『月蝕楽園』(朱川湊人)_書評という名の読書感想文

『月蝕楽園』朱川 湊人 双葉文庫 2017年8月9日第一刷


月蝕楽園 (双葉文庫)

癌で入院している会社の後輩。上司から容態がよくないことを知らされ、伝えてほしいことがあると言われた私は、激しい抵抗を感じながら病院に行く。そして病室を前に、逡巡した。- このまま帰ったほうがいいのかもしれない。なぜなら・・・・・・・(「みつばち心中」)。みつばちのほか、金魚、蜥蜴、猿、孔雀が短編の題名になった作品集。そのどれもが重く、切なく、登場人物たちの「その後」が気になる恋愛小説。(双葉文庫)

みつばち心中
噛む金魚
夢見た蜥蜴
眠れない猿
孔雀墜落

以上、五話からなる短編集。『月蝕楽園』 がそうなら、各々に付いたタイトルがまた妖しい。不穏なような、ありもしない世界のことが書いてあるような感じがします。人はそれを 〈ノスタルジック・ホラー〉 などと呼びます。

全編に共通するのは 「恋愛」。但し、見た目それはとても 〈アブノーマル〉 なかたちをしています。倒錯した性愛であるとか、夫婦であるのに端からセックスレスであるとか、異形にしか愛を感じない男であるとか、

多数派に対し、どこか歪な、少数の人のことが語られています。猿のような顔に生まれ、何ひとつ取り柄もない男の恋愛の顛末であるとか、身体と心の性が違う青年の、(あくまでも女性であろうとする) 切ない思いが招く災いであるとか、

描き出しているのは、望んでそうなったわけではない人たちの、望んでもいない事態に対する行き場のない〈感情〉と、それ故自分を縛り、自分を否定するしかない言いようのない〈悲しみ〉です。

彼女らは傷つき、自分を責めます。彼らは一縷の望みを託し彼女に賭けるのですが、事は願うようには成就しません。ただでさえ痛めつけられているのに、彼ら彼女らは、結局のところそれを上積みされ、報われず、しばし言葉を失うことになります。

※中でオススメなのは 「夢見た蜥蜴」 でしょうか。ちょっと昔懐かしい江戸川乱歩の短編を読んでいるような気分になります。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


月蝕楽園 (双葉文庫)

◆朱川 湊人
1963年大阪府生まれ。
慶應義塾大学文学部国文学科卒業。

作品 「フクロウ男」「花まんま」「白い部屋で月の歌を」「太陽の村」「鏡の偽乙女 薄紅雪華紋様」「遊星ハグルマ装置」「さくら秘密基地」「なごり歌」他多数

関連記事

『櫛挽道守(くしひきちもり)』(木内昇)_書評という名の読書感想文

『櫛挽道守(くしひきちもり)』木内 昇 集英社文庫 2016年11月25日第一刷 櫛挽道守 (

記事を読む

『空中庭園』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『空中庭園』角田 光代 文春文庫 2005年7月10日第一刷 空中庭園 (文春文庫) &

記事を読む

『岸辺の旅』(湯本香樹実)_書評という名の読書感想文

『岸辺の旅』湯本 香樹実 文春文庫 2012年8月10日第一刷 岸辺の旅 (文春文庫)

記事を読む

『赤頭巾ちゃん気をつけて』(庄司薫)_書評という名の読書感想文

『赤頭巾ちゃん気をつけて』庄司 薫 中公文庫 1995年11月18日初版 赤頭巾ちゃん気をつけ

記事を読む

『木洩れ日に泳ぐ魚』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『木洩れ日に泳ぐ魚』恩田 陸 文春文庫 2010年11月10日第一刷 木洩れ日に泳ぐ魚 (文春

記事を読む

『からまる』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『からまる』千早 茜 角川文庫 2014年1月25日初版 からまる (角川文庫) 地方公務員

記事を読む

『青くて痛くて脆い』(住野よる)_書評という名の読書感想文

『青くて痛くて脆い』住野 よる 角川書店 2018年3月2日初版 青くて痛くて脆い 『君の膵

記事を読む

『国道沿いのファミレス』(畑野智美)_書評という名の読書感想文

『国道沿いのファミレス』畑野 智美 集英社文庫 2013年5月25日第一刷 国道沿いのファミレ

記事を読む

『漁港の肉子ちゃん』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『漁港の肉子ちゃん』西 加奈子 幻冬舎文庫 2014年4月10日初版 漁港の肉子ちゃん (幻冬

記事を読む

『神様の裏の顔』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『神様の裏の顔』藤崎 翔 角川文庫 2016年8月25日初版 神様の裏の顔 (角川文庫) 神

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『愛がなんだ』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『愛がなんだ』角田 光代 角川 文庫 2018年7月30日13版

『その先の道に消える』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『その先の道に消える』中村 文則 朝日新聞出版 2018年10月30日

『リアル鬼ごっこ』(山田悠介)_書評という名の読書感想文

『リアル鬼ごっこ』山田 悠介 幻冬舎文庫 2015年4月1日75版

『愛すること、理解すること、愛されること』(李龍徳)_書評という名の読書感想文

『愛すること、理解すること、愛されること』李 龍徳 河出書房新社 20

『電球交換士の憂鬱』(吉田篤弘)_書評という名の読書感想文

『電球交換士の憂鬱』吉田 篤弘 徳間文庫 2018年8月15日初刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑