『断片的なものの社会学』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『断片的なものの社会学』岸 政彦 朝日出版社 2015年6月10日初版


断片的なものの社会学

「この本は何も教えてくれない。ただ深く豊かに惑うだけだ。そしてずっと、黙ってそばにいてくれる。小石や犬のように。私はこの本を必要としている」(星野智幸)

那覇の繁華街からかなり離れた、宜野湾という少し寂しいところで、地元の友人にスナックに連れていってもらったときの話。

静かな住宅街にあるその店に入ると、カウンターの中に若いフィリピン人の女の子がおり、名をマリアといった。彼女はとても「ふくよか」な子で、明るく楽しい、いかにもフィリピン人の女の子という感じだったが、色々と話を聞くうちに、なぜか泣き出してしまった。

もう9年も家に帰ってない。田舎はマニラから遠く離れた小さな島にある。家族はみんなそこにいる。兄弟姉妹が7人もいて、私は一番上なので下の子たちの面倒をみるため日本に来た。最初は川崎のフィリピンパブで働いていた。そして、すぐに常連の男と結婚した。

たまたまその男が沖縄出身で、一緒に沖縄に帰ってきた。沖縄に帰ってすぐ、その男が、仕事をしなくなった。仕方なくマリアはまたホステスとして働き始めた。そしてそれからも、離婚とか、色々なことを経て、今この店にいるのだという。

一番上の弟が大学に進学し、私が学費を稼がないといけない。だから、この店でがんばります。ママさんもいいひとだし。でも、帰りたい。(本当の)ママに会いたい。

その時店のドアが開き、常連のおっちゃんがどやどやと何人か入ってくると、いきなりマリアの大きな乳房をわしづかみにして、「また太ったな! 」と言うと爆笑した。マリアも笑いながらその手をはねのけ、おっちゃんの泡盛のボトルを探しにカウンターの奥へ入った。

これは「出ていくことと帰ること」という章にある文章。後先なくこんな話があり、次に、大阪で日雇いのドカタとして暮らしていた著者の若い頃の話へと移ってゆきます。

ある建築現場でいつも一緒になるおっちゃんの話。昼休み、何となく話を聞いていると、おっちゃんは唐突に、家に帰りたい、と言い出します。帰ったらええやん、もうすぐ終わるで。アホかその家ちゃうわ。生まれた家や。ああそっちの家か。実家か。そうや。

その時おっちゃんは50代後半か、60歳ぐらい。実家へはもう30年以上帰ってないという。唯一、まだ姉の家の電話番号だけは記憶していて、「台風や地震のときはな、大丈夫か、いうて、たまにこっそり電話するんや」。

いまはもう、そのおっちゃんも、生きてるか死んでるかわからないが、たぶん、実家に帰ることは二度となかっただろうと思う。

そして今度は、「那覇で乗ったタクシーの、奄美出身の運転手」の話へと場面を変えます。

ここには、リアルなだけの市井の人たちの話ばかりが収められています。つかみどころがなく、ちょっといい話で感動しようとするとスルッと逃げてしまう。そんな感じがする話ばかりが続きます。

平凡で、普通で、解釈や理解をすり抜けた先にある、何でもない話。ただそこにある、「分析できない」、「無意味な」出来事の一つひとつ。そこに「教訓」などというのはいっさいありません。

しかし、考えてみてください。往々にして人というのは、そんな断片的なシーンに限ってこそよく憶えているもので、それ故、その積み重ねは世界を理解する上での大いなる端緒になりはしないのだろうかと。

私たちは私たちの人生に縛りつけられている。私たちは自分の人生をイチから選ぶことができない。なにかとても理不尽ないきさつによって、ある特定の時代の特定の場所に生まれ、さまざまな「不充分さ」をかかえたこの私というものに閉じこめられて、一生を生きるしかない。

私たちの人生には、欠けているものがたくさんある。私たちは、たいした才能もなく、金持ちでもなく、完全な肉体でもない。このしょうもない自分というものと、死ぬまで付き合っていかなくてはならない。

私たちは、自分たちのこの境遇を、なにかの罰だと、誰かのせいだと、うっかり思ってしまうことがある。しかし言うまでもなく、自分がこの自分に生まれてしまったということは、何の罰でも、誰のせいでもない。それはただ無意味な偶然である。

著者である岸政彦氏は〈誰にも隠されていないが、誰の目にも触れない〉語りは美しいといいます。徹底的に世俗的で、徹底的に孤独で、徹底的に厖大なこのすばらしい語りたちの美しさは、一つひとつの語りが無意味であることによって可能になっているのだと。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


断片的なものの社会学

◆岸 政彦
1967年生まれ。
大阪市立大学大学院文学研究科単位取得退学。社会学者。

作品 「同化と他者化 - 戦後沖縄の本土就職者たち」「街の人生」「ビニール傘」など

関連記事

『デッドエンドの思い出』(よしもとばなな)_書評という名の読書感想文

『デッドエンドの思い出』よしもと ばなな 文春文庫 2006年7月10日第一刷 デッドエンドの

記事を読む

『夜また夜の深い夜』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『夜また夜の深い夜』桐野 夏生 幻冬舎 2014年10月10日第一刷 夜また夜の深い夜

記事を読む

『図書準備室』(田中慎弥)_書評という名の読書感想文

『図書準備室』 田中 慎弥 新潮社 2007年1月30日発行 図書準備室 (新潮文庫)

記事を読む

『赤と白』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『赤と白』櫛木 理宇 集英社文庫 2015年12月25日第一刷 赤と白 (集英社文庫) 冬は

記事を読む

『櫛挽道守(くしひきちもり)』(木内昇)_書評という名の読書感想文

『櫛挽道守(くしひきちもり)』木内 昇 集英社文庫 2016年11月25日第一刷 櫛挽道守 (

記事を読む

『国境』(黒川博行)_書評という名の読書感想文(その1)

『国境』(その1)黒川 博行 講談社 2001年10月30日第一刷 国境 上 (文春文庫)

記事を読む

『ドラママチ』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『ドラママチ』角田 光代 文春文庫 2009年6月10日第一刷 ドラママチ (文春文庫)

記事を読む

『誰にも書ける一冊の本』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『誰にも書ける一冊の本』荻原 浩 光文社 2011年6月25日初版 誰にも書ける一冊の本 光文

記事を読む

『どこから行っても遠い町』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『どこから行っても遠い町』川上 弘美 新潮文庫 2013年9月1日発行 どこから行っても遠い町

記事を読む

『魂萌え! 』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『魂萌え! 』桐野 夏生 毎日新聞社 2005年4月25日発行 魂萌え ! 夫婦ふたりで平穏

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『老後の資金がありません』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『老後の資金がありません』垣谷 美雨 中公文庫 2018年3月25日初

『その可能性はすでに考えた』(井上真偽)_書評という名の読書感想文

『その可能性はすでに考えた』井上 真偽 講談社文庫 2018年2月15

『ラメルノエリキサ』(渡辺優)_書評という名の読書感想文

『ラメルノエリキサ』渡辺 優 集英社文庫 2018年2月25日第一刷

『銀河鉄道の父』(門井慶喜)_書評という名の読書感想文

『銀河鉄道の父』門井 慶喜 講談社 2017年9月12日第一刷

『虹』(周防柳)_書評という名の読書感想文

『虹』周防 柳 集英社文庫 2018年3月25日第一刷 虹 (集

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑