『十六夜荘ノート』(古内一絵)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/02/03 『十六夜荘ノート』(古内一絵), 作家別(は行), 古内一絵, 書評(あ行)

『十六夜荘ノート』古内 一絵 中公文庫 2017年9月25日初版

英国でこの世を去った大伯母・玉青から、高級住宅街にある屋敷 「十六夜荘」 を遺された雄哉。思わぬ遺産に飛びつくが、大伯母は面識のない自分に、なぜこの屋敷を託したのか? 遺産を受け取るために、親族の中で異端視されていた大伯母について調べるうちに、「十六夜荘」 にこめられた大伯母の想いと、そして 「遺産」 の真の姿を知ることになり - 。(中公文庫)

何だか散漫な気持ちのまま読み終えてしまいました。書いてある内容ほどには感動できません。思うに、偏にそれは 「表紙」 と 「タイトル」 のせいではないかと。そんな感じがしてなりません。

(とりあえず大まかなところを言いますと)

一方は、華族という身分に翻弄されながらも、戦前から戦中、戦後という激動の時代を生き抜いた、笠原玉青という女の人生。

もう一方が、マーケティング会社で、エリート社員として効率と結果に固執し最年少の管理職となり、がむしゃらにやってきた己が道以外の道を否定してきた、大崎雄哉という男の人生。玉青は雄哉の大伯母で、けれど雄哉は、およそ玉青を知らないでいます。

物語は、昭和十三年から後の玉青と今を生きる雄哉 - 二つの人生を追いながら交互に綴られ、はじめ何も知らずにいた雄哉は、やがて、かつて幼い自分を抱いた玉青の深い愛情と、終生変わらぬ固い決意を知ることになります。

言われてみれば、たしかにこれは 「大河小説」 で、後半にかけての玉青の生きざまなどはいたく胸を突かれもします。であるからこそ

いっそ玉青に限っての物語ならと思うのは、私ばかりでしょうか。雄哉の話が余計で、あげく極端に過ぎ、鼻に付いて離れません。それが玉青の印象を軽くも薄くもしているように思えてなりません。

(それはともかく、それとは別に、ここで特に言いたいのは)

あの、違和感満載の 「表紙」 のことです。(これは文庫のことですが) 中央に大きく描かれている女性は、まさか玉青なのでしょうか? およそ中に登場する彼女のイメージとは違う女性をなぜ表紙にしたのか、その意図がまるで理解できません。

表紙の絵がそうなら 「タイトル」 もそう。『十六夜荘ノート』 というタイトルに秘められたある深い想い - というのもわからぬではないですが、(それは読んだから言えるのであって) こんなタイトルでは、ぜひにも読んでみたいという気持ちが湧いてきません。

外面 (そとづら) と内容が著しくアンバランスで落ち着かず、結果ちぐはぐな、中途半端な印象だけが残ります。重厚な物語であるべきはずのものが、あれではまるでメルヘンチックな乙女の話のような、ひどい勘違いをされてしまうかもしれません。

この本を読んでみてください係数 80/100

◆古内 一絵
1966年東京都生まれ。
日本大学芸術学部映画学科卒業。

作品 「快晴フライング」「風の向こうへ駆け抜けろ」「蒼のファンファーレ」「痛みの道標」「花舞う里」他

関連記事

『アレグリアとは仕事はできない』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『アレグリアとは仕事はできない』津村 記久子 ちくま文庫 2013年6月10日第一刷 万物には魂

記事を読む

『折れた竜骨(下)』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『折れた竜骨(下)』米澤 穂信 東京創元社 2013年7月12日初版 後半の大きな山場は、二つあ

記事を読む

『ミート・ザ・ビート』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『ミート・ザ・ビート』羽田 圭介 文春文庫 2015年9月10日第一刷 東京から電車で約1時間

記事を読む

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(ブレイディみかこ)_書評という名の読書感想文

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ 新潮文庫 2021年7月1日発行

記事を読む

『ifの悲劇』(浦賀和宏)_書評という名の読書感想文

『ifの悲劇』浦賀 和宏 角川文庫 2017年4月25日初版 小説家の加納は、愛する妹の自殺に疑惑

記事を読む

『一億円のさようなら』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『一億円のさようなら』白石 一文 徳間書店 2018年7月31日初刷 大きな文字で、一億円のさような

記事を読む

『大きな鳥にさらわれないよう』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『大きな鳥にさらわれないよう』川上 弘美 講談社文庫 2019年10月16日第1刷

記事を読む

『えんじ色心中』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『えんじ色心中』真梨 幸子 講談社文庫 2014年9月12日第一刷 ライターの収入だけでは満足

記事を読む

『国道沿いのファミレス』(畑野智美)_書評という名の読書感想文

『国道沿いのファミレス』畑野 智美 集英社文庫 2013年5月25日第一刷 佐藤善幸、外食チェーン

記事を読む

『あくてえ』(山下紘加)_書評という名の読書感想文

『あくてえ』山下 紘加 河出書房新社 2022年7月30日 初版発行 怒濤である。出口のない

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『地雷グリコ』(青崎有吾)_書評という名の読書感想文 

『地雷グリコ』青崎 有吾 角川書店 2024年6月20日 8版発行

『アルジャーノンに花束を/新版』(ダニエル・キイス)_書評という名の読書感想文

『アルジャーノンに花束を/新版』ダニエル・キイス 小尾芙佐訳 ハヤカ

『水たまりで息をする』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『水たまりで息をする』高瀬 隼子 集英社文庫 2024年5月30日

『黒牢城』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『黒牢城』米澤 穂信 角川文庫 2024年6月25日 初版発行

『消された一家/北九州・連続監禁殺人事件』(豊田正義)_書評という名の読書感想文

『消された一家/北九州・連続監禁殺人事件』豊田 正義 新潮文庫 20

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑