『カラフル』(森絵都)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2017/08/03 『カラフル』(森絵都), 作家別(ま行), 書評(か行), 森絵都

『カラフル』森 絵都 文春文庫 2007年9月10日第一刷


カラフル (文春文庫)

生前の罪により輪廻のサイクルから外されたぼくの魂が天使業界の抽選に当たり、再挑戦のチャンスを得た。自殺を図った少年、真の体にホームステイし、自分の罪を思い出さなければならないのだ。真として過ごすうち、ぼくは人の欠点や美点が見えてくるようになる・・・・・・・。老若男女に読み継がれる不朽の名作。(文春文庫)

今日も朝からめちゃくちゃ暑い。昼夜かまわず空調は入れっ放し。服装といえばランニングシャツと短パンで、それ以外は着る気もしない。仕事を辞め、家にいる身であればそれで十分で、人目を気にするような、私はもうそんな歳ではないのです。

7月も20日を過ぎ、夏休みになり、暑いのはあたり前なのですが、若い人のようにはいきません。海やプールに行くでなし、せめてもと思い、「(文春文庫の)高校生が選んだ読みたい文庫BEST10」の中の一冊、『カラフル』という小説を読んでみました。

森絵都という人は元来が児童文学作家で、この本も「産経児童出版文化賞」を受賞しています。デビュー作の『リズム』(講談社児童文学新人賞)からしてそうなのですが、これまでに多くの児童文学賞を受賞している、おそらくは児童文学をこよなく愛する読者の間では超が付くほど有名な人らしい。

確かに、書店へ行くとこの人の本が一冊か二冊は必ずと言っていいほど目立つところに置いてあります。知ってはいたものの、買おうとは思わなかった。名前の字面もそうなら本の装丁もそうで、いやにポップで、読む気がしなかったのです。

先日、たまたま「高校生が選んだ読みたい文庫No.1」と書いた帯の文句が目に入り、手に取って見ると「大人も泣ける青春小説。累計100万部突破の名作! 」とあります。

時節柄、かつて部活を終え家に帰った夏休みの昼下がり、縁側に寝そべり、江戸川乱歩ばかりを読んで過ごした高校1年生の頃を思い出し、今の高校生諸君が一番に挙げる小説とはどんなものだろうと、初めてこの人の本を買いました。

で、どうだったのか? といいますと、これがなかなかに微妙で、ストレートに今の私の感想を書くとなると、それはもしかして、この本を選んだ高校生諸君に対して随分と失礼なもの言いになるのではないかと。

書くとつまらぬ文句のひとつも言いそうで、そしてそれはまた、かつて私にもあった「純な感性」が今はもう涸れてなくなっているということを自ら認めてしまうことになりはしまいかと。

いずれにせよ、たとえ私がどんな否定的なことを書こうとも、多くの高校生諸君にとってこの『カラフル』という物語は、おそらくそういうことではないのだろうと。

「大人も泣ける」と言われて泣かずに(泣けずに)いた大人の私は、もはやこの本についての感想を書くべき資格がないのかもしれません。ここは真摯に、この小説を一番に推した高校生諸君の「真っ直ぐさ」に敬意を表し、羨むべきところなのでしょう。

※参考:(文春文庫)高校生が選んだ読みたい文庫BEST10

1位 カラフル 森絵都
2位 三匹のおっさん 有川浩
3位 容疑者Xの献身 東野圭吾
4位 探偵ガリレオ 東野圭吾
5位 悪の教典(上下) 貴志祐介
6位 手紙 東野圭吾
7位 プリンセス・トヨトミ 万城目学
8位 死神の精度 伊坂幸太郎
9位 インシテミル 米澤穂信
10位 武士道シックスティーン 誉田哲也   以上

 

この本を読んでみてください係数 80/100


カラフル (文春文庫)

◆森 絵都
1968年東京都生まれ。
早稲田大学卒業。

作品 「リズム」「宇宙のみなしご」「アーモンド入りチョコレートのワルツ」「つきのふね」「DIVE!!」「風に舞いあがるビニールシート」他多数

関連記事

『殺人出産』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『殺人出産』村田 沙耶香 講談社文庫 2016年8月10日第一刷 殺人出産 (講談社文庫)

記事を読む

『教場』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『教場』長岡 弘樹 小学館 2013年6月24日初版 教場   この人の

記事を読む

『隠し事』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『隠し事』羽田 圭介 河出文庫 2016年2月20日初版 隠し事 (河出文庫) &nbs

記事を読む

『子供の領分』(吉行淳之介)_書評という名の読書感想文

『子供の領分』吉行 淳之介 番町書房 1975年12月1日初版 子供の領分 (集英社文庫)

記事を読む

『望郷』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『望郷』湊 かなえ 文春文庫 2016年1月10日第一刷 望郷 (文春文庫)  

記事を読む

『グラニテ』(永井するみ)_書評という名の読書感想文

『グラニテ』永井 するみ 集英社文庫 2018年2月25日第一刷 グラニテ (集英社文庫)

記事を読む

『月魚』(三浦しをん)_書評という名の読書感想文

『月魚』三浦 しをん 角川文庫 2004年5月25日初版 月魚 (角川文庫) 古書店 『無窮

記事を読む

『劇団42歳♂』(田中兆子)_書評という名の読書感想文

『劇団42歳♂』田中 兆子 双葉社 2017年7月23日第一刷 劇団42歳&#x

記事を読む

『コンビニ人間』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『コンビニ人間』村田 沙耶香 文藝春秋 2016年7月30日第一刷 コンビニ人間 36歳未婚

記事を読む

『国境』(黒川博行)_書評という名の読書感想文(その1)

『国境』(その1)黒川 博行 講談社 2001年10月30日第一刷 国境 上 (文春文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『愛がなんだ』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『愛がなんだ』角田 光代 角川 文庫 2018年7月30日13版

『その先の道に消える』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『その先の道に消える』中村 文則 朝日新聞出版 2018年10月30日

『リアル鬼ごっこ』(山田悠介)_書評という名の読書感想文

『リアル鬼ごっこ』山田 悠介 幻冬舎文庫 2015年4月1日75版

『愛すること、理解すること、愛されること』(李龍徳)_書評という名の読書感想文

『愛すること、理解すること、愛されること』李 龍徳 河出書房新社 20

『電球交換士の憂鬱』(吉田篤弘)_書評という名の読書感想文

『電球交換士の憂鬱』吉田 篤弘 徳間文庫 2018年8月15日初刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑