『続・ヒーローズ(株)!!! 』(北川恵海)_書評という名の読書感想文

『続・ヒーローズ(株)!!! 』北川 恵海 メディアワークス文庫 2017年4月25日初版


続・ヒーローズ(株)!!! (メディアワークス文庫)

『 ヒーローになりたい方お手伝いします!  』 が売り文句のヒーローズ(株)。いろいろ不思議なこの会社の中で、修司は周りの社員に比べて〈普通〉であることには悩みつつも、仕事に奮闘する毎日を送っていた。ある日事務所に訪れた依頼人は、修司の顔を見るなり泣きだしてしまい・・・・。夢を抱えて、働き、生きる依頼人や同僚たち、それぞれの人生が交差して生まれる絆の物語。読んだ後はきっと、自分にも他人にもエールを送りたくなる、待望のシリーズ第二弾! (メディアワークス文庫)

『 ヒーローズ(株)!!! 』が世に出たのが、今からちょうど1年前。そのまた1年と少し前に発売されたのが『ちょっと今から仕事やめてくる』という傑作な小説で、二冊の本を読み、たちまち私は北川恵海という(未だ正体不明の)新人作家のファンになりました。

ちょうどよい具合の軽さでとても読みやすい。難しいことは何ひとつ書いてない。ドロドロ感がまるでなく、ありそうもない話とわかりつつ、そのうち段々と(そんなことはおかまいなしに)夢中になって読んでいる・・・・

それで十分だと思うのですが、腹が立つことに(これ、褒め言葉です)最後あたりになると、胸が詰まって泣きそうになります。こんな出物(!? )を見つけた偶然に、ちょっと「得をした」ような気持ちになります。

『ヒーローズ(株)!!! 』を読んだとき、私は、中に登場する老紳士の〈道野辺さん〉とチャラ男を絵に描いたような〈ミヤビ〉という人物、この二人がとてもいいと思い、ブログにもそう書きました。

その気持ちは今でも同じなのですが、今回、二人の他にさらに「いい奴」がいたのがわかります。一見ちゃらんぽらんで、脇役としか思っていなかった佐々木拓という若者 - 彼こそが、この続編における一番の主役と言っていいでしょう。

拓は、修司 - 修司は拓に頼まれて最初一週間だけヒーローズで働くことになりその後社員となるこの小説の語り手です - が暮らす安アパートの近所に住む大学生。コンビニでアルバイトをしながらコンパ三昧、だとばかり(修司は)思っていたのですが、

実は、拓はヒーローズに元からいる社員で、中でもスカウトを中心とした業務を行うアンダーグラウンドな存在で、つまりは、修司は拓が意図した巧みな誘導で、(かなりの難関を自力でクリアしたとはいえ)まんまと術中に嵌まり、なるべくしてヒーローズの社員となったわけです。

修司は何も知らされていないのですが、拓は、道野辺さんとも、ミヤビとも、実は深くて太い関係を持っています。「関係」と言うより、むしろそれは「絆」と言った方が良いような間柄で、知る度に、修司は大いに驚くことになります。

その過程の中で、いくつかのエピソード(=ヒーローズへの依頼事)が語られてゆきます。

※どちらが面白いですかと訊かれたら、迷わず私は『ヒーローズ(株)!!! 』、つまり最初に出た方を挙げます。でもこれは仕方ない。最初がすごく良かったので、次はもっと大きな期待をしてしまう。悲しいかな、それは続編が持つ運命というもので・・・・、残念!! 

 

この本を読んでみてください係数 80/100


続・ヒーローズ(株)!!! (メディアワークス文庫)

◆北川 恵海
大阪府吹田市生まれ。

作品「ちょっと今から仕事やめてくる」「ヒーローズ(株)!!! 」

関連記事

『後妻業』黒川博行_書評という名の読書感想文(その1)

『後妻業』(その1) 黒川 博行 文芸春秋 2014年8月30日第一刷 後妻業 &nbs

記事を読む

『なめらかで熱くて甘苦しくて』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『なめらかで熱くて甘苦しくて』川上 弘美 新潮文庫 2015年8月1日発行 なめらかで熱くて甘

記事を読む

『地獄行きでもかまわない』(大石圭)_書評という名の読書感想文

『地獄行きでもかまわない』大石 圭 光文社文庫 2016年1月20日初版 地獄行きでもかまわな

記事を読む

『グロテスク』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『グロテスク』桐野 夏生 文芸春秋 2003年6月30日第一刷 グロテスク  

記事を読む

『対岸の彼女』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『対岸の彼女』角田 光代 文春文庫 2007年10月10日第一刷 対岸の彼女 (文春文庫)

記事を読む

『ロック母』:「ゆうべの神様」と「ロック母」(角田光代)_書評という名の読書感想文

『ロック母』:「ゆうべの神様」と「ロック母」角田 光代 講談社文庫 2010年6月15日第一刷

記事を読む

『色彩の息子』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『色彩の息子』山田 詠美 集英社文庫 2014年11月25日初版 色彩の息子 (集英社文庫)

記事を読む

『新宿鮫』(大沢在昌)_書評という名の読書感想文(その2)

『新宿鮫』(その2)大沢 在昌 光文社(カッパ・ノベルス) 1990年9月25日初版 新宿鮫

記事を読む

『最悪』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『最悪』奥田 英朗 講談社 1999年2月18日第一刷 最悪 (講談社文庫)  

記事を読む

『国境』(黒川博行)_書評という名の読書感想文(その1)

『国境』(その1)黒川 博行 講談社 2001年10月30日第一刷 国境 上 (文春文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『老後の資金がありません』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『老後の資金がありません』垣谷 美雨 中公文庫 2018年3月25日初

『その可能性はすでに考えた』(井上真偽)_書評という名の読書感想文

『その可能性はすでに考えた』井上 真偽 講談社文庫 2018年2月15

『ラメルノエリキサ』(渡辺優)_書評という名の読書感想文

『ラメルノエリキサ』渡辺 優 集英社文庫 2018年2月25日第一刷

『銀河鉄道の父』(門井慶喜)_書評という名の読書感想文

『銀河鉄道の父』門井 慶喜 講談社 2017年9月12日第一刷

『虹』(周防柳)_書評という名の読書感想文

『虹』周防 柳 集英社文庫 2018年3月25日第一刷 虹 (集

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑