『死にたくなったら電話して』(李龍徳/イ・ヨンドク)_書評という名の読書感想文

『死にたくなったら電話して』李龍徳(イ・ヨンドク) 河出書房新社 2014年11月30日初版


死にたくなったら電話して

 

「人類なんて滅びてしまえ」 全選考委員大絶賛! 第51回文藝賞受賞
彼女の悪意で、禁断の扉が開く。至福の「心中」小説

本に巻かれた帯の刺激的な文句もさることながら、私は写真に写る李龍徳の不敵な面構えに強く惹かれました。

相手を射抜くようで冷めてもいる視線に、ときに生臭く剥き出しで虚飾のない生きざまが描かれている物語を予感しました。

その予感はみごとに的中し、久しぶりに震えるような手応えを感じつつ惜しみながらも一気に読み終えました。

並みの新人とは次元が異なる魂を感じます。読み終わる前に、私はもう次の小説が読みたくなっていました。

・・・・・・・・・・

主人公の徳山久志は、かなりのイケメンで現在は浪人生。しかも三浪で、居酒屋でアルバイトをしながら宅浪の身です。

ミミちゃんこと山仲初美は、<淀川区でいちばん美人>と噂される人気のキャバ嬢で、久志はバイト仲間と行った早朝キャバクラで初めて初美と出会うのですが、
帰る間際にそっと名刺を渡されます。名刺の裏には、店用ではない個人の携帯番号とメッセージが書かれてありました。

「しんどくなったり死にたくなったら電話してください。いつでも。」...「いつでも」の文字にはアンダーラインまで引いてあります。

翌日からは毎日のように、どころか日に二回は初美から電話がかかってくるようになります。

初美の積極的なアプローチに反して、最初の頃の久志は懐疑的で交際に乗気ではなかったのですが、めげない初美に絆されてとうとう動物園へ行く約束をします。

動物園に行ったその日に久志のアパートで二人は男女の仲になり、食事の後今度は初美のマンションへ向かいます。

初美の部屋は女の子っぽくなく、目立つのはスチール製の大きな本棚でした。

本棚には「殺人」「残酷」「地獄」「猟奇」「拷問」といった悍ましいタイトルの本が並び、フロイトやユング、ニーチェやマルクスの本まで揃っていました。
・・・・・・・・・・
ここから初美の怒涛のアジテーションが始まります。

細井和喜蔵の「女工哀史」から始まり、アイヌの悲劇、チンギス・ハンやバタイユのジル・ド・レ論、魔女狩りや旧ユーゴスラヴィアの収容所の話など、
初美は世界の残虐史を次から次へと楽しそうに久志に聞かせるのでした。その間の二人は全裸で、ときには性交の最中でも初美の話は途切れません。

残酷話と性の放出は一週間近く続きます。世界の奴隷制、スターリン、文化大革命、戦争と虐殺から介護や借金地獄、ストーカー体験と過労死、
児童虐待や障害者差別と初美の話は延々と続き、話の過激さに呼応するように二人の性的高揚は上昇して研ぎ澄まされ、逆に久志の罪悪感は限りなく希薄なものになって行くのでした。

初美のキャラが際立つ話。久志の中学時代からの友人・藤倉が関係する怪しいネットワークビジネスの話をすると、初美は並々ならぬ関心を示します。
藤倉を訪ねてビジネスの説明を受ける初美ですが、先輩格の中原の話を一蹴すると、VIP席にいる幹部と直接話がしたいと迫ります。

もうひとつ。形岡は、久志のアルバイト先の女性社員でした。突然アルバイトを辞めた久志に、形岡から長いメールが届きます。
かつて久志は形岡を尊敬し、形岡も久志を憎からず思っていた間柄です。メールを読んだ初美は、自分が返信を書いていいかと久志に尋ねます。

形岡からのメールが届く頃、初美は既に仕事を辞め久志も何もせぬまま、二人はマンションの部屋に引き籠る毎日を過ごしていました。

食事も十分に摂らずただ眠るだけの二人は、日を追って死へと近づきつつあるようにみえます。

はたして、久志は初美に洗脳されたのでしょうか。初美の悪意は始まりからの、意図した企てだったのでしょうか。大いなる虚無を前にして、二人は動くことをやめようとしています。

 

この本を読んでみてください係数 90/100


死にたくなったら電話して

◆李龍徳(イ・ヨンドク)

1976年埼玉県生まれ。

早稲田大学第一文学部卒業。在日韓国人三世。この作品で第51回文藝賞を受賞、作家デビュー。

◇ブログランキング

応援クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『地獄行きでもかまわない』(大石圭)_書評という名の読書感想文

『地獄行きでもかまわない』大石 圭 光文社文庫 2016年1月20日初版 地獄行きでもかまわな

記事を読む

『ロコモーション』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『ロコモーション』朝倉 かすみ 光文社文庫 2012年1月20日第一刷 ロコモーション (光文

記事を読む

『すべて真夜中の恋人たち』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『すべて真夜中の恋人たち』川上 未映子 講談社文庫 2014年10月15日第一刷 すべて真夜中

記事を読む

『ほろびぬ姫』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『ほろびぬ姫』井上 荒野 新潮文庫 2016年6月1日発行 ほろびぬ姫 (新潮文庫) &

記事を読む

『夜をぶっとばせ』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『夜をぶっとばせ』井上 荒野 朝日文庫 2016年5月30日第一刷 夜をぶっとばせ (朝日文庫

記事を読む

『青春ぱんだバンド』(瀧上耕)_書評という名の読書感想文

『青春ぱんだバンド』瀧上 耕 小学館文庫 2016年5月12日初版 青春ぱんだバンド (小学館

記事を読む

『雨の夜、夜行列車に』(赤川次郎)_書評という名の読書感想文

『雨の夜、夜行列車に』赤川 次郎 角川文庫 2017年1月25日初版 雨の夜、夜行列車に (角

記事を読む

『色彩の息子』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『色彩の息子』山田 詠美 集英社文庫 2014年11月25日初版 色彩の息子 (集英社文庫)

記事を読む

『贖罪の奏鳴曲(ソナタ)』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『贖罪の奏鳴曲(ソナタ)』中山 七里 講談社文庫 2013年11月15日第一刷 贖罪の奏鳴曲

記事を読む

『工場』(小山田浩子)_書評という名の読書感想文

『工場』小山田 浩子 新潮文庫 2018年9月1日発行 工場 (新潮文庫) (帯に) 芥

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『犯罪小説集』(吉田修一)_書評という名の読書感想文

『犯罪小説集』吉田 修一 角川文庫 2018年11月25日初版

『いつか深い穴に落ちるまで』(山野辺太郎)_書評という名の読書感想文

『いつか深い穴に落ちるまで』山野辺 太郎 河出書房新社 2018年1

『この世にたやすい仕事はない』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『この世にたやすい仕事はない』津村 記久子 新潮文庫 2018年12

『八月は冷たい城』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『八月は冷たい城』恩田 陸 講談社タイガ 2018年10月22日第一

『地下街の雨』(宮部みゆき)_書評という名の読書感想文

『地下街の雨』宮部 みゆき 集英社文庫 2018年6月6日第55刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑