『ひと呼んでミツコ』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『ひと呼んでミツコ』姫野 カオルコ 集英社文庫 2001年8月25日第一刷


ひと呼んでミツコ (集英社文庫)

彼女はミツコ。私立薔薇十字女子大英文科在籍中。名高い香水と同じ名前を持つ女 - 。その盲腸の手術痕がうずく時、不埒なやつらに公衆道徳の鉄槌が下る。強力倫理観と超人的能力をあわせ持つスーパー学生ミツコは今日も行く。荒廃する現代社会を憂うすべての市民、まっとうゆえに切歯扼腕している老若男女必読。文学のジャンルを超越した傑作小説。21世紀はミツコの時代だ。(集英社文庫)
※切歯扼腕:はなはだしく怒り、非常にくやしく思うことの形容。

わたしは三子。私立薔薇十字女子大英文科在籍中。
ひとはわたしをMITSOUKOと呼ぶ。MITSOUKO、ゲランの名高い香水。

7つある章は、決まってこんな〈きめ台詞〉で始まります。で、あとに続く文章がおもしろい。明らかに、洒落で書いてあるのがわかります。例えばVol.6 -

わたしは三子。私立薔薇十字女子大英文科在籍中。
ひとはわたしをMITSOUKOと呼ぶ。MITSOUKO、ゲランの名高い香水。
その神秘的で官能的な香りを、一糸まとわぬ全身にふりそそげば、わたしは一介の女子大生ではなくなる。

カーミラに変身する。(女吸血鬼。ロジェ・バディム監督の『血とバラ』参照) 聖水をふりかけられたカーミラに。
肌がかぶれるのだ。

と続きます。面白いのでそのまた続きをいうと、

香水にかぎらない。たいていの化粧品に、わたしの皮膚はかぶれる。パンティ・ストッキングにもかぶれる。サロンパスにもかぶれる。・・・・あるいは、

・・・・ MITSOUKO、ゲランの名高い香水。神秘的で官能的な香り、と言っているだけではなく一回くらい実際につけてみてもいいと思うが18000円もするので、ほんとうはつけたことがない。(Vol.5)等々。

※但:これら一連の文章は、いわばこれから始まるミツコの、ちょっと、いや、かなり〈屈折した一人語り〉を予感させる、彼女ならではの決意表明とでも思ってください。あと半分は単なるギャグです。

少し長くなりますが、単行本のあとがきを紹介しましょう。

ミツコは、まじめですが、あまり頭のよい学生ではありません。要領も悪い。もののはずみで「薔薇十字女子大」に入学してしまいました。

世間にまかりとおっている微妙な悪。さいしょは微妙でも積もれば凶悪ともなる悪。積もり積もって凶悪になってはじめて多くの人は、それが悪であったと知るけれど、積もらぬ前からそこに悪の匂いを嗅ぎつけるのは律儀な人です。ミツコは、言ってみれば、「律儀の味方」でしょうか。正義の味方というよりは。

彼女は、自分の趣味や嗜好だけが正しいとは考えません。世の中には千差万別の趣味や嗜好があるわけで、「自分とは違う言動をする人もたくさんいる」という事実を理解しています。

しかるに、あるひとつの趣味や思考、考え方や行動のみが他を踏みにじることに怒りを覚えます。しかも、怒るときには律儀に、その相手の次元に合わせて怒ります。

私はこの物語を深刻な気持ちで書きました。今の日本において「さっぱりした人柄」を体得できずに「場違い」になっている人たちに光を当てたかった。活字メディアの枠をできるかぎり破り、かつ、活かして、彼らに主役をやってほしかった。さっぱりした人柄を体得している人は、現代日本でいつも主役なのだから。

阿呆らしいと馬鹿にせず、小難しいと投げ出さず、どうか彼女の真摯な訴えにしばし耳を傾けてやってください。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


ひと呼んでミツコ (集英社文庫)

◆姫野 カオルコ
1958年滋賀県甲賀市生まれ。
青山学院大学文学部日本文学科卒業。

作品 「受難」「整形美女」「ツ、イ、ラ、ク」「リアル・シンデレラ」「昭和の犬」「純喫茶」「部長と池袋」他多数

関連記事

『ビタミンF』(重松清)_書評という名の読書感想文

『ビタミンF』重松 清 新潮社 2000年8月20日発行 ビタミンF (新潮文庫) &n

記事を読む

『ハラサキ』(野城亮)_書評という名の読書感想文

『ハラサキ』野城 亮 角川ホラー文庫 2017年10月25日初版 ハラサキ (角川ホラー文庫)

記事を読む

『ふくわらい』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『ふくわらい』西 加奈子 朝日文庫 2015年9月30日第一刷 ふくわらい (朝日文庫)

記事を読む

『ホーンテッド・キャンパス』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『ホーンテッド・キャンパス』櫛木 理宇 角川ホラー文庫 2012年12月25日初版 ホーンテッ

記事を読む

『ハリガネムシ』(吉村萬壱)_書評という名の読書感想文

『ハリガネムシ』吉村 萬壱 文芸春秋 2003年8月31日第一刷 ハリガネムシ (文春文庫)

記事を読む

『呪文』(星野智幸)_書評という名の読書感想文

『呪文』星野 智幸 河出文庫 2018年9月20日初版 呪文 (河出文庫) さびれゆく商

記事を読む

『異邦人(いりびと)』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『異邦人(いりびと)』原田 マハ PHP文芸文庫 2018年3月22日第一刷 異邦人(いりびと

記事を読む

『走ル』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『走ル』羽田 圭介 河出文庫 2010年11月20日初版 走ル (河出文庫)  

記事を読む

『逃亡作法 TURD ON THE RUN(上・下)』(東山彰良)_書評という名の読書感想文

『逃亡作法 TURD ON THE RUN』(上・下)東山 彰良 宝島社文庫 2009年9月19日第

記事を読む

『薄情』(絲山秋子)_書評という名の読書感想文

『薄情』絲山 秋子 河出文庫 2018年7月20日初版 薄情 (河出文庫) 地方都市に暮らす

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『やわらかな足で人魚は』(香月夕花)_書評という名の読書感想文

『やわらかな足で人魚は』香月 夕花 文春文庫 2021年3月10日第

『ふたりぐらし』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ふたりぐらし』桜木 紫乃 新潮文庫 2021年3月1日発行

『生きるとか死ぬとか父親とか』(ジェーン・スー)_書評という名の読書感想文

『生きるとか死ぬとか父親とか』ジェーン・スー 新潮文庫 2021年3

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』(内澤旬子)_書評という名の読書感想文

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』内澤 旬子 角川文庫 2021年2月2

『白磁の薔薇』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『白磁の薔薇』あさの あつこ 角川文庫 2021年2月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑