『田舎でロックンロール』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2015/04/01 『田舎でロックンロール』(奥田英朗), 作家別(あ行), 奥田英朗, 書評(あ行)

『田舎でロックンロール』奥田 英朗 角川書店 2014年10月30日初版


田舎でロックンロール

 

奥田英朗が好きである。

 

これは小説ではありません。ロックに目覚め、ロックと共に過ごした青春時代が、小説家・奥田英朗の原点であることを証明した洋楽体験記です。

1972年の春、13歳のオクダ少年は念願のラジオを買います。親にねだって手に入れたのではなく、お年玉と貯金で自分が買ったものでした。

現在のように家電量販店があるでなし、ましてインターネットのイもない時代の話ですから、オクダ少年がラジオを買ったのは町の小さな電気店でした。

展示品も在庫もなく、カタログで選んで注文するわけです。当時田舎町ではどこも似たようなもので、オクダ少年が暮らす岐阜の各務原もまた同様の田舎町だったのです。

あぁ、分かるなぁ。これ私とそっくり一緒の記憶。私の場合はレコードプレーヤー。高校入学前の休みにアルバイトして、やっと手に入れたのです。

ラジオを手に入れたことで、オクダ少年の生活はガラリと一変します。晩御飯を済ませるとただちに二階の自分の部屋にこもり、ラジオを聴きながら自分の時間を過ごすようになります。

これ、親離れの瞬間ですよね。夕食の後家族揃ってテレビを観ていた団欒はあっさりと魅力を失い、ひたすら独りになりたくなる人生の季節が到来したのです。

オクダ少年の音楽遍歴は岐阜放送の「ヤングスタジオ1430」からスタートを切ります。

まずは、歌謡曲..南沙織、麻丘めぐみ、天地真理..あぁ、やっぱりこれも同じだぁ。私が初めて買ったレコードは、天地真理の『水色の恋』でした。

そして次は、フォーク..吉田拓郎、泉谷しげる、あがた森魚..私は、吉田拓郎と井上陽水。まだLPレコード捨てずに持ってます。何と言ってもNO.1は『氷の世界』なのだ。

この段階を早々にクリアしたオクダ少年の次なる関心は、外国のポップスへと向かいます。大変自然な流れです。

まずはキャッチーなポップスナンバーに惹かれるのですが、その理由がまことに素直に語られています。正直に言うと、私もそうならあなただってきっとそうだったに違いありません。

「惹かれた理由は・・、なぜかしらん。自分でもよくわからん。西洋に対する憧れがあったのか、外国の曲を聴くという行為がインテリっぽく思えたのか、単純に曲がよかったのか・・
たぶんその全部だろう。外国のポップスを聴くと、日本の音楽はどれもみすぼらしく感じ、もう歌謡曲にもフォークにも戻れなくなった。」

かくして彼のフェイヴァリット・プログラムは、ヤンスタから「ホリデイ・ヒット・ポップス」へと移行し、毎週ヒットチャートをチェックしてはせっせと記録するまでになります。

執拗な懇願が功を奏して、遂に父親がステレオを購入すると決めたことにオクダ少年は狂喜します。

これでやっと好きなレコードが死ぬほど聴けるようになる。この日のために貯金をし、最初に買うべきレコードも既にリストアップ済みのオクダ少年でした。

彼が買った最初のレコードは、3枚。
まずビートルズの「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」、ELP「展覧会の絵」、そしてピンク・フロイドの「狂気」でした。

買ったレコードを繰り返し聴く毎日のオクダ少年ですが、彼のコレクションは瞬く間に周囲を圧倒するまでになり、学業はそっちのけで更にロックに傾倒して行くのでした。

 

中学生からロック音楽にハマったオクダ少年は、高校生の頃になるともはやロックに関する知識は一般のレベルの遥か上を行く領域に達していました。

単に聴いて心地よいものに留まらず、ミュージシャンや楽曲の背景を成す物語にも関心は及んでいくのですが、私の理解はこの辺りが限界です。

最初からマニアを想定して書いていると言う通り、後半のロック談は作者同等もしくはそれ以上の同好の士にお任せしたいと思います。

奥田英朗はその頃台頭してきたパンクや社会派のミュージシャンが嫌いだったと言い、それは今もそうだと書いています。

作家に例えると、好きなのは職人タイプ。口数が多くてテーマ性に頼る作家は、表現力のなさの言い訳に聞こえる、と批判的に書いています。

表には出なくとも、バックできっちりと自分流儀のプレイを見せる奏者になぞらえて、誰か目利きに気づいてもらいたい..。

そんな作家を密かに目指しておるのだよ、と最後は結んでいます。

 

(参考)
各コマの最後のページでは、当時のアルバムが写真付きで紹介されています。往年のファンにはさぞ懐かしいと思いますよ。

ボーナス・トラックとして、巻末には短編小説『ホリデイ・ヒット・ポップス!』が収録されています。

 

この本を読んでみてください係数 90/100


田舎でロックンロール

◆奥田 英朗

1959年岐阜県岐阜市生まれ。

岐阜県立岐山高等学校卒業。プランナー、コピーライター、構成作家を経て小説家としてデビュー。

作品 「ウランバーナの森」「最悪」「邪魔」「東京物語」「イン・ザ・プール」「空中ブランコ」「町長選挙」「ララピポ」「オリンピックの身代金」「ナオミとカナコ」他多数

◇ブログランキング

応援クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『悪い恋人』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『悪い恋人』井上 荒野 朝日文庫 2018年7月30日第一刷 悪い恋人 (朝日文庫) 恋

記事を読む

『やがて海へと届く』(彩瀬まる)_書評という名の読書感想文

『やがて海へと届く』彩瀬 まる 講談社文庫 2019年2月15日第一刷 やがて海へと届く (

記事を読む

『少女奇譚/あたしたちは無敵』(朝倉かすみ)_朝倉かすみが描く少女の “リアル”

『少女奇譚/あたしたちは無敵』朝倉 かすみ 角川文庫 2019年10月25日初版 少女奇譚

記事を読む

『アカガミ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『アカガミ』窪 美澄 河出文庫 2018年10月20日初版 アカガミ (河出文庫) 渋谷で出

記事を読む

『逢魔』(唯川恵)_書評という名の読書感想文

『逢魔』唯川 恵 新潮文庫 2017年6月1日発行 逢魔 (新潮文庫) 抱かれたい。触られた

記事を読む

『さまよえる脳髄』(逢坂剛)_あなたは脳梁断裂という言葉をご存じだろうか。

『さまよえる脳髄』逢坂 剛 集英社文庫 2019年11月6日第5刷 さまよえる脳髄 (集英社

記事を読む

『乙女の家』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『乙女の家』朝倉 かすみ 新潮文庫 2017年9月1日発行 乙女の家 (新潮文庫) 内縁関係

記事を読む

『死にたくなったら電話して』(李龍徳/イ・ヨンドク)_書評という名の読書感想文

『死にたくなったら電話して』李龍徳(イ・ヨンドク) 河出書房新社 2014年11月30日初版

記事を読む

『鯖』(赤松利市)_書評という名の読書感想文

『鯖』赤松 利市 徳間書店 2018年7月31日初刷 鯖 (文芸書) 読めば、地獄。狂気

記事を読む

『命売ります』(三島由紀夫)_書評という名の読書感想文

『命売ります』三島 由紀夫 ちくま文庫 1998年2月24日第一刷 命売ります (ちくま文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ホワイトラビット』(伊坂幸太郎)_書評という名の読書感想文

『ホワイトラビット』伊坂 幸太郎 新潮文庫 2020年7月1日発行

『カレーライス』(重松清)_教室で出会った重松清

『カレーライス』重松 清 新潮文庫 2020年7月1日発行 カ

『逃亡刑事』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『逃亡刑事』中山 七里 PHP文芸文庫 2020年7月2日第1刷

『太陽の塔』(森見登美彦)_書評という名の読書感想文

『太陽の塔』森見 登美彦 新潮文庫 2018年6月5日27刷

『ここは、おしまいの地』(こだま)_書評という名の読書感想文

『ここは、おしまいの地』こだま 講談社文庫 2020年6月11日第1

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑