『スリーピング・ブッダ』(早見和真)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2017/04/26 『スリーピング・ブッダ』(早見和真), 作家別(は行), 早見和真, 書評(さ行)

『スリーピング・ブッダ』早見 和真 角川文庫 2014年8月25日初版


スリーピング・ブッダ (角川文庫)

敬千宗の大本山・長穏寺に2人の若き僧侶が上山した。北陸の古寺の跡取り、小平広也。バンドでプロを目指すも挫折し、「安定」を求めて仏門を叩いた水原隆春。対照的な2人は、厳しい修行を通じてさまざまな現実に直面する。いまだ続く世襲制、先輩僧侶たちのイジメ、欲にまみれた夜遊び・・・・。やがて彼らはある決意を胸に行動を起こす。そして待ち受ける衝撃の結末とは。生きる意味を問いかける、熱き男たちの青春パンク小説! (角川文庫)

涅槃(ねはん)は、煩悩を断って絶対的な静寂に達した状態。仏教における理想の境地のこと。涅槃仏とは、釈迦が入滅したときの姿を像としてあらわしたものを指して言います。

英語で言うと、sleeping-buddha。寝仏、寝釈迦像、涅槃像とも呼ばれ、すべての教えを説き終えて入滅せんとする姿を顕すとされています。
・・・・・・・・・
先月、まだ寒い風の強い日のことです。80歳を超えた義母の付き添いで、妻と三人して2年前に亡くなった義父の墓参りに行きました。その帰り、(義母に頼まれて)町で一番の仏具屋に寄ったとき、店にあったちょっと変わった色をした数珠を買いました。

緑檀の珠に茶水晶が付いてあります。持ち応えがあり上品で、あまり人が持っていなさそうなのがいい。木箱に入れられ持ち帰ったそれは、(さほど高くもないのに)ずいぶんと立派に見えます。ようやく持つべきものを手に入れた、そんな気がしました。

こんな風に書くと、いかにも年寄りくさい話に思われるでしょう。でも、しょうがないのです。事実歳を取りましたし、そのとき、私は心からその数珠が欲しいと思ったのですから。

それまでは家にあるもの(おそらくは死んだ親父の黒色のいかにもありふれた数珠)を何気に使っていたのですが、持つ機会が増えるにつれ、どうもこれではいかんのではないかと。借り物(あるいは仮の物!? )を手に拝む自分は、心から手を合わせてなどいないだろうと。

せめても「仏」を前にした時ぐらいは思いを籠めて、無心で祈ろうと思うようになりました。そのささやかな手立てとして、自分が選んだ、自分のための数珠が欲しかったのです。

が、若ければこうはいきません。「人はいかに生きるべきか」であるとか、「人を救うとはどういうことか」「救うなどということが本当にできるのか」と投げかけられて、すぐにお寺や仏様のことを思い浮かべるはずもありません。

若い人には一等縁遠いものであるはずです。ましてや【涅槃仏】と言われて、それが如何なる「仏」で、何ゆえあまたの信仰の対象となっているかなど知る由もありません。ちょうどこの物語に登場する、水原隆春のように。

帯に書いてあるほど過激なところはどこにもありません。むしろ「超」が付くほどストイックな話で、隆春を含め登場する主たる4人の若者は、「生きる」という命題に真っ向から挑み、跳ね返され、悩んだ末に長く迷うことになります。

一瞬、彼らには「出口がない」かに思えます。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


スリーピング・ブッダ (角川文庫)

◆早見 和真
1977年神奈川県横浜市生まれ。
國學院大學文学部中退。

作品 「ひゃくはち」「イノセント・デイズ」「東京ドーン」「6 シックス」「ぼくたちの家族」他

関連記事

『静かな雨』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『静かな雨』宮下 奈都 文春文庫 2019年6月10日第1刷 静かな雨 (文春文庫)

記事を読む

『慈雨』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『慈雨』柚月 裕子 集英社文庫 2019年4月25日第1刷 慈雨 (集英社文庫) 警察

記事を読む

『その可能性はすでに考えた』(井上真偽)_書評という名の読書感想文

『その可能性はすでに考えた』井上 真偽 講談社文庫 2018年2月15日第一刷 その可能性はす

記事を読む

『笑う山崎』(花村萬月)_書評という名の読書感想文

『笑う山崎』花村 萬月 祥伝社 1994年3月15日第一刷 笑う山崎 (ノン・ポシェット)

記事を読む

『サクリファイス』(近藤史恵)_書評という名の読書感想文

『サクリファイス』近藤 史恵 新潮文庫 2010年2月1日発行 サクリファイス (新潮文庫)

記事を読む

『サロメ』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『サロメ』原田 マハ 文春文庫 2020年5月10日第1刷 サロメ (文春文庫) 頽廃

記事を読む

『片想い』(東野圭吾)_書評という名の読書感想文

『片想い』東野 圭吾 文春文庫 2004年8月10日第一刷 片想い (文春文庫) 十年ぶりに

記事を読む

『新宿鮫』(大沢在昌)_書評という名の読書感想文(その2)

『新宿鮫』(その2)大沢 在昌 光文社(カッパ・ノベルス) 1990年9月25日初版 新宿鮫

記事を読む

『その日東京駅五時二十五分発』(西川美和)_書評という名の読書感想文

『その日東京駅五時二十五分発』西川 美和 新潮文庫 2015年1月1日発行 その日東京駅五時二

記事を読む

『まぐだら屋のマリア』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『まぐだら屋のマリア』原田 マハ 幻冬舎文庫 2014年2月10日初版 まぐだら屋のマリア (

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『魯肉飯のさえずり』(温又柔)_書評という名の読書感想文

『魯肉飯のさえずり』温 又柔 中央公論新社 2020年8月25日初版

『理系。』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『理系。』川村 元気 文春文庫 2020年9月10日第1刷 理

『樽とタタン』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『樽とタタン』中島 京子 新潮文庫 2020年9月1日発行 樽

『ミーナの行進』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ミーナの行進』小川 洋子 中公文庫 2018年11月30日6刷発行

『破局』(遠野遙)_書評という名の読書感想文

『破局』遠野 遙 河出書房新社 2020年7月30日初版 破局

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑