がりですが、テーマは人が抱える「孤独」です。

動機に対する説得力の弱さ、やや緩い人物造形などには多少の不満があるのですが、心理描写が非常に丁寧かつ詳細で不足分を帳消しにしています。

何より、それぞれの「孤独」を鮮明に浮かび上がらせる為の方便と思えば気にしなくて済みます。

主要な登場人物は3名です。

芳川潤平・・コンビニでアルバイトをしながら曲を作り、マイナーながらライブ活動も続け、将来は歌手になることを夢みています。

朝山風希・・婦警の朝山はコンビニ連続強盗事件の捜査担当でしたが、個人的には同時に発生している連続婦女誘拐殺人事件に強い関心を持っています。

松田隆司・・風希と芳川が追うことになる連続婦女誘拐殺人事件の犯人。松田の昼の顔はコンピュータシステム会社の社員で、今は出向してパソコンソフトの開発をしています。

3名の過去にはそれぞれに、心の傷として消えないトラウマがありました。

陸上部のリレーメンバーだった親友が事故で亡くなり、芳川は失意のうちに高校を中退して親元を離れます。
他人からバトンを上手く受け取れない芳川はいつも第一走者で、バトンを渡す相手はいつも第二走者の親友でした。

風希は13歳の頃、夜中に親友と二人で行ったコンビニの帰りに補導員を装った男に声をかけられます。男は身柄引取りのために保護者を連れて来いと言いますが、帰りたい一心で、
その言葉にすぐ反応したのは風希の方でした。結果として一人誘拐犯の傍に残された親友は行方不明となり、風希が高校に入った年に遺体となって発見されるのでした。

連続殺人犯の松田は、著しく精神を病んだ狂気の男です。
両親とは離別、自分の嗜好を笑う妻とも離婚しています。松田は家族というものに非常に高い理想を持ち、その理想を理解し共有してくれる女性を探しているのでした。
しかし、その探し方が常軌を逸するものでした。気味が悪いのは、毎日のように4人分の弁当と犬の餌を買い、ビニールシートが敷かれ窓が閉ざされた部屋で行われる食事の場面です。
そこにはマネキン人形の両親と置物の犬、中央には誘拐して全裸で縛った女性がいるのでした。松田は嬉々として「家族」に話しかけ、食べ物を与えます。

風希は捜査で潤平の勤めるコンビニへ出向き、彼と接するうちに潤平に自分と同じ臭いを嗅ぎ取り心が傾いて行きます。

ラストでは風希の隣に住む木崎京子が誘拐されます。おとり捜査を始めた風希の前についに現れた松田を、潤平と共に追い詰めるのでした。

 

「ひとりだけれど、きっとひとりでないと信じられる歌声」を我々に聞かせたい一心で、天童荒太はこの小説を書いたと語っています。

ストーリーもさることながら、合間で語られる3人の心の揺れにこそ耳を傾けるべきなのでしょう。

彼は、この小説で「孤独」の原形を我々に示してくれているのだと思います。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


孤独の歌声 (新潮文庫)

◆天童 荒太

1960年愛媛県生まれ。

明治大学文学部演劇学科卒業。

初期は本名の栗田教行で活動、その後ペンネームを天童荒太とする。

作品 「白の家族」「家族狩り」「永遠の仔」「あふれた愛」「悼む人」「歓喜の仔」など

◇ブログランキング

応援クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『カエルの楽園』(百田尚樹)_書評という名の読書感想文

『カエルの楽園』百田 尚樹 新潮文庫 2017年9月1日発行 カエルの楽園 (新潮文庫) 平

記事を読む

『君の膵臓をたべたい』(住野よる)_書評という名の読書感想文

『君の膵臓をたべたい』住野 よる 双葉社 2015年6月21日第一刷 君の膵臓をたべたい

記事を読む

『枯れ蔵』(永井するみ)_書評という名の読書感想文

『枯れ蔵』永井 するみ 新潮社 1997年1月20日発行 枯れ蔵 (新潮ミステリー倶楽部)

記事を読む

『きみのためのバラ』(池澤夏樹)_書評という名の読書感想文

『きみのためのバラ』池澤 夏樹 新潮文庫 2010年9月1日発行 きみのためのバラ (新潮文庫

記事を読む

『勁草』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『勁草』黒川 博行 徳間書店 2015年6月30日初版 勁草 (文芸書)  

記事を読む

『綺譚集』(津原泰水)_読むと、嫌でも忘れられなくなります。

『綺譚集』津原 泰水 創元推理文庫 2019年12月13日 4版 綺譚集 (創元推理文庫)

記事を読む

『神様の裏の顔』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『神様の裏の顔』藤崎 翔 角川文庫 2016年8月25日初版 神様の裏の顔 (角川文庫) 神

記事を読む

『起終点駅/ターミナル』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『起終点駅/ターミナル』桜木 紫乃 小学館文庫 2015年3月11日初版 起終点駅(ターミナル

記事を読む

『カナリアは眠れない』(近藤史恵)_書評という名の読書感想文

『カナリアは眠れない』近藤 史恵 祥伝社文庫 1999年7月20日初版 カナリヤは眠れない (

記事を読む

『顔に降りかかる雨/新装版』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『顔に降りかかる雨/新装版』桐野 夏生 講談社文庫 2017年6月15日第一刷 新装版 顔に降

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『日没』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『日没』桐野 夏生 岩波書店 2020年9月29日第1刷 日没

『小説 ドラマ恐怖新聞』(原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭)_書評という名の読書感想文

『小説 ドラマ恐怖新聞』原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ

『夜がどれほど暗くても』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『夜がどれほど暗くても』中山 七里 ハルキ文庫 2020年10月8日

『ボニン浄土』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『ボニン浄土』宇佐美 まこと 小学館 2020年6月21日初版

『向こう側の、ヨーコ』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『向こう側の、ヨーコ』真梨 幸子 光文社文庫 2020年9月20日初

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑