『スペードの3』(朝井リョウ)_書評という名の読書感想文

『スペードの3』朝井 リョウ 講談社文庫 2017年4月14日第一刷


スペードの3 (講談社文庫)

有名劇団のかつてのスター〈つかさ様〉のファンクラブ「ファミリア」を束ねる美知代。ところがある時、ファミリアの均衡を乱す者が現れる。つかさ様似の華やかな彼女は昔の同級生。なぜ。過去が呼び出され、思いがけない現実が押し寄せる。息詰まる今を乗り越える切り札はどこに。屈折と希望を描いた連作集。(講談社文庫)

私は、私のために、よりよくなりたい。

それは何時も、誰もが願うことです。但し、自分の考えや、ためを思ってする行動が常に正しいとは限りません。小学生の頃信じてした振る舞いも、大人になって思うとただ身勝手なだけの、独りよがりの思い上がりでしかなかったのかもしれません。

幼かったあの頃の彼女と今の彼女が、〈同じ場所〉にいるとは限りません。否、大抵はもう〈そこ〉にはいないのだと思った方がいい。変わらないと錯覚しているのは、たぶん、あの頃がとても〈生き易かった〉自分だけなんだと。そう思わなければなりません。

なんか、学校みたい」「しかも、小学校
小学校って、勉強ができるとか、足が速いとか、なにかひとつ優れたものがあればまとめ役になれた最後の時代だったよね

理科の実験で進行役をやる、とか、合唱で伴奏をやる、とか、しおりの表紙を書きたがる、とか」- アキは、(美知代を)気にせず続けます。

学級委員をやる、とか
・・・・・・・・・
アキは、見違えるくらいの美しい女性になっています。小学生の頃、ブスで無口で、誰にも相手にされなかったあの少女が、長い時を経て、まるで違う女性になって、再び美知代の前に現れます。

誰もが嫌い、仲間にしなかった彼女を、率先して自分のいるグループに引き入れたのはわたし - 美知代は美知代で、アキはまたアキで、そのときの様子を今でもはっきりと思い出すことができます。

当時美知代は、学級委員をしています。それ以前もずっとそうで、彼女は、それがするべき(学校での)自分に与えられた役割だと信じて疑うことがありません。先生やクラスの仲間たちも、彼女が学級委員であることを十分に認めています。

何の問題もない。美知代がそう思う矢先に、一人の転校生がやって来ます。尾上愛季(おのうえあき)という名の少女は、明らかにクラスにいる女子の中で一番可愛く、字がとても上手で、美知代のほかに唯一人、ピアノを弾くことができます。

愛季は、見る間にクラスに溶け込んでいきます。そして、それとは逆に、美知代は徐々に自分の居場所を失くしていきます。6年生になり、美知代はとうとう学級委員に選ばれなくなってしまいます。

「同じ条件の中でみんなで手をつないで、平等に、手に入らないものを見つめ続けてる。その中で、ちょっとだけ自分がリードしていることに優越感を感じてる。あのときは五十嵐君。いまはつかさ様」

「絶対に近づくことのできないつかさ様に、五十嵐君を重ねてるんでしょ? そうやって、五十嵐君を手に入れられなかった過去の自分を、必死に認めてあげてるんだよね」

美知代は、よく知っているつもりだったアキの外見を改めて見直しています。周りの人にどんな言葉で表現されているのか、何度も何度も聞いてきたはずだったのに、実はその顔を構成しているひとつひとつの形は何も知らなかったのだと思います。

瞼のふくらみ、鼻の筋、そのひとつひとつの形は、実はきれいだったことに気付きます。

(合奏でした)指揮棒を探す。もう治った指で弾けるピアノを探す。みんなで作ったしおりを探す。修学旅行の夜、(大富豪というトランプゲームで)最後まで大切に抱えていたあの(切り札の)カードを探す。だけど、そんなものはもうどこにもない。

そんなものは、もうどこにもないのだと、(別人になった)アキを前にして、美知代はいまさらに思うのでした。

※ 物語は第1章「スペードの3」、第2章「ハートの2」、第3章「ダイヤのエース」と三部で構成されています。蛇足ですが、「アキ」は「尾上愛季」のことではありません。「明元むつ美」という、もう一人いる別の女性のことです。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


スペードの3 (講談社文庫)

◆朝井 リョウ
1989年岐阜県垂井町生まれ。
早稲田大学文化構想学部卒業。

作品 「桐島、部活やめるってよ」「何者」「世界地図の下書き」「もういちど生まれる」「少女は卒業しない」「何様」他

関連記事

『1973年のピンボール』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『1973年のピンボール』村上 春樹 講談社 1980年6月20日初版   1

記事を読む

『不愉快な本の続編』(絲山秋子)_書評という名の読書感想文

『不愉快な本の続編』絲山 秋子 新潮文庫 2015年6月1日発行 不愉快な本の続編 &n

記事を読む

『十二人の死にたい子どもたち』(冲方丁)_書評という名の読書感想文

『十二人の死にたい子どもたち』冲方 丁 文春文庫 2018年10月10日第一刷 十二人の死にた

記事を読む

『さようなら、オレンジ』(岩城けい)_書評という名の読書感想文

『さようなら、オレンジ』岩城 けい ちくま文庫 2015年9月10日第一刷 さようなら、オレン

記事を読む

『静かに、ねぇ、静かに』(本谷有希子)_書評という名の読書感想文

『静かに、ねぇ、静かに』本谷 有希子 講談社 2018年8月21日第一刷 静かに、ねぇ、静かに

記事を読む

『その先の道に消える』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『その先の道に消える』中村 文則 朝日新聞出版 2018年10月30日第一刷 その先の道に消え

記事を読む

『背中の蜘蛛』(誉田哲也)_第162回 直木賞候補作

『背中の蜘蛛』誉田 哲也 双葉社 2019年10月20日第1刷 背中の蜘蛛 池袋署刑事

記事を読む

『ギブ・ミー・ア・チャンス』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『ギブ・ミー・ア・チャンス』荻原 浩 文春文庫 2018年10月10日第1刷 ギブ・ミー・ア

記事を読む

『木洩れ日に泳ぐ魚』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『木洩れ日に泳ぐ魚』恩田 陸 文春文庫 2010年11月10日第一刷 木洩れ日に泳ぐ魚 (文春

記事を読む

『侵蝕 壊される家族の記録』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『侵蝕 壊される家族の記録』櫛木 理宇 角川ホラー文庫 2016年6月25日初版 侵蝕 壊され

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『やわらかな足で人魚は』(香月夕花)_書評という名の読書感想文

『やわらかな足で人魚は』香月 夕花 文春文庫 2021年3月10日第

『ふたりぐらし』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ふたりぐらし』桜木 紫乃 新潮文庫 2021年3月1日発行

『生きるとか死ぬとか父親とか』(ジェーン・スー)_書評という名の読書感想文

『生きるとか死ぬとか父親とか』ジェーン・スー 新潮文庫 2021年3

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』(内澤旬子)_書評という名の読書感想文

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』内澤 旬子 角川文庫 2021年2月2

『白磁の薔薇』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『白磁の薔薇』あさの あつこ 角川文庫 2021年2月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑