『サクリファイス』(近藤史恵)_書評という名の読書感想文

『サクリファイス』近藤 史恵 新潮文庫 2010年2月1日発行


サクリファイス (新潮文庫)

ぼくに与えられた使命、それは勝利のためにエースに尽くすこと - 。陸上競技から自転車競技に転じた白石誓(ちかう)は、プロのロードレースチームに所属し、各地を転戦していた。そしてヨーロッパ遠征中、悲劇に遭遇する。アシストとしてのプライド、ライバルたちとの駆け引き。かつての恋人との再会、胸に刻印された死。青春小説とサスペンスが奇跡的な融合を遂げた! 大藪春彦賞受賞作。(新潮文庫)

まずは解説にある大矢博子さんの文章から - 彼女は大の〈自転車好き〉なのだそうです - ざっとしたあらすじを紹介したいと思います。

主人公の白石誓は、もと陸上選手。オリンピック代表を期待されるほどのランナーだったが、勝つための走りに疲れ、引退。たまたま知ったサイクルロードレースの〈自分が勝つために走るのではない〉アシストというシステムに惹かれ、自転車競技に転向する。

ところが、彼と同じチームのベテランエース・石尾には、過去に自分の地位を脅かす若手を事故にみせかけてケガをさせ、再起不能にしたという黒い噂があった。それを承知で次期エースの座を虎視眈々と狙う新人レーサーの伊庭。アシストの役割に満足しているのに、その実力からエース候補だと思われてしまう白石。そしてついに、再び「事故」が起きて・・・・

と続いていくわけですが、(単行本発売前にゲラを読ませてもらった)大矢さんは、なまじ知っている世界が舞台とあって、(実のところは)心配の方が先に立っていたといいます。

何が心配だったかといえば、まず、日本ではマイナーなスポーツである分、単語のひとつひとつから説明しなくてはならないのではないか、ということです。だとしたら、説明過多の小説になってしまうのではないかと。

あるいはそうなるのを避けるがために、初心者におもねるような、物足りない、ヌルい作りになってはいまいか、ということです。

たしかに、私にも似たような思いがあります。なまじリアルに(私の場合、ほとんどがTV観戦ですが)見ているだけに、フィクションでそれ以上のものが味わえるのだろうかと。そう思うと、大概は読む気を失くします。

なら、なぜ読んだのか?

この本に限って言いますと、初めて読んだ著者の『カナリアは眠れない』という小説が気に入ったということはあると思います。近藤史恵という作家の文章が好きになったのが一番の理由で、もう一冊読んでみようという気になりました。

読むと決めたのがこの『サクリファイス』という本で、大藪春彦賞受賞作だというのが大きな理由です。賞を獲った小説が必ずしも面白いとは限りませんが、どうせなら、プロが選んだものを自分はどう感じるのか、それを知りたいと思いました。

しかし、(まぬけなことに)私はこれが自転車競技を扱った本だとは知らずにいました。今思うと、それがよかったのかもしれません。でなければ、きっと違う本を選んでいたかもしれません。少し後悔しながらも読み進めていくと -

(以下は大矢博子さんの解説にある文章です)

ところが、一読して。
ヌルいどころか!  なんというリアリティ、なんという臨場感。ヌルいんじゃないかなんてホザいたのはどこのどいつだ。私だ。ああ、穴があったら自分を埋めてコンクリ流し込みたい。偉そうなこと言ってごめんなさいごめんなさい、今から近藤さんちに行ってマシン磨きますから許してください・・・・という気分でのたうち回ること二十分。

- てな具合になったわけです。そして、さらに驚くべきは、あるいは笑ってしまうしかない、鉄壁のオチがあります。

実は、ある雑誌に、(著者の近藤さんは)ロードレースをリアルに観戦したこともなく、ロードバイクにも乗ったことがない - というコメントが載り、大矢さんはひっくり返ることになります。

・・・・ないのかよ!  経験ないのに、ここまでレーサーの気持ちを汲んで、ここまでリアルな躍動感溢れるレース小説を書いたのかよ! 近藤さんのマシンを磨きますとまで思ったのに! 

- と今度は大いに嘆き、さらに感心することになります。

 

この本を読んでみてください係数  80/100


サクリファイス (新潮文庫)

◆近藤 史恵
1969年大阪府生まれ。
大阪芸術大学文芸学科卒業。

作品 「凍える島」「カナリアは眠れない」「ねむりねずみ」「巴之丞鹿の子」「天使はモップを持って」他多数

関連記事

『殺戮にいたる病』(我孫子武丸)_書評という名の読書感想文

『殺戮にいたる病』我孫子 武丸 講談社文庫 2013年10月13日第一刷 新装版 殺戮にいたる

記事を読む

『脊梁山脈』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『脊梁山脈』乙川 優三郎 新潮文庫 2016年1月1日発行 脊梁山脈 (新潮文庫) &n

記事を読む

『その街の今は』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『その街の今は』柴崎 友香 新潮社 2006年9月30日発行 その街の今は (新潮文庫)

記事を読む

『蓬萊』(今野敏)_書評という名の読書感想文

『蓬萊』今野 敏 講談社文庫 2016年8月10日第一刷 蓬莱 新装版 (講談社文庫) この

記事を読む

『金曜のバカ』(越谷オサム)_書評という名の読書感想文

『金曜のバカ』越谷 オサム 角川文庫 2012年11月25日初版 金曜のバカ (角川文庫)

記事を読む

『静かな炎天』(若竹七海)_書評という名の読書感想文

『静かな炎天』若竹 七海 文春文庫 2016年8月10日第一刷 静かな炎天 (文春文庫) ひ

記事を読む

『憂鬱たち』(金原ひとみ)_書評という名の読書感想文

『憂鬱たち』金原 ひとみ 文芸春秋 2009年9月30日第一刷 憂鬱たち (文春文庫)

記事を読む

『ちょっと今から仕事やめてくる』(北川恵海)_書評という名の読書感想文

『ちょっと今から仕事やめてくる』北川 恵海 メディアワークス文庫 2015年2月25日初版

記事を読む

『JR上野駅公園口』(柳美里)_書評という名の読書感想文

『JR上野駅公園口』柳 美里 河出文庫 2017年2月20日初版 JR上野駅公園口 (河出文庫

記事を読む

『自分を好きになる方法』(本谷有希子)_書評という名の読書感想文

『自分を好きになる方法』本谷 有希子 講談社文庫 2016年6月15日第一刷 自分を好きになる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ユートピア』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『ユートピア』湊 かなえ 集英社文庫 2018年6月30日第一刷

『暗幕のゲルニカ』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『暗幕のゲルニカ』原田 マハ 新潮文庫 2018年7月1日発行

『もう「はい」としか言えない』(松尾スズキ)_書評という名の読書感想文

『もう「はい」としか言えない』松尾 スズキ 文藝春秋 2018年6月3

『あこがれ』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『あこがれ』川上 未映子 新潮文庫 2018年7月1日発行 あこ

『泥濘』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『泥濘』黒川 博行 文藝春秋 2018年6月30日第一刷 泥濘

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑