『♯拡散忌望』(最東対地)_書評という名の読書感想文

『♯拡散忌望』最東 対地 角川ホラー文庫 2017年6月25日初版


拡散忌望 (角川ホラー文庫)

ある高校の生徒達の噂。〈ドロリンチョ@MW779〉 このアカウントからのツイートには要注意。晒された人は、頭の中身がどろどろに溶けて噴き出すんだって - 。その噂は本当だった! 晒された者はメッセージを拡散せよ。失敗した先に待つのはおぞましいペナルティ。生徒達は呪いを回避しようとあがく。そしてたどり着いた驚くべき真相とは!? 底なしの闇に引きずり込まれる、読後感の悪さに要注意! でも最後まで読まずにいられない!! (角川ホラー文庫)

事の発端は、ある女生徒へのいじめ。それが為に彼女は自殺を図ります。未遂で済んだものの意識は戻らず、以後長い間病院にいてその状態が続いています。

その子の名前は、百田誉。誉は女優の娘で、母親の桃田和貴子(桃田は芸名)は、30代で誉を身ごもり結婚。誉が3歳になる頃に離婚し、その後シングルマザーとして娘を育てつつテレビの仕事をこなし、やがてお茶の間の顔となります。

人気女優の娘として育った誉は、7歳にしてCMデビュー。大手菓子メーカー・ふたばの看板商品、【ドロリンチョチョコ】新作のイチゴ味のテレビCMに抜擢されます。これが大ブレークし、誉は一躍人気子役タレントの仲間入りを果たします。

ところが中学校進学を控えた頃、誉は芸能界での自分と本当の自分、その気持ちのギャップに堪えられず、引退。彼女は彼女が望んだ通り普通の女子中学生となり、その後、真浦西高校へと進学します。

誉は元来大人しく、かつて芸能界に身を置いていたとは思えないほど引っ込み思案で、控え目な性格。彼女が「あのCMの少女」だとは誰も気付きません。ところが、ある時ひょんなことから、誉がふたばのCMで一世を風靡した元子役であるのがわかります。

と同時に、クラスでは誉に対するいじめが始まります。主導者は同じクラスにいるまりやという女生徒。彼女は、(かつての誉がそうだったように)芸能プロダクションに所属しており、しかし、(誉とはまるで違って)稀にしか声がかからないという状態でした。

当時、まりやは世間的には全く注目されない存在で、人気絶頂の時期に芸能界を去り、何食わぬ顔で普通の女子高生をしている誉のことが許せなかったのでしょう。ほどなくして、まりやを中心とする「誉いじめ」は、クラスの他の生徒へも波及してゆきます。

加担しないものは見て見ぬ振りを強いられ、少しでも誉を庇おうものなら同じ目に遭わされます。誉が孤立するのは時間の問題で、陰湿ないじめは際限なくエスカレートしてゆきます。1-D(1年D組)に居場所がなくなった誉が自殺を試みたのが2月。遺書はありません。誉は自殺に失敗し、その後学校を辞めてしまうことになります。

※以上を踏まえ、物語はこんな場面から始まってゆきます。

カラオケボックスの一室に男女7人がいます。彼らは真浦西高に通う高校生です。中の一人が、「2週間前にこのメンバーで行った廃ホテルでの肝試し、そこで撮った写真に妙なものが写り込んでいる」と言い出します。

話を切り出したのは三浦爽輔。横で熟睡しているのが国村透琉。他に、浪川澄人、菊池あきな、中越るい、鳥居千草、二ノ宮尚という面々がいます。あきなと尚は2年生。あとの5人は3年生です。尚を除く6人は以前からの仲間で、尚は転校生、あきなに誘われてここにいます。

写真を見るうち、あきなの気分が悪くなり、尚とあきな、浪川の3人は途中で店を出ます。そのあとのことです。店に残った4人のスマホが、ほぼ同時に鳴り出します。

《 ドロリンチョ@MW779   ひ」おs6.smq@あv7ひyw@g。つ 》

見ると、意味不明の文字列。そこに画像が一枚添付されてあります。

その画像は集合写真に写った制服姿の透琉で、その時、今度は和久井まりやから透琉の携帯に電話が入ります。透琉の写真を貼り付けた謎めいたツィートに対し、そこにいる面々はもとよりまりやまでもが、何かしら不穏な気配を感じています。

寝起きの透琉に代わり千草とまりやが会話している、まさにその時。皆が、透琉の様子がおかしいのに気付きます。

透琉は、まるで間抜けな調子の歌声で、白目を剥き、首を傾げたままぶるぶると震えながら、かつて誉が歌って人気を博した、ドロリンチョチョコのCMソングを歌っています。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


拡散忌望 (角川ホラー文庫)

◆最東 対地
1980年大阪府交野市生まれ。大阪府在住。

作品 「夜葬」(第23回日本ホラー小説大賞・読者賞受賞)に続く第二作。

関連記事

『教場』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『教場』長岡 弘樹 小学館 2013年6月24日初版 教場 この人の名前が広く知られるようになっ

記事を読む

『カラフル』(森絵都)_書評という名の読書感想文

『カラフル』森 絵都 文春文庫 2007年9月10日第一刷 カラフル (文春文庫) 生前の罪

記事を読む

『螻蛄(けら)』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『螻蛄(けら)』黒川 博行 新潮社 2009年7月25日発行 螻蛄 (角川文庫) &nb

記事を読む

『恋に焦がれて吉田の上京』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『恋に焦がれて吉田の上京』朝倉 かすみ 新潮文庫 2015年10月1日発行 恋に焦がれて吉田の

記事を読む

『空海』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『空海』高村 薫 新潮社 2015年9月30日発行 空海   空海は二人いた

記事を読む

『これからお祈りにいきます』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『これからお祈りにいきます』津村 記久子 角川文庫 2017年1月25日初版 これからお祈りに

記事を読む

『暗いところで待ち合わせ』(乙一)_書評という名の読書感想文

『暗いところで待ち合わせ』 乙一 幻冬舎文庫 2002年4月25日初版 暗いところで待ち合わせ

記事を読む

『火口のふたり』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『火口のふたり』白石 一文 河出文庫 2015年6月20日初版 火口のふたり (河出文庫)

記事を読む

『徘徊タクシー』(坂口恭平)_書評という名の読書感想文

『徘徊タクシー』坂口 恭平 新潮文庫 2017年3月1日発行 徘徊タクシー (新潮文庫) 徘

記事を読む

『ニワトリは一度だけ飛べる』(重松清)_書評という名の読書感想文

『ニワトリは一度だけ飛べる』重松 清 朝日文庫 2019年3月30日第1刷 ニワトリは一度だ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『やわらかな足で人魚は』(香月夕花)_書評という名の読書感想文

『やわらかな足で人魚は』香月 夕花 文春文庫 2021年3月10日第

『ふたりぐらし』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ふたりぐらし』桜木 紫乃 新潮文庫 2021年3月1日発行

『生きるとか死ぬとか父親とか』(ジェーン・スー)_書評という名の読書感想文

『生きるとか死ぬとか父親とか』ジェーン・スー 新潮文庫 2021年3

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』(内澤旬子)_書評という名の読書感想文

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』内澤 旬子 角川文庫 2021年2月2

『白磁の薔薇』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『白磁の薔薇』あさの あつこ 角川文庫 2021年2月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑