『螺旋の手術室』(知念実希人)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/11 『螺旋の手術室』(知念実希人), 作家別(た行), 書評(ら行), 知念実希人

『螺旋の手術室』知念 実希人 新潮文庫 2017年10月1日発行

読書メーター読みたい本ランキング第1位。驚愕のどんでん返し!!
手術室での不可解な死。次々と殺される教授選の候補者たち。事件に秘められたある想いとは・・・・・・・。

純正会医科大学附属病院の教授選の候補だった冴木真也准教授が、手術中に不可解な死を遂げた。彼と教授の座を争っていた医師もまた、暴漢に襲われ殺害される。二つの死の繋がりとは。大学を探っていた探偵が遺した謎の言葉の意味は。父・真也の死に疑問を感じた裕也は、同じ医師として調査を始めるが・・・・・・・。「完全犯罪」に潜む医師の苦悩を描く、慟哭の医療ミステリー。『ブラッドライン』改題。(アマゾン内容紹介より)

第一章 手術室の悪夢
第二章 血塗られた教授選
幕間
第三章 錯乱のメス
第四章 非情の診断

以上、5部からなる本格医療ミステリー。著者の知念実希人は、現役の内科医師であるらしい。医療にかかる現場の描写はさすがで、他を圧倒するものがあります。循環器系の疾患がもとで手術の経験がある人などは、他人事とは思えないかもしれません。

そして、(詳しくは言えませんが) この物語の背景には、逃れることのできない、ある逼迫の事情が隠されています。「慟哭」 とあるのは、手術室で起こる医療ミスや教授選における泥試合とは別に、ある家族の、ままならぬ人生の悲運があってのことです。

それが 「幕間」 で語られ、後半、物語の風景は一気に色を変えます。読むと、原題が 『ブラッドライン』 であるのがよくわかります。

ハッピーエンドには終わりません。仮にも、もしも自分がそうであったなら。そう思うと、とても辛くなります。頭が真っ白になり呼吸ができず、奈落に落とされたような気分になります。

この本を読んでみてください係数 80/100

◆知念 実希人
1978年沖縄県生まれ。
東京慈恵会医科大学卒業。

作品 「誰がための刃」「天久鷹央」シリーズ、「優しい死神の飼い方」「仮面病棟」「時限病棟」「崩れる脳を抱きしめて」他

関連記事

『高架線』(滝口悠生)_書評という名の読書感想文

『高架線』滝口 悠生 講談社 2017年9月27日第一刷 そうやって元のところに留まらないで、次々

記事を読む

『叩く』(高橋弘希)_書評という名の読書感想文

『叩く』高橋 弘希 新潮社 2023年6月30日発行 芥川賞作家が贈る 「不穏な人

記事を読む

『リアル鬼ごっこ』(山田悠介)_書評という名の読書感想文

『リアル鬼ごっこ』山田 悠介 幻冬舎文庫 2015年4月1日75版 全国500万の 〈佐藤〉 姓を

記事を読む

『空海』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『空海』高村 薫 新潮社 2015年9月30日発行 空海は二人いた - そうとでも考えなければ

記事を読む

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4月25日第1刷

記事を読む

『楽園の真下』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『楽園の真下』荻原 浩 文春文庫 2022年4月10日第1刷 「日本でいちばん天国

記事を読む

『ミュージック・ブレス・ユー!! 』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『ミュージック・ブレス・ユー!! 』津村 記久子 角川書店 2008年6月30日初版 オケタニ

記事を読む

『茄子の輝き』(滝口悠生)_書評という名の読書感想文

『茄子の輝き』滝口 悠生 新潮社 2017年6月30日発行 離婚と大地震。倒産と転職。そんなできご

記事を読む

『輪 RINKAI 廻』(明野照葉)_書評という名の読書感想文

『輪 RINKAI 廻』明野 照葉 文春文庫 2003年11月10日第1刷 茨城の

記事を読む

『白昼夢の森の少女』(恒川光太郎)_書評という名の読書感想文

『白昼夢の森の少女』恒川 光太郎 角川ホラー文庫 2022年5月25日初版 地獄を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『錠剤F』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『錠剤F』井上 荒野 集英社 2024年1月15日 第1刷発行

『絞め殺しの樹』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『絞め殺しの樹』 河﨑 秋子 小学館文庫 2024年4月10日 初版

『つまらない住宅地のすべての家』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『つまらない住宅地のすべての家』津村 記久子 双葉文庫 2024年4

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑