『ぴんぞろ』(戌井昭人)_書評という名の読書感想文

『ぴんぞろ』戌井 昭人 講談社文庫 2017年2月15日初版


ぴんぞろ (講談社文庫)

 

浅草・酉の市でイカサマ賭博に巻き込まれた脚本家の「おれ」は、まるでサイコロの目に導かれるように、地方のさびれた温泉街に辿り着く。そこであてがわれたのは、ヌード劇場の司会業。三味線弾きのルリ婆さんと、その孫リッちゃんとの共同生活の末に訪れた、意外な結末とは。野間文芸新人賞受賞作家の話題作。(講談社文庫)

流れるようにコトが進むということがあるけれど、座間のピンゾロから、おれはわけもわからず流されて、群馬県の山奥のひなびた温泉場に行く羽目になった。サイコロの目に意味があるのならば、その意味は座間が死んだことでは終わらず、おれ自身のサイコロは転がり続け、いっこうに目が出ないでいた。

舞台は浅草。脚本家の「おれ」は、頼まれた芝居の脚本を長谷川のおっさんに届けると、飲みに行こうというおっさんからの誘いを断り、馴染みの水谷食堂へ行こうと思いつきます。「ほーらやっぱ、ここにいた」と声がして、見ると座間カズオが立っています。

座間は四十代の男で、六区にある演芸場に出ているコメディアンなのですが、数年前から奇術師に弟子入りし芸の転向をはかっています。「おれ」の頼んだつまみを食いながら座間が言うには、実は高座ではやらない手品を密かに練習しているのだと言います。

五年間、毎晩三時間かけて彼が練習していたのは、チンチロリンでサイコロの目をすべて「一」の目に揃えること - ピンゾロという五倍になる役を自在に操り、しかも気付かぬ内に細工したイカサマサイコロを元あったものにすり替えるという技のことでした。

酉の市の日に開かれるというチンチロリンの賭場へ行こうと座間から誘われて、「おれ」は少々ビビりながらも、やりたいという気持ちに抗えず、結局はついて行くことにします。

博打場は南千住にあります。「おれ」はすでに十回勝って、目の前にはお札が積まれています。一方で座間は一度も勝っていません。緊張しているのか、どんぶりの外にサイコロをふり出してしまうションベンや、二倍払わなくてはならない負け役を二回も出しています。

イカサマはまだやっていません。次の座間の番のとき、チラッと彼を見ると、どんぶりからサイコロをすくい出すとき、手首が一瞬、不自然に内側に曲がった気がします。サイコロを握った手を額の前で祈るように回していますが、崖っぷちに取り残されたような表情で、奥歯を強く噛みしめた頬の向こうから、コリコリと音が聞こえてきます。

座間がどんぶりの中にサイコロをふりこもうとした瞬間のことです。五分刈りの男の手が伸び、座間の手首をグイッと掴みます。座間はといえば、目をかっと見開き、赤い毛氈に視線を落としたまま、かたまっています。男はゆっくりと座間の手を引き寄せます。

ぶくぶくと変な音がすると思ったら、座間の口から泡が噴き出て赤い毛氈に落ちてゆくのがわかります。肩をゆすると、足下に熱いものが流れてきて、「おれ」のスボンが濡れてゆきます。座間は小便を漏らし、全身が痙攣し、横に倒れて動かなくなります。
・・・・・・・・・
さてさて、ここに至るまでの話もとびきり面白いのですが、更に上を行くのが、これからあとに続くひなびた温泉場でのあれやこれやの騒動です。それは何とはなしに昭和チックな、アホらしくもどこか切ない、そして時に妖しくエロチックな情景でもあります。

そうなるに及んで「おれ」に目が出たかというと、そうであるよな、ないような。いささか覚束ないのですが、少なくともそこにいたのがルリ婆さんであり、孫のリッちゃんであったのは、「おれ」にとって何より救いであったに違いありません。

この物語になくてはならないのは、浅草界隈にいるいかにもな人々の吐き出す空気と、酉の日の鷲(おおとり)神社で売られている縁起物の熊手、中で中央に位置する「おかめ」の面です。

面は折々に登場し、ただふくよかに微笑むばかりです。但し、その笑みの裏では、生きとし生ける者の憐れや愚かの正体を、全部わかって承知しているようでもあります。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


ぴんぞろ (講談社文庫)

 

◆戌井 昭人
1971年東京都調布市生まれ。
玉川大学文学部演劇専攻卒業。俳優、劇作家。

作品 「鮒のためいき」「どろにやいと」「まずいスープ」「ひっ」「すっぽん心中」「俳優・亀岡拓次」「松竹梅」「ただいま おかえりなさい」他

関連記事

『裸の華』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『裸の華』桜木 紫乃 集英社文庫 2019年3月25日第一刷 裸の華 (集英社文庫)

記事を読む

『きみのためのバラ』(池澤夏樹)_書評という名の読書感想文

『きみのためのバラ』池澤 夏樹 新潮文庫 2010年9月1日発行 きみのためのバラ (新潮文庫

記事を読む

『生きる』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『生きる』乙川 優三郎 文春文庫 2005年1月10日第一刷 生きる (文春文庫) 亡き藩主

記事を読む

『恋に焦がれて吉田の上京』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『恋に焦がれて吉田の上京』朝倉 かすみ 新潮文庫 2015年10月1日発行 恋に焦がれて吉田の

記事を読む

『ぶらんこ乗り』(いしいしんじ)_書評という名の読書感想文

『ぶらんこ乗り』いしい しんじ 新潮文庫 2004年8月1日発行 ぶらんこ乗り &nbs

記事を読む

『八月六日上々天氣』(長野まゆみ)_書評という名の読書感想文

『八月六日上々天氣』長野 まゆみ 河出文庫 2011年7月10日初版 八月六日上々天氣 (河出

記事を読む

『密やかな結晶 新装版』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『密やかな結晶 新装版』小川 洋子 講談社文庫 2020年12月15日第1刷 密やかな結晶 

記事を読む

『ブラックライダー』(東山彰良)_書評という名の読書感想文_その1

『ブラックライダー』(その1)東山 彰良 新潮文庫 2015年11月1日発行 ブラックライダー

記事を読む

『R.S.ヴィラセリョール』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『R.S.ヴィラセリョール』乙川 優三郎 新潮社 2017年3月30日発行 R.S.ヴィラセニ

記事を読む

『十二人の死にたい子どもたち』(冲方丁)_書評という名の読書感想文

『十二人の死にたい子どもたち』冲方 丁 文春文庫 2018年10月10日第一刷 十二人の死にた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『草にすわる』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『草にすわる』白石 一文 文春文庫 2021年1月10日第1刷

『JR品川駅高輪口』(柳美里)_書評という名の読書感想文

『JR品川駅高輪口』柳 美里 河出文庫 2021年2月20日新装版初

『死者のための音楽』(山白朝子)_書評という名の読書感想文

『死者のための音楽』山白 朝子 角川文庫 2013年11月25日初版

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑