『スペードの3』(朝井リョウ)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/11 『スペードの3』(朝井リョウ), 作家別(あ行), 書評(さ行), 朝井リョウ

『スペードの3』朝井 リョウ 講談社文庫 2017年4月14日第一刷

有名劇団のかつてのスター〈つかさ様〉のファンクラブ「ファミリア」を束ねる美知代。ところがある時、ファミリアの均衡を乱す者が現れる。つかさ様似の華やかな彼女は昔の同級生。なぜ。過去が呼び出され、思いがけない現実が押し寄せる。息詰まる今を乗り越える切り札はどこに。屈折と希望を描いた連作集。(講談社文庫)

私は、私のために、よりよくなりたい。

それは何時も、誰もが願うことです。但し、自分の考えや、ためを思ってする行動が常に正しいとは限りません。小学生の頃信じてした振る舞いも、大人になって思うとただ身勝手なだけの、独りよがりの思い上がりでしかなかったのかもしれません。

幼かったあの頃の彼女と今の彼女が、〈同じ場所〉にいるとは限りません。否、大抵はもう〈そこ〉にはいないのだと思った方がいい。変わらないと錯覚しているのは、たぶん、あの頃がとても〈生き易かった〉自分だけなんだと。そう思わなければなりません。

なんか、学校みたい」「しかも、小学校
小学校って、勉強ができるとか、足が速いとか、なにかひとつ優れたものがあればまとめ役になれた最後の時代だったよね

理科の実験で進行役をやる、とか、合唱で伴奏をやる、とか、しおりの表紙を書きたがる、とか」- アキは、(美知代を)気にせず続けます。

学級委員をやる、とか
・・・・・・・・・
アキは、見違えるくらいの美しい女性になっています。小学生の頃、ブスで無口で、誰にも相手にされなかったあの少女が、長い時を経て、まるで違う女性になって、再び美知代の前に現れます。

誰もが嫌い、仲間にしなかった彼女を、率先して自分のいるグループに引き入れたのはわたし - 美知代は美知代で、アキはまたアキで、そのときの様子を今でもはっきりと思い出すことができます。

当時美知代は、学級委員をしています。それ以前もずっとそうで、彼女は、それがするべき(学校での)自分に与えられた役割だと信じて疑うことがありません。先生やクラスの仲間たちも、彼女が学級委員であることを十分に認めています。

何の問題もない。美知代がそう思う矢先に、一人の転校生がやって来ます。尾上愛季(おのうえあき)という名の少女は、明らかにクラスにいる女子の中で一番可愛く、字がとても上手で、美知代のほかに唯一人、ピアノを弾くことができます。

愛季は、見る間にクラスに溶け込んでいきます。そして、それとは逆に、美知代は徐々に自分の居場所を失くしていきます。6年生になり、美知代はとうとう学級委員に選ばれなくなってしまいます。

「同じ条件の中でみんなで手をつないで、平等に、手に入らないものを見つめ続けてる。その中で、ちょっとだけ自分がリードしていることに優越感を感じてる。あのときは五十嵐君。いまはつかさ様」

「絶対に近づくことのできないつかさ様に、五十嵐君を重ねてるんでしょ? そうやって、五十嵐君を手に入れられなかった過去の自分を、必死に認めてあげてるんだよね」

美知代は、よく知っているつもりだったアキの外見を改めて見直しています。周りの人にどんな言葉で表現されているのか、何度も何度も聞いてきたはずだったのに、実はその顔を構成しているひとつひとつの形は何も知らなかったのだと思います。

瞼のふくらみ、鼻の筋、そのひとつひとつの形は、実はきれいだったことに気付きます。

(合奏でした)指揮棒を探す。もう治った指で弾けるピアノを探す。みんなで作ったしおりを探す。修学旅行の夜、(大富豪というトランプゲームで)最後まで大切に抱えていたあの(切り札の)カードを探す。だけど、そんなものはもうどこにもない。

そんなものは、もうどこにもないのだと、(別人になった)アキを前にして、美知代はいまさらに思うのでした。

※ 物語は第1章「スペードの3」、第2章「ハートの2」、第3章「ダイヤのエース」と三部で構成されています。蛇足ですが、「アキ」は「尾上愛季」のことではありません。「明元むつ美」という、もう一人いる別の女性のことです。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆朝井 リョウ
1989年岐阜県垂井町生まれ。
早稲田大学文化構想学部卒業。

作品 「桐島、部活やめるってよ」「何者」「世界地図の下書き」「もういちど生まれる」「少女は卒業しない」「何様」他

関連記事

『ざらざら』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『ざらざら』川上 弘美 新潮文庫 2011年3月1日発行 風の吹くまま旅をしよう、と和史が言

記事を読む

『砂漠ダンス』(山下澄人)_書評という名の読書感想文

『砂漠ダンス』山下 澄人 河出文庫 2017年3月30日初版 「砂漠へ行きたいと考えたのはテレビで

記事を読む

『白い夏の墓標』(帚木蓬生)_書評という名の読書感想文

『白い夏の墓標』帚木 蓬生 新潮文庫 2023年7月10日25刷 (昭和58年1月25日発行)

記事を読む

『夫婦一年生』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『夫婦一年生』朝倉 かすみ 小学館文庫 2019年7月21日第2刷発行 新婚なった夫

記事を読む

『ユージニア』(恩田陸)_思った以上にややこしい。容易くない。

『ユージニア』恩田 陸 角川文庫 2018年10月30日17版 [あらすじ]北陸・K

記事を読む

『オロロ畑でつかまえて』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『オロロ畑でつかまえて』 荻原 浩 集英社 1998年1月10日第一刷 萩原浩の代表作と言えば、

記事を読む

『末裔』(絲山秋子)_書評という名の読書感想文

『末裔』絲山 秋子 河出文庫 2023年9月20日 初版発行 家を閉め出された孤独な中年男の

記事を読む

『百年泥』(石井遊佳)_書評という名の読書感想文

『百年泥』石井 遊佳 新潮文庫 2020年8月1日発行 豪雨が続いて百年に一度の洪

記事を読む

『その街の今は』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『その街の今は』柴崎 友香 新潮社 2006年9月30日発行 ここが昔どんなんやったか、知りたいね

記事を読む

『ようこそ、わが家へ』(池井戸潤)_書評という名の読書感想文

『ようこそ、わが家へ』池井戸 潤 小学館文庫 2013年7月10日初版 この本は半沢ブームの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『嗤う淑女 二人 』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『嗤う淑女 二人 』中山 七里 実業之日本社文庫 2024年7月20

『闇祓 Yami-Hara』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『闇祓 Yami-Hara』辻村 深月 角川文庫 2024年6月25

『地雷グリコ』(青崎有吾)_書評という名の読書感想文 

『地雷グリコ』青崎 有吾 角川書店 2024年6月20日 8版発行

『アルジャーノンに花束を/新版』(ダニエル・キイス)_書評という名の読書感想文

『アルジャーノンに花束を/新版』ダニエル・キイス 小尾芙佐訳 ハヤカ

『水たまりで息をする』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『水たまりで息をする』高瀬 隼子 集英社文庫 2024年5月30日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑