『孤独論/逃げよ、生きよ』(田中慎弥)_書評という名の読書感想文

『孤独論/逃げよ、生きよ』田中 慎弥 徳間書店 2017年2月28日初版

作家デビューまで貫き通した孤独な15年間。追い込まれた者だけが知る最終兵器としての思考 - 。孤高の芥川賞作家、窮地からの人生論。(「BOOK」データベースより)

ずいぶんと「辛気臭い」男に思えるが、嫌いではない。そういえば昔、同級生の中に似た奴がいたような、いなかったような・・・・

呆れるくらいシャイなくせに、時々、ぼそっと(聞き取れないほどの小さな声で)思いもしない尖ったもの言いをするので、油断がならない。表情が乏しく、何を思って生きているのか。わかり辛いのだが、話すと案外色んな事を知っており、やはり油断できない。

普段の奴というのは、いつ見ても(どこか具合が悪そうな)白っぽい顔をしており、明らかに運動不足のひょろついた身体で、押せばなんなく倒れてしまうような、見るからに頼りない男で、

わざと気に障るようなことを言うと、顔を真っ赤に最初は抗弁するにはするのだが、それも長くは続かない。次第に無口になり、見ると涙を堪えているようで、悔しいに違いないのだが、言えばまた言い負かされるのがわかっているので、我慢するしか仕方ない。

田中慎弥という作家は、私にとってそんなイメージがする人物なのです。彼より一回りも上の私は、常々、彼をそんなふうに眺めています。(誠に勝手な言い分で申し訳ありません)
・・・・・・・・・
各章のタイトルの次にあるのが、以下にある著名人の格言です。夏目漱石と手塚治虫はいいにして、あとの4人は聞いたこともない。この手の本にはよくあることで、試しに書き出してみました。

第一章 自らを尊しと思わぬものは奴隷なり。(夏目漱石)

第二章 合理化はゆとりや遊びの空間を消して、むしろ人を遠ざけることになる。(手塚治虫)

第三章 孤独の寂しさが人間の心を静かに燃やしてくれる。(前田夕暮)
※前田夕暮は、歌人。明治から昭和期にかけて活動した人。

第四章 時間や手間の無駄を嫌い、学習の便利を追求すればするほど、結局、学習そのものの効果が薄くなる。(吉田武)
※吉田武は、おそらくは歌人。「福島県県民の歌」の作詞者。

第五章 他人と比較して、他人が自分より優れていたとしても、それは恥ではない。しかし、去年の自分より、今年の自分が優れていないのは立派な恥だ。(ジョン・ラボック)
※ジョン・ラボックは、イギリスの銀行家、政治家、生物学者、考古学者。初代エイヴベリー男爵。

第六章 人間の仕事というものは、それが文学であれ、音楽であれ、絵であれ、建築であれ、そのほかなんであれ、常にその人自身の自画像である。(サミュエル・バトラー)
※サミュエル・バトラーは、イギリスの作家。詩人。

さすがは何もしないで本ばかり読んで15年いた人のチョイスです。ここだけ読んでも、為になるといえば為になる。

では、肝心の中身はというと・・・・、申し訳ないのですが、私は書かないでおこうと思います。私みたいな歳をとった人間が書くと、どうしても穿った見方や言い方をしそうで、それはあまりよろしくないのではと。

正しいと思う反面、「今更感」が邪魔をしてうまくありません。言わんとするところは十分理解できますし、そう思って生きてきたつもりではあります。その結果私がどうであったのか、それを言うには歳をとり過ぎて、どうこう言うのはお門違いではないかと。

逃げ方が上手だったのか、下手だったのか。今もそれはわからぬままですが、とりあえず私はこうして生きており、大した後悔もしてはいません。

この本を読んでみてください係数 75/100

◆田中 慎弥
1972年山口県下関市生まれ。
山口県立下関中央工業高等学校卒業。

作品 「切れた鎖」「夜蜘蛛」「神様のいない日本シリーズ」「犬と鴉」「共喰い」「図書準備室」「実験」「燃える家」など

関連記事

『我らが少女A』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『我らが少女A』高村 薫 毎日新聞出版 2019年7月30日発行 一人の少女がいた

記事を読む

『くちびるに歌を』(中田永一)_書評という名の読書感想文

『くちびるに歌を』中田 永一 小学館文庫 2013年12月11日初版 中田永一が「乙一」の別

記事を読む

『サンティアゴの東 渋谷の西』(瀧羽麻子)_書評という名の読書感想文

『サンティアゴの東 渋谷の西』瀧羽 麻子 講談社文庫 2019年5月15日第1刷

記事を読む

『愛と人生』(滝口悠生)_書評という名の読書感想文

『愛と人生』滝口 悠生 講談社文庫 2018年12月14日第一刷 「男はつらいよ」

記事を読む

『彼女がその名を知らない鳥たち』(沼田まほかる)_書評という名の読書感想文

『彼女がその名を知らない鳥たち』沼田 まほかる 幻冬舎文庫 2009年10月10日初版 8年前

記事を読む

『送り火』(高橋弘希)_書評という名の読書感想文

『送り火』高橋 弘希 文藝春秋 2018年7月25日第一刷 春休み、東京から山間の町に引っ越した中

記事を読む

『がん消滅の罠/完全寛解の謎』(岩木一麻)_書評という名の読書感想文

『がん消滅の罠/完全寛解の謎』岩木 一麻 宝島社 2017年1月26日第一刷 日本がんセンターに勤

記事を読む

『死んでいない者』(滝口悠生)_書評という名の読書感想文

『死んでいない者』滝口 悠生 文芸春秋 2016年1月30日初版 秋のある日、大往生をとげた男

記事を読む

『愛されなくても別に』(武田綾乃)_書評という名の読書感想文

『愛されなくても別に』武田 綾乃 講談社文庫 2023年7月14日第1刷発行 “幸

記事を読む

『起終点駅/ターミナル』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『起終点駅/ターミナル』桜木 紫乃 小学館文庫 2015年3月11日初版 今年の秋に映画にな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『揺籠のアディポクル』(市川憂人)_書評という名の読書感想文

『揺籠のアディポクル』市川 憂人 講談社文庫 2024年3月15日

『海神 (わだつみ)』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『海神 (わだつみ)』染井 為人 光文社文庫 2024年2月20日

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑