『月蝕楽園』(朱川湊人)_書評という名の読書感想文

『月蝕楽園』朱川 湊人 双葉文庫 2017年8月9日第一刷


月蝕楽園 (双葉文庫)

癌で入院している会社の後輩。上司から容態がよくないことを知らされ、伝えてほしいことがあると言われた私は、激しい抵抗を感じながら病院に行く。そして病室を前に、逡巡した。- このまま帰ったほうがいいのかもしれない。なぜなら・・・・・・・(「みつばち心中」)。みつばちのほか、金魚、蜥蜴、猿、孔雀が短編の題名になった作品集。そのどれもが重く、切なく、登場人物たちの「その後」が気になる恋愛小説。(双葉文庫)

みつばち心中
噛む金魚
夢見た蜥蜴
眠れない猿
孔雀墜落

以上、五話からなる短編集。『月蝕楽園』 がそうなら、各々に付いたタイトルがまた妖しい。不穏なような、ありもしない世界のことが書いてあるような感じがします。人はそれを 〈ノスタルジック・ホラー〉 などと呼びます。

全編に共通するのは 「恋愛」。但し、見た目それはとても 〈アブノーマル〉 なかたちをしています。倒錯した性愛であるとか、夫婦であるのに端からセックスレスであるとか、異形にしか愛を感じない男であるとか、

多数派に対し、どこか歪な、少数の人のことが語られています。猿のような顔に生まれ、何ひとつ取り柄もない男の恋愛の顛末であるとか、身体と心の性が違う青年の、(あくまでも女性であろうとする) 切ない思いが招く災いであるとか、

描き出しているのは、望んでそうなったわけではない人たちの、望んでもいない事態に対する行き場のない〈感情〉と、それ故自分を縛り、自分を否定するしかない言いようのない〈悲しみ〉です。

彼女らは傷つき、自分を責めます。彼らは一縷の望みを託し彼女に賭けるのですが、事は願うようには成就しません。ただでさえ痛めつけられているのに、彼ら彼女らは、結局のところそれを上積みされ、報われず、しばし言葉を失うことになります。

※中でオススメなのは 「夢見た蜥蜴」 でしょうか。ちょっと昔懐かしい江戸川乱歩の短編を読んでいるような気分になります。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


月蝕楽園 (双葉文庫)

◆朱川 湊人
1963年大阪府生まれ。
慶應義塾大学文学部国文学科卒業。

作品 「フクロウ男」「花まんま」「白い部屋で月の歌を」「太陽の村」「鏡の偽乙女 薄紅雪華紋様」「遊星ハグルマ装置」「さくら秘密基地」「なごり歌」他多数

関連記事

『子供の領分』(吉行淳之介)_書評という名の読書感想文

『子供の領分』吉行 淳之介 番町書房 1975年12月1日初版 子供の領分 (集英社文庫) 吉行

記事を読む

『凶獣』(石原慎太郎)_書評という名の読書感想文

『凶獣』石原 慎太郎 幻冬舎 2017年9月20日第一刷 凶獣 神はなぜこのような人間を

記事を読む

『くちびるに歌を』(中田永一)_書評という名の読書感想文

『くちびるに歌を』中田 永一 小学館文庫 2013年12月11日初版 くちびるに歌を (小学館

記事を読む

『雪の断章』(佐々木丸美)_書評という名の読書感想文

『雪の断章』佐々木 丸美 創元推理文庫 2008年12月26日初版 雪の断章 (創元推理文庫)

記事を読む

『格闘する者に◯(まる)』三浦しをん_書評という名の読書感想文

『格闘する者に◯(まる)』 三浦 しをん 新潮文庫 2005年3月1日発行 格闘する者に○ (

記事を読む

『これからお祈りにいきます』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『これからお祈りにいきます』津村 記久子 角川文庫 2017年1月25日初版 これからお祈りに

記事を読む

『ここは私たちのいない場所』(白石一文)_あいつが死んで5時間後の世界

『ここは私たちのいない場所』白石 一文 新潮文庫 2019年9月1日発行 ここは私たちのいな

記事を読む

『17歳のうた』(坂井希久子)_書評という名の読書感想文

『17歳のうた』坂井 希久子 文春文庫 2019年5月10日第1刷 17歳のうた (文春文庫

記事を読む

『愛なんて嘘』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『愛なんて嘘』白石 一文 新潮文庫 2017年9月1日発行 愛なんて嘘 (新潮文庫) 結婚や

記事を読む

『黒い家』(貴志祐介)_書評という名の読書感想文

『黒い家』貴志 祐介 角川ホラー文庫 1998年12月10日初版 黒い家 (角川ホラー文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行

『藤色の記憶』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『藤色の記憶』あさの あつこ 角川文庫 2020年12月25日初版

『初めて彼を買った日』(石田衣良)_書評という名の読書感想文

『初めて彼を買った日』石田 衣良 講談社文庫 2021年1月15日第

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑