『笹の舟で海をわたる』(角田光代)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/12 『笹の舟で海をわたる』(角田光代), 作家別(か行), 書評(さ行), 角田光代

『笹の舟で海をわたる』角田 光代 毎日新聞社 2014年9月15日第一刷

終戦から10年、主人公・左織(さおり)は22歳の時、銀座で女に声をかけられる。風美子(ふみこ)と名乗る女は、左織と疎開先が一緒だったという。風美子は、あの時皆でいじめた女の子? 「仕返し」のために現れたのか。欲しいものは何でも手に入れるという風美子はやがて左織の「家族」となり、その存在が左織の日常をおびやかし始める。うしろめたい記憶に縛られたまま手に入れた「幸福な人生」の結末は - 。激動の戦後を生き抜いた女たちの〈人生の真実〉に迫る角田文学の最新長編。あの時代を生きたすべての日本人に贈る感動大作! (アマゾン内容紹介より)

『本の雑誌』が選ぶ2014年ベスト10(ノンジャンル)の、第1位であったらしい。

読み始めてまず感じたのは、これは角田光代の小説なんだろうか、ということです。他の誰かが書いた、別の世界の話なのではないかと。

何より驚いたのは、自分(著者)よりかは年上の、それも一世代前の女性の半生が描かれている点です。今は60半ばになった左織の40年余の人生を通して、角田光代はどんなメッセージを伝えたかったのでしょう。

思いのままに生きているかに見える風美子と比べ、左織は如何にも心もとない女性であるように映ります。貞淑で従順に過ぎる彼女は、自分の居場所をこうと決めたら、滅多なことではそこから外へは出ようとしません。

自分の見知った古い時代の生き方に執心し、頑なまでにそれを守ろうとするところがあります。ところが、何かの不都合が生じた場合、夫の温彦からは優しく諌められ、娘の百々子は、明らかに左織を遠ざけるようになります。

ある時左織は百々子に内緒でしてはならない事をし、それを百々子が知るところとなります。左織にとってそのことは、母としてやむにやまれぬ事ではあったのですが、百々子にとっては断じて許せない人として恥ずべき最悪の行為で、百々子は左織を激しく咎めます。

あなたみたいな生き方はまっぴら。なんにも逆らわないで、抗わないで、自分の頭で考えることもしないで、与えられたものをただ受け入れて、それでいて、うまくいかないとぜんぶ人のせいにする」- そう言われ、左織は返す言葉を見つけられずにいます。

左織の、何がそれ程までに角田光代(の書きたいと思う気持ち)を駆り立てたのか? 左織の一々が我慢ならずに、腹を立てているのか。同じ女性としてあまりにいたたまれずに、憐れと思う気持ちを怒りで紛らわしているのでしょうか。

いや、そうではなくて、逆に左織のことを認めようとしているのか。認めるべきだと言いたいのだろうか。娘には愛想を尽かされ、息子のことは何一つ気付きもしない、そんな母であっても、すべてを認めて彼女を許そうとしているのでしょうか。

いやいや、そういうことでもなく、戦中・戦後を生き抜いた、一人の女の半生を描いて - 思えば人生は笹で作った舟を浮かべて遠くうねる大海を渡るがごとく果てなく茫洋とし、行き着く先など誰も見えはしないのだと - そんなことを言いたいのではないかと・・・・

この本を読んでみてください係数  85/100

◆角田 光代
1967年神奈川県横浜市生まれ。
早稲田大学第一文学部文芸専修卒業。

作品 「空中庭園」「かなたの子」「紙の月」「八日目の蝉」「ロック母」「マザコン」「だれかのいとしいひと」「ドラママチ」「それもまたちいさな光」「対岸の彼女」他多数

関連記事

『大阪』(岸政彦 柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『大阪』岸政彦 柴崎友香 河出書房新社 2021年1月30日初版発行 大阪に来た人

記事を読む

『サキの忘れ物』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『サキの忘れ物』津村 記久子 新潮社 2020年6月25日発行 見守っている。あな

記事を読む

『金賢姫全告白 いま、女として』(金賢姫)_書評という名の読書感想文

『金賢姫全告白 いま、女として』金 賢姫 文芸春秋 1991年10月1日第一刷 この本を読んで、

記事を読む

『政治的に正しい警察小説』(葉真中顕)_書評という名の読書感想文

『政治的に正しい警察小説』葉真中 顕 小学館文庫 2017年10月11日初版 飛ぶ

記事を読む

『沙林 偽りの王国 (上下) 』 (帚木蓬生)_書評という名の読書感想文

『沙林 偽りの王国 (上下) 』 帚木 蓬生 新潮文庫 2023年9月1日発行 医

記事を読む

『絞め殺しの樹』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『絞め殺しの樹』 河﨑 秋子 小学館文庫 2024年4月10日 初版第1刷発行 最果ての地・

記事を読む

『鵜頭川村事件』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『鵜頭川村事件』櫛木 理宇 文春文庫 2020年11月10日第1刷 墓参りのため、

記事を読む

『真鶴』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『真鶴』川上 弘美 文春文庫 2009年10月10日第一刷 12年前に夫の礼は失踪した、「真鶴」

記事を読む

『白いしるし』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『白いしるし』西 加奈子 新潮文庫 2013年7月1日発行 【夏目香織】 夏目は32歳の独身

記事を読む

『万引き家族』(是枝裕和)_書評という名の読書感想文

『万引き家族』是枝 裕和 宝島社 2018年6月11日第一刷 「犯罪」 でしか つな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『嗤う淑女 二人 』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『嗤う淑女 二人 』中山 七里 実業之日本社文庫 2024年7月20

『闇祓 Yami-Hara』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『闇祓 Yami-Hara』辻村 深月 角川文庫 2024年6月25

『地雷グリコ』(青崎有吾)_書評という名の読書感想文 

『地雷グリコ』青崎 有吾 角川書店 2024年6月20日 8版発行

『アルジャーノンに花束を/新版』(ダニエル・キイス)_書評という名の読書感想文

『アルジャーノンに花束を/新版』ダニエル・キイス 小尾芙佐訳 ハヤカ

『水たまりで息をする』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『水たまりで息をする』高瀬 隼子 集英社文庫 2024年5月30日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑