『リバース』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『リバース』湊 かなえ 講談社文庫 2017年3月15日第一刷


リバース (講談社文庫)

深瀬和久は平凡なサラリーマン。自宅の近所にある〈クローバー・コーヒー〉に通うことが唯一の楽しみだ。そんな穏やかな生活が、越智美穂子との出会いにより華やぎ始める。ある日、彼女のもとへ『深瀬和久は人殺しだ』と書かれた告発文が届く。深瀬は懊悩する。遂にあのことを打ち明ける時がきたのか - と。(講談社文庫)

4月からTBSでドラマになるらしい。作品の出来はともかくも、作る側からすると大層難儀な仕事なんだろうな、とそんな感じがします。

ネットには大々的な番宣があり、(興味のある方なら)凡そはご存じなのではないでしょうか。ですから、(あらすじを追うのではなく)読んだ印象だけを書いておこうと思います。

当たり前のことですが、この手の本は読み切ってこそナンボ、であるわけです。正直に言うと、中盤あたりまでは「ワクワク」も「ドキドキ」もしません。むしろ平坦で、偏がない。(偏がない:起伏がなくてつまらないという意味)

さすがに最後になって - ああ、そうくるか!! - なのですが、断っておきますが、(感心こそすれ)泣いてしまうであるとか、ひどく感動するというわけではありません。

ドラマにおいては、随所に心理的な葛藤や駆け引きのようなものが描かれるのでしょうが、下手をすると、理屈ばかりのまどろっこしい画になってしまうのではないかと。(余計なことですが)そんな心配をしています。

ただこの小説にはちょっと変わった、ある「事情」があります。それが、(やや大袈裟ではありますが)文庫の帯に書いてあります。それを紹介しておきたいと思います。読んで興味が湧けば、試しに、読んでみてください。

かくも本書が「ミステリー」であるのは、その異例な成立事情に因る。というのも、まず版元である講談社の編集部からある〈お題〉が出され、それに応える形で書き出された作品だからだ。

小説本編より先に「解説」に目をとおされている読者もいるだろうから詳しく言えないが、その〈お題〉はこの小説の「最後の一行」をほとんど既定し、極めてアクロバティックな筆さばきが要求されるものである。- 佳多山大地(解説より)

いかがですか? 物語が書かれる以前に、すでに〈リバース〉しているわけです。

 

この本を読んでみてください係数  80/100


リバース (講談社文庫)

◆湊 かなえ
1973年広島県因島市中庄町(現・尾道市因島中庄町)生まれ。
武庫川女子大学家政学部卒業。

作品 「告白」「少女」「贖罪」「Nのために」「夜行観覧車」「望郷」「往復書簡」「境遇」「サファイア」「母性」「絶唱」「ユートピア」他多数

関連記事

『伝説のエンドーくん』(まはら三桃)_書評という名の読書感想文

『伝説のエンドーくん』まはら 三桃 小学館文庫 2018年6月11日初版 伝説のエンドーくん

記事を読む

『ふたり狂い』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『ふたり狂い』真梨 幸子 早川書房 2011年11月15日発行 ふたり狂い (ハヤカワ文庫JA

記事を読む

『羊と鋼の森』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『羊と鋼の森』宮下 奈都 文春文庫 2018年2月10日第一刷 羊と鋼の森 (文春文庫) 高

記事を読む

『魯肉飯のさえずり』(温又柔)_書評という名の読書感想文

『魯肉飯のさえずり』温 又柔 中央公論新社 2020年8月25日初版 魯肉飯のさえずり

記事を読む

『冷血(上・下)』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『冷血(上・下)』高村 薫 朝日新聞社 2012年11月30日発行 冷血(上) &nbs

記事を読む

『螺旋の手術室』(知念実希人)_書評という名の読書感想文

『螺旋の手術室』知念 実希人 新潮文庫 2017年10月1日発行 螺旋の手術室 (新潮文庫)

記事を読む

『告白』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『告白』湊 かなえ 双葉文庫 2010年4月11日第一刷 告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み

記事を読む

『ロコモーション』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『ロコモーション』朝倉 かすみ 光文社文庫 2012年1月20日第一刷 ロコモーション (光文

記事を読む

『神の子どもたちはみな踊る』(村上春樹)_ぼくたちの内なる “廃墟” とは?

『神の子どもたちはみな踊る』村上 春樹 新潮文庫 2019年11月15日33刷 神の子どもた

記事を読む

『すべての男は消耗品である』(村上龍)_書評という名の読書感想文

『すべての男は消耗品である』村上 龍 KKベストセラーズ 1987年8月1日初版 すべての男は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『毒母ですが、なにか』(山口恵以子)_書評という名の読書感想文

『毒母ですが、なにか』山口 恵以子 新潮文庫 2020年9月1日発行

『物語が、始まる』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『物語が、始まる』川上 弘美 中公文庫 2012年4月20日9刷

『魯肉飯のさえずり』(温又柔)_書評という名の読書感想文

『魯肉飯のさえずり』温 又柔 中央公論新社 2020年8月25日初版

『理系。』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『理系。』川村 元気 文春文庫 2020年9月10日第1刷 理

『樽とタタン』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『樽とタタン』中島 京子 新潮文庫 2020年9月1日発行 樽

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑