『煩悩の子』(大道珠貴)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/11 『煩悩の子』(大道珠貴), 作家別(た行), 大道珠貴, 書評(は行)

『煩悩の子』大道 珠貴 双葉文庫 2017年5月14日第一刷

桐生極(きわみ)は小学五年生。いつも周囲にずれを感じているが、なぜなのかよく分からない。どういう局面でも腑に落ちないし、落ち着かない。でも、油断はしていない。ただひとつだけ分かっているのは、いまここで間違ったら、先々どんくさい人間になりかねないということだ - 。世界と向き合い始めた少女の日々の観察と分析をシニカルなユーモアで描く成長小説。(双葉文庫)

子どもは案外考えている。

この世に大人はいないんやないか。極は自分に訊いた。おらん。自分で答える。父も母も新海先生もほかの先生も、やっぱし子どものままだ。子どもが子どもを産んだひとたち、子どもが子どもを教育しているひとたちなんやな。

子どもは大人に気を遣い、わかっていることも、わからないふりをし、大人が惨めに見えても、知らんふりをする。そして、じわじわ離れていくのだ。

極は(小学5年生であるにもかかわらず)既に十分〈おとなおとな〉しています。顔つきからしてそうで、とくに彼女は〈幸薄そうな〉顔をしています。面長、こけた頬、眉間のしわ、ひとえまぶたと吊りあがった目、いばって見える高い鼻。

どれをとっても冷たい印象で、ひらきなおって尻まで伸ばした髪をアップにし、うなじにおくれ毛をたらすと、見事に人生に疲れたヤサグレ女に見えます。歯をくいしばるのが癖で、目つきが悪く、黙っているだけで「なんか怒っとうと? 」と訊かれます。

声が低く、ややしゃがれており、あまりしゃべらない子どもです。気持ちをすぐに表すことができません。というか、少し頭で考えてからでないと声が出ないのです。顔は大人でもあがり症がひどいので、すぐに真っ赤になります。

本を読んでいると、自分が「自意識過剰」であるのがわかります。大人みたいな極ではありますが、実は、肩が凝るほどいつも緊張しています。なにか、ぎこちない。なにか、おおげさに意識してしまう - そんな感じがしています。

たいしたことのない自分。その自分を、この自分は、たいしたことあるように、庇っているのだ、と彼女は考えています。

1970年代。舞台は九州、福岡。町の郊外は明るく混沌とし、公害スモッグの臭いが香ばしくあたり一面に漂い、沼には巨大なオタマジャクシが棲んでおり、家の庭をのらりくらりと横ぎる蛇は、守り神さまとして崇められていたあの頃 -

子どもたちは欲望だらけで、目の前に転がってくるものを手あたり次第、弄んだ。人間でも、自然でも、遊び道具にした。生意気なのは横着者と呼ばれた。「のぼせんなよ」が、お決まりのケンカ言葉、敵は自分以外、全員だ。

いつかは死ねると思うと、いまこのときこそが愉快だった。腹の底から笑うと涙がちょちょぎれるのを知ったのもこのころだった。今日のことはもう忘れた。明日のことは明日のこと。無邪気な子どもなんていない。そしてこの先どうなるかなんぞと憂う子どももまた、いなかった。

桐生極の、11歳から12歳にかけての話です。

この本を読んでみてください係数  75/100

◆大道 珠貴
1966年福岡県生まれ。
福岡中央高校卒業。

作品 「裸」「スッポン」「ゆううつな苺」「しょっぱいドライブ」「傷口にはウオッカ」「背く子」「きれいごと」他多数

関連記事

『青色讃歌』(丹下健太)_書評という名の読書感想文

『青色讃歌』丹下 健太 河出書房新社 2007年11月30日初版 第44回文藝賞受賞作。同棲す

記事を読む

『羊と鋼の森』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『羊と鋼の森』宮下 奈都 文春文庫 2018年2月10日第一刷 高校生の時、偶然ピアノ調律師の板鳥

記事を読む

『バラカ』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『バラカ』桐野 夏生 集英社 2016年2月29日第一刷 アラブ首長国連邦最大の都市・ドバイ

記事を読む

『パリ行ったことないの』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『パリ行ったことないの』山内 マリコ 集英社文庫 2017年4月25日第一刷 女性たちの憧れの街〈

記事を読む

『ハーレーじじいの背中』(坂井希久子)_書評という名の読書感想文

『ハーレーじじいの背中』坂井 希久子 双葉文庫 2019年1月13日第一刷 坂井希

記事を読む

『犬婿入り』(多和田葉子)_書評という名の読書感想文

『犬婿入り』多和田 葉子 講談社文庫 1998年10月15日第一刷 多摩川べりのありふれた町の学習

記事を読む

『花や咲く咲く』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『花や咲く咲く』あさの あつこ 実業之日本社文庫 2016年10月15日初版 昭和18年、初夏。小

記事を読む

『HEAVEN/萩原重化学工業連続殺人事件』(浦賀和宏)_書評という名の読書感想文

『HEAVEN/萩原重化学工業連続殺人事件』浦賀 和宏  幻冬舎文庫  2018年4月10日初版

記事を読む

『骨を彩る』(彩瀬まる)_書評という名の読書感想文

『骨を彩る』彩瀬 まる 幻冬舎文庫 2017年2月10日初版 十年前に妻を失うも、最近心揺れる女性

記事を読む

『離れ折紙』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『離れ折紙』黒川 博行 文春文庫 2015年11月10日第一刷 コン・ゲームの名手による異色

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『嗤う淑女 二人 』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『嗤う淑女 二人 』中山 七里 実業之日本社文庫 2024年7月20

『闇祓 Yami-Hara』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『闇祓 Yami-Hara』辻村 深月 角川文庫 2024年6月25

『地雷グリコ』(青崎有吾)_書評という名の読書感想文 

『地雷グリコ』青崎 有吾 角川書店 2024年6月20日 8版発行

『アルジャーノンに花束を/新版』(ダニエル・キイス)_書評という名の読書感想文

『アルジャーノンに花束を/新版』ダニエル・キイス 小尾芙佐訳 ハヤカ

『水たまりで息をする』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『水たまりで息をする』高瀬 隼子 集英社文庫 2024年5月30日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑