『十六夜荘ノート』(古内一絵)_書評という名の読書感想文

『十六夜荘ノート』古内 一絵 中公文庫 2017年9月25日初版


十六夜荘ノート (中公文庫)

英国でこの世を去った大伯母・玉青から、高級住宅街にある屋敷「十六夜荘」を遺された雄哉。思わぬ遺産に飛びつくが、大伯母は面識のない自分に、なぜこの屋敷を託したのか? 遺産を受け取るために、親族の中で異端視されていた大伯母について調べるうちに、「十六夜荘」にこめられた大伯母の想いと、そして「遺産」の真の姿を知ることになり - 。(中公文庫)

何だか散漫な気持ちのまま読み終えてしまいました。書いてある内容ほどには感動できないでいます。思うに、偏にそれは「表紙」と「タイトル」のせいではないかと。そんな感じがします。

(とりあえず大まかなところを言いますと)

一方は、華族という身分に翻弄されながらも、戦前から戦中、戦後という激動の時代を生き抜いた、笠原玉青という女の人生。

もう一方が、マーケティング会社で、エリート社員として効率と結果に固執し最年少の管理職となり、がむしゃらにやってきた己が道以外の道を否定してきた、大崎雄哉という男の人生。玉青は雄哉の大伯母で、けれど雄哉は、およそ玉青を知らないでいます。

物語は、昭和十三年から後の玉青と今を生きる雄哉 - 二つの人生を追いながら交互に綴られ、はじめ何も知らずにいた雄哉は、やがて、かつて幼い自分を抱いた玉青の深い愛情と、終生変わらぬ固い決意を知ることになります。

言われてみれば、たしかにこれは「大河小説」で、後半にかけての玉青の生きざまなどはいたく胸を突かれもします。であるからこそ

いっそ玉青に限っての物語ならと思うのは、私ばかりでしょうか。雄哉の話が余計で、あげく極端に過ぎ、鼻に付いて離れません。それが玉青の印象を軽くも薄くもしているように思えてなりません。

(それはともかく、それとは別に、ここで特に言いたいのは)

あの、違和感満載の「表紙」のことです。(これは文庫のことですが)中央に大きく描かれている女性は、まさか玉青なのでしょうか? およそ中に登場する彼女のイメージとは違う女性をなぜ表紙にしたのか、その意図がまるで理解できません。

表紙の絵がそうなら「タイトル」もそう。『十六夜荘ノート』というタイトルに秘められたある深い想い - というのもわからぬではないですが、(それは読んだから言えるのであって)こんなタイトルでは、ぜひにも読んでみたいという気持ちが湧いてきません。

外面(そとづら)と内容が著しくアンバランスで落ち着かず、結果ちぐはぐな、中途半端な印象だけが残ることになります。重厚な物語であるべきはずのものが、あれではまるでメルヘンチックな乙女の話のような、そんなひどい勘違いをされてしまうかもしれません。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


十六夜荘ノート (中公文庫)

◆古内 一絵
1966年東京都生まれ。
日本大学芸術学部映画学科卒業。

作品 「快晴フライング」「風の向こうへ駆け抜けろ」「蒼のファンファーレ」「痛みの道標」「花舞う里」他

関連記事

『生きてるだけで、愛。』(本谷有希子)_書評という名の読書感想文

『生きてるだけで、愛。』本谷 有希子 新潮文庫 2009年3月1日発行 生きてるだけで、愛。

記事を読む

『オロロ畑でつかまえて』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『オロロ畑でつかまえて』 荻原 浩 集英社 1998年1月10日第一刷 オロロ畑でつかまえて

記事を読む

『コクーン』(葉真中顕)_書評という名の読書感想文

『コクーン』葉真中 顕 光文社文庫 2019年4月20日初版 コクーン (光文社文庫)

記事を読む

『生きる』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『生きる』乙川 優三郎 文春文庫 2005年1月10日第一刷 生きる (文春文庫) 亡き藩主

記事を読む

『えんじ色心中』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『えんじ色心中』真梨 幸子 講談社文庫 2014年9月12日第一刷 えんじ色心中 (講談社文庫

記事を読む

『阿蘭陀西鶴』(朝井まかて)_書評という名の読書感想文

『阿蘭陀西鶴』朝井 まかて 講談社文庫 2016年11月15日第一刷 阿蘭陀西鶴 (講談社文庫

記事を読む

『おらおらでひとりいぐも』(若竹千佐子)_書評という名の読書感想文

『おらおらでひとりいぐも』若竹 千佐子 河出書房新社 2017年11月30日初版 おらおらでひ

記事を読む

『あひる』(今村夏子)_書評という名の読書感想文

『あひる』今村 夏子 書肆侃侃房 2016年11月21日第一刷   あひる

記事を読む

『うさぎパン』(瀧羽麻子)_書評という名の読書感想文

『うさぎパン』瀧羽 麻子 幻冬舎文庫 2011年2月10日初版 うさぎパン (幻冬舎文庫)

記事を読む

『アニーの冷たい朝』(黒川博行)_黒川最初期の作品。猟奇を味わう。

『アニーの冷たい朝』黒川 博行 角川文庫 2020年4月25日初版 アニーの冷たい朝 (角川

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『魯肉飯のさえずり』(温又柔)_書評という名の読書感想文

『魯肉飯のさえずり』温 又柔 中央公論新社 2020年8月25日初版

『理系。』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『理系。』川村 元気 文春文庫 2020年9月10日第1刷 理

『樽とタタン』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『樽とタタン』中島 京子 新潮文庫 2020年9月1日発行 樽

『ミーナの行進』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ミーナの行進』小川 洋子 中公文庫 2018年11月30日6刷発行

『破局』(遠野遙)_書評という名の読書感想文

『破局』遠野 遙 河出書房新社 2020年7月30日初版 破局

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑