『道徳の時間』(呉勝浩)_書評という名の読書感想文

『道徳の時間』呉 勝浩 講談社文庫 2017年8月9日第一刷


道徳の時間 (講談社文庫)

道徳の時間を始めます。殺したのはだれ? - 有名陶芸家の死亡現場で、殺人をほのめかす落書きが見つかる。同じ頃、VJ(ビデオジャーナリスト)の伏見にかつて町の小学校で起きた殺人事件の映画撮影のオファーが。伏見はふたつの事件の奇妙なリンクに搦め捕られていく。選考会も紛糾した江戸川乱歩賞受賞作を完全リニューアル。(講談社文庫)

物語の舞台は、関西にあるT県鳴川市。2001年9月9日、鳴川第二小学校の講堂で、小学5、6年生を含む300人を前に講演していた正木昌太郎が、向晴人に刺殺された。正木は鳴二小の元教師でカリスマ的な教育者。今回の講演は、正木の教え子で、その教育理念を信奉する宮本由紀夫が企画した。

犯人の向も正木の教え子で、宮本の同級生。正木を刺した向を真っ先に取り押さえたのは、宮本だった。向は現行犯で逮捕されるが、裁判で懲役15年の判決が出るまで完全黙秘を貫く。ただ判決前に「これは道徳の問題なのです」と語った。これが鳴川事件である。(解説より抜粋)

13年後 - 同じ鳴川市において。

フリーのビデオジャーナリスト・伏見祐大は、以前手がけた仕事で失敗し、失意のうちに無為な日々を送っています。住み慣れた東京を離れ、妻の朋子のたつての希望で、彼女の故郷の鳴川市へと住居を変えています。二人には友希という小学5年生の息子がいます。

ある日、伏見のもとに思わぬ依頼が舞い込んできます。昔の仕事仲間の田辺から、「鳴川事件」のドキュメンタリー映画を制作する女性ディレクター、越智冬菜の下でカメラを担当してみないかという誘いで、

聞くと、彼女は何年もかけて周到な準備をしているといいます。独力でスポンサーを集め、正木が刺される瞬間を映したものの行方不明になっていたビデオテープを手に入れ、拘留中の向が仮釈放されるに合わせ、話を聞く手はずまで整えているといいます。

衆人環境の中で起こったこの殺人事件は、(向が残した謎の言葉はあるものの)既に全ては確定し、もはや過去のものとなっています。新たな事実など見つかりそうもないこの単純な事件を、越智はエンターテインメント映画にするといいます。スポンサーからは既に必要な資金を受け取っているといいます。

伏見は、最初このオファーを断ろうと考えます。- 今時、ドキュメント映画などまともな商売にならないし、おまけに知名度ゼロの素人監督でインディペンデントとくれば、どう考えても採算が合わない - 越智に対し、伏見は何かしら正体の知れないものの気配を感じ取ります。

と、そんな折、伏見の周辺で、過去に起こった「鳴川事件」との関連を思わせるような新たな事件が発生します。

小学校で飼っていた兎が盗まれ、段ボール箱に入れて道路上に放置され車に轢かれたり、幼い女の子が強力な接着剤が塗られた鉄棒を摑んで手が離れなくなるなど、悪質ないたずらが続けざまに発生します。そして現場には、

生物の時間を始めます
体育の時間を始めます

と、メッセージが残されます。

その渦中、今度は鳴川市の名家、青柳家出身の陶芸家・青柳南房が自宅の居間で自殺しているのがわかります。ところが、隣の仏間を見ると、壁に

道徳の時間を始めます。殺したのはだれ?

と、メッセージがあります。当初南房は自殺したものとばかり思われていたのが、俄然「犯人捜し」へと思惑を変えてゆきます。そしてそこに伏見は、微かに、息子・友希の関与を疑うようになります。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


道徳の時間 (講談社文庫)

◆呉 勝浩
1981年青森県生まれ。
大阪芸術大学映像学科卒業。

作品 「ロスト」「蜃気楼の犬」「白い衝動」「ライオン・ブルー」など

関連記事

『蛇を踏む』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『蛇を踏む』川上 弘美 文芸春秋 1996年9月1日第一刷 蛇を踏む (文春文庫) ミドリ公園に

記事を読む

『二度のお別れ』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『二度のお別れ』黒川 博行 創元推理文庫 2003年9月26日初版 二度のお別れ (創元推理文

記事を読む

『日没』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『日没』桐野 夏生 岩波書店 2020年9月29日第1刷 日没 ポリコレ、ネット中傷、

記事を読む

『知らない女が僕の部屋で死んでいた』(草凪優)_書評という名の読書感想文

『知らない女が僕の部屋で死んでいた』草凪 優 実業之日本社文庫 2020年6月15日初版 知

記事を読む

『菊葉荘の幽霊たち』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『菊葉荘の幽霊たち』角田 光代 角川春樹事務所 2003年5月18日第一刷 菊葉荘の幽霊たち

記事を読む

『ちょっと今から人生かえてくる』(北川恵海)_書評という名の読書感想文

『ちょっと今から人生かえてくる』北川 恵海 メディアワークス文庫 2019年7月25日初版

記事を読む

『国境』(黒川博行)_書評という名の読書感想文(その2)

『国境』(その2)黒川 博行 講談社 2001年10月30日第一刷 国境(下) (文春文庫)

記事を読む

『月と雷』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『月と雷』角田 光代 中央公論新社 2012年7月10日初版 月と雷 (中公文庫) &n

記事を読む

『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行 ひとでちゃんに殺される

記事を読む

『死んでもいい』(櫛木理宇)_彼ら彼女らの、胸の奥の奥

『死んでもいい』櫛木 理宇 早川書房 2020年4月25日発行 死んでもいい (ハヤカワ文庫

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行

『藤色の記憶』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『藤色の記憶』あさの あつこ 角川文庫 2020年12月25日初版

『初めて彼を買った日』(石田衣良)_書評という名の読書感想文

『初めて彼を買った日』石田 衣良 講談社文庫 2021年1月15日第

『緋色の稜線』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『緋色の稜線』あさの あつこ 角川文庫 2020年11月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑