『死ぬほど読書』(丹羽宇一郎)_書評という名の読書感想文

『死ぬほど読書』丹羽 宇一郎 幻冬舎新書 2017年7月30日第一刷


死ぬほど読書 (幻冬舎新書)

もし、あなたがよりよく生きたいと望むなら、「世の中には知らないことが無数にある」と自覚することだ。すると知的好奇心が芽生え、人生は俄然、面白くなる。自分の無知に気づくには、本がうってつけだ。ただし、読み方にはコツがある。「これは重要だ」と思った箇所は、線を引くなり付箋を貼るなりして、最後にノートに書き写す。ここまで実践して、はじめて本が自分の血肉となる。伊藤忠商事前会長、元中国大使でビジネス界きっての読書家が、読み方、活かし方、楽しみ方を縦横無尽に語り尽す。(幻冬舎新書)

新聞の書評欄に「話題の本」として紹介が載り、勇んで買いに行き、慌てて読んだのはいいにしても、「基本、私は人が勧める本は読まない」とあり愕然とした。

出た直後に重版なったという。どんな人が読んでいるのだろう? (買った私が言うのも何だが) この手の本が飛ぶように売れるとはとても思えない。ついたタイトルに騙されるか、もしくは書いた本人を個人的によく知る人が読むくらいのものだろう。

随分と立派な人のようである。出た大学は名だたる国立大で、誰もが知る商事会社の社長や会長を務め、今は会社の名誉理事、早稲田大学の特命教授でもあるらしい。

氏がこれまでの読書遍歴を振り返るところがある。(唖然とするに違いないので心して読んでください) それによると、

子ども時代は漫画に始まって、野口英世やシュバイツァーらの伝記、『世界少年少女文学全集』、アレクサンドル・デュマの『三銃士』やバーネット夫人の『小公子』『小公女』、(私が同調できるのはせいぜいこの辺りまで)

中学・高校時代は下村湖人の『次郎物語』、大学時代はロマン・ロランの『ジャン・クリストフ』『魅せられたる魂』、福澤諭吉の『学問のすすめ』、志賀直哉の『暗夜行路』、倉田百三の『出家とその弟子』、『日本文学全集』『世界文学全集』『マルクス=エンゲルス選集』『レーニン選集』、

イギリスの歴史学者E・H・カーの『ロシア革命』、アイザック・ドイッチャーの『武装せる予言者・トロツキー』、トルストイの『アンナ・カレーニナ』『戦争と平和』、丸山眞男の『現代政治の思想と行動』、

社会人になってからは吉川英治の『宮本武蔵』『新・平家物語』、アメリカのジャーナリスト、デイヴィッド・ハルバースタムの『メディアの権力』、ドイツの文化哲学者オスヴァルト・シュペングラーの『西洋の没落』、レビィ=ストロースの『悲しき熱帯』、

イギリスの歴史学者キース・ジェンキンズの『歴史を考えなおす』、トルストイの『人生論』、アダム・スミスの『国富論』、マックス・ウェーバーの『職業としての学問』等々、心に刻まれた本は、それこそ無数にあります。(本文より)

という、おそろしく「名著」だらけのものになる。

これが始まって33ページから34ページにかけての辺り。期待していた今頃の小説のことは何ほども書いてない。書いてあるのは又吉直樹の『火花』と村田紗耶香の『コンビニ人間』 くらいのもので、褒めもせず、世間の評判ほどには面白くなかったと書いてある。

作者の名前や正確なタイトルは書かずにおいて、芥川賞の受賞作品だけは欠かさず読むようにしているという文章中に、ちょいと出てきたおまけのような扱いで、である。

期待したのとはおよそ違う内容で、中盤以降は仕事自慢のような、年寄りが決まって言う人生訓のようなものに姿を変えてゆくにつけ、(限りなく私には縁のない人に思えてきて) 慌てて買った自分の愚かさが心底嫌になる。

 

この本を読んでみてください係数 75/100


死ぬほど読書 (幻冬舎新書)

◆丹羽 宇一郎
1939年愛知県生まれ。
名古屋大学法学部卒業。公益社団法人日本中国友好協会会長。元伊藤忠商事(株)社長。

関連記事

『小説 ドラマ恐怖新聞』(原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭)_書評という名の読書感想文

『小説 ドラマ恐怖新聞』原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭

記事を読む

『実験』(田中慎弥)_書評という名の読書感想文

『実験』田中 慎弥 新潮文庫 2013年2月1日発行 実験 (新潮文庫)  

記事を読む

『白い部屋で月の歌を』(朱川湊人)_書評という名の読書感想文

『白い部屋で月の歌を』 朱川 湊人 角川ホラー文庫 2003年11月10日初版 白い部屋で月の

記事を読む

『白いセーター』(今村夏子)_書評という名の読書感想文

『白いセーター』今村 夏子 文学ムック たべるのがおそい vol.3 2017年4月15日発行

記事を読む

『去年の冬、きみと別れ』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『去年の冬、きみと別れ』中村 文則 幻冬舎文庫 2016年4月25日初版 去年の冬、きみと別れ

記事を読む

『侵蝕 壊される家族の記録』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『侵蝕 壊される家族の記録』櫛木 理宇 角川ホラー文庫 2016年6月25日初版 侵蝕 壊され

記事を読む

『眺望絶佳』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『眺望絶佳』中島 京子 角川文庫 2015年1月25日初版 眺望絶佳 (角川文庫) &n

記事を読む

『絶叫』(葉真中顕)_書評という名の読書感想文

『絶叫』葉真中 顕 光文社文庫 2019年3月5日第7刷 絶叫 (光文社文庫) - 私

記事を読む

『知らない女が僕の部屋で死んでいた』(草凪優)_書評という名の読書感想文

『知らない女が僕の部屋で死んでいた』草凪 優 実業之日本社文庫 2020年6月15日初版 知

記事を読む

『枯れ蔵』(永井するみ)_書評という名の読書感想文

『枯れ蔵』永井 するみ 新潮社 1997年1月20日発行 枯れ蔵 (新潮ミステリー倶楽部)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『草にすわる』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『草にすわる』白石 一文 文春文庫 2021年1月10日第1刷

『JR品川駅高輪口』(柳美里)_書評という名の読書感想文

『JR品川駅高輪口』柳 美里 河出文庫 2021年2月20日新装版初

『死者のための音楽』(山白朝子)_書評という名の読書感想文

『死者のための音楽』山白 朝子 角川文庫 2013年11月25日初版

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑