『冷蔵庫を抱きしめて』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『冷蔵庫を抱きしめて』荻原 浩 新潮文庫 2017年10月1日発行


冷蔵庫を抱きしめて (新潮文庫)

幸せなはずの新婚生活で摂食障害がぶり返した。原因不明の病に、たった一人で向き合う直子を照らすのは(表題作)。DV男から幼い娘を守るため、平凡な母親がボクサーに。生きる力湧き上がる大人のスポ根小説(「ヒット・アンド・アウェイ」)。短編小説の名手が、ありふれた日常に訪れる奇跡のような一瞬を描く。名付けようのない苦しみを抱えた現代人の心を解き放つ、花も実もある8つのエール。(新潮文庫)

単純な私は、タイトルを見てすぐに竹内まりやの『家に帰ろう』という歌を思い出しました。

恋するには遅すぎると
言われる私でも
遠いあの日に
迷い込みたい気分になるのよ
キスすることもなくなった
初恋のあなたが

嫌いになったわけじゃないけど
素直になれないの
冷蔵庫の中で凍りかけた愛を
温めなおしたいのに
見る夢が違う 着る服が違う
いちどは信じ合えたふたりなら

心帰る場所はひとつ
いつものMy sweet sweet home

単に冷蔵庫つながりというだけで、もちろんのこと、この通りの小説というわけではありません。しかし、あながち別ものだとも言い切れない。どこか似たような雰囲気があります。

表題作の「冷蔵庫を抱きしめて」は、新婚旅行から帰国したばかりの新妻・直子が、夫・越朗に関して、付き合った当初から今に至るまで知ることのなかった「異質な存在」としての彼を、如何様に取り込んで、どう「消化」してゆくかという物語です。

同い年で、何もかもが相性抜群だと思っていた越朗との新生活で、直子は、実は越朗の日常的な食事の好みが彼女とはまるで違うとわかり、ひどく混乱することになります。それを気にするあまり、彼女はかつて患っていた摂食障害をぶり返します。

最初は拒食症。それが反転し、次は過食症になります。仕事帰りのスーパーで、直子は大量の食料を買うようになります。料理を頑張るつもりで買った冷蔵庫は大型で、使い始めの頃はがらんとしていたものが、今はぎっしりと、余すところなく食材が詰まっています。

結局は吐き出してしまうのですが、今の直子は、冷蔵庫が隙間なく埋まっていないことには安心できません。そこにある食べものたちが自分の体の中の隙間も埋めてくれる。彼女はそんな気持ちになっています。

(と、まあ)直接的には摂食障害の話でありながら、この物語が言わんとするのは、好みや趣味や考え方がまるで一緒に思えた夫・越朗でさえも、一皮むけば自分が知らない世界の「異人」であるということ。

「異人」=「異物」をそれとして受け入れ、いかに馴染み、馴染ませてゆくのか。それが「愛」本来の形で、互いの夢や着る服の好みが違えども「だから一緒に暮らせない」などということはないのだということ - 直子より先に、越朗はそれを十分理解しています。

幻だけの恋ならば
100回でもできる
それならふたりここで暮らそう
100才になるまで

居心地のよさに
決して甘えないで
やさしさも忘れないで
好きな歌違う 選ぶ絵も違う
でもいちばん私を知っている

見飽きたはずのあなたでも
いとしいMy sweet sweet home
いつものMy sweet sweet home
いとしいMy sweet sweet home

 

この本を読んでみてください係数 85/100


冷蔵庫を抱きしめて (新潮文庫)

◆荻原 浩
1956年埼玉県大宮市生まれ。
成城大学経済学部卒業。

作品 「オロロ畑でつかまえて」「コールドゲーム」「明日の記憶」「誰にも書ける一冊の本」「あの日にドライブ」「四度目の氷河期」「二千七百の夏と冬」「海の見える理髪店」他多数

関連記事

『凶獣』(石原慎太郎)_書評という名の読書感想文

『凶獣』石原 慎太郎 幻冬舎 2017年9月20日第一刷 凶獣 神はなぜこのような人間を

記事を読む

『シャイロックの子供たち』(池井戸潤)_書評という名の読書感想文

『シャイロックの子供たち』池井戸 潤 文春文庫 2008年11月10日第一刷 シャイロックの子

記事を読む

『グラジオラスの耳』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『グラジオラスの耳』井上 荒野 光文社文庫 2003年1月20日初版 グラジオラスの耳

記事を読む

『連続殺人鬼カエル男』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『連続殺人鬼カエル男』中山 七里 宝島社 2011年2月18日第一刷 連続殺人鬼 カエル男 (

記事を読む

『さようなら、オレンジ』(岩城けい)_書評という名の読書感想文

『さようなら、オレンジ』岩城 けい ちくま文庫 2015年9月10日第一刷 さようなら、オレン

記事を読む

『雨の夜、夜行列車に』(赤川次郎)_書評という名の読書感想文

『雨の夜、夜行列車に』赤川 次郎 角川文庫 2017年1月25日初版 雨の夜、夜行列車に (角

記事を読む

『64(ロクヨン)』(横山秀夫)_書評という名の読書感想文

『64(ロクヨン)』横山 秀夫 文芸春秋 2012年10月25日第一刷 64(ロクヨン) 上

記事を読む

『午後二時の証言者たち』(天野節子)_書評という名の読書感想文

『午後二時の証言者たち』天野 節子 幻冬舎文庫 2017年10月10日初版 午後二時の証言者た

記事を読む

『君のいない町が白く染まる』(安倍雄太郎)_書評という名の読書感想文

『君のいない町が白く染まる』安倍 雄太郎 小学館文庫 2018年2月27日初版 君のいない町が

記事を読む

『いつかの人質』(芦沢央)_書評という名の読書感想文

『いつかの人質』芦沢 央 角川文庫 2018年2月25日初版 いつかの人質 (角川文庫) 宮

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『愛がなんだ』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『愛がなんだ』角田 光代 角川 文庫 2018年7月30日13版

『その先の道に消える』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『その先の道に消える』中村 文則 朝日新聞出版 2018年10月30日

『リアル鬼ごっこ』(山田悠介)_書評という名の読書感想文

『リアル鬼ごっこ』山田 悠介 幻冬舎文庫 2015年4月1日75版

『愛すること、理解すること、愛されること』(李龍徳)_書評という名の読書感想文

『愛すること、理解すること、愛されること』李 龍徳 河出書房新社 20

『電球交換士の憂鬱』(吉田篤弘)_書評という名の読書感想文

『電球交換士の憂鬱』吉田 篤弘 徳間文庫 2018年8月15日初刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑